👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

アチーブメント株式会社がやばい・怖い?宗教っぽいなど噂の真相を調査

アチーブメント株式会社への入社を考える方も多いかと思います。

ただ、検索してみると「やばい」「怖い」などのワードが出てきてしまい気になる方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな噂を調査しました。

アチーブメント株式会社とは

アチーブメント株式会社とは、個人の目標達成を支援する人材教育コンサルティング会社です。

企業経営者や営業職を対象に目標の達成、セールス・マネジメント能力の向上を目的とした研修サービスを提供し、メイン商品である「頂点への道」講座は4万7千名を超える人が参加し、30年にわたって開催しています。

さらに、人と意識と行動の変革には週間形成が必要と考え、3年間で回の再受講システムで継続した学習環境を提供し、働きがいのある会社ランキングでは2016年から2022年まで7年連続ベストカンパニーを獲得している、今最も勢いのあるコンサルティング会社なのです。

アチーブメント株式会社がやばい・怖いと言われる理由1:宗教っぽい?

アチーブメント株式会社は1987年に創業し、すでに30年以上は経過している歴史ある企業ですが、ネット上では「アチーブメントはやばい」「危ない」といった怪しげな口コミが相次いでいます。

中でも、最も多い口コミが「宗教っぽい」というものです。

アチーブメント株式会社がなぜ宗教っぽいと言われているのかというと、その理由は「自己啓発セミナーが行われている」からなのです。

自己啓発セミナー=宗教のように感じる人が多いのも事実ですが、実はアチーブメント株式会社の方向性はキリスト教の考え方が活きていると言われており、青木仁志社長自身がクリスチャンであることが公表されています。

青木社長がクリスチャンの洗礼を受けたのは29歳の時であり、日本政策投資銀行相談役の橋本徹さんという方と対談した際の話に掲載され、29歳という年齢で宗教に信仰し始めたということなのでよほど大きなきっかけがあったのでしょう。

また、青木社長のブログには「若い時は夢があり、どちらかというと個人的な願望に突き動かされて頑張った。29歳でバイブルに出会い、神の愛が私を変え、夢から志にモチベーションは変化していった」と書かれており、聖書との出会いがそれまでの青木社長の価値観を大きく変えてしまったことが分かりました。

さらに、アチーブメント株式会社は「すべての行動は自らの選択である」という考え方である「選択理論心理学」をベースにしており、問題が発生した際には相手を受け入れ、自分との違いを交渉することで解決することが大切だとしています。

アチーブメント株式会社が開催しているセミナーでは、青木社長の自己啓発本に基づいた話が行われるのですが、「私は出来る、私はやる、私には価値がある、私は成功者であり勝利者だ」「自分が大好きであり、最高最大の人生を生きていくことを誓います」などと信者のような不気味にも感じる演出が行われており、参加した多くの人が違和感を覚えたとのことでした。

このように、青木社長がキリスト教信者であったり、アチーブメント株式会社が選択理論を基礎理論とし、選択理論に基づいた研修や考え方を取り入れていることから「アチーブメント株式会社は宗教っぽい」と言われるようになり、危ない会社としてネット上に広まってしまったのでした。

アチーブメント株式会社がやばい・怖いと言われる理由2:詐欺まがい?

アチーブメント株式会社は自己啓発セミナーを開催しており、ネット上では「やばい・怖い会社」として話題となっています。

実際に自己啓発セミナーに参加した人の口コミを確認すると「あれはただの洗脳」「詐欺」などと低評価な口コミが多数寄せられており、「アチーブメント株式会社」と検索すると「詐欺」と表示されるほどに多くの人が詐欺と感じていることが分かりました。

アチーブメント株式会社が詐欺と言われている原因は下記の通りです。

・セミナーに参加するだけで3万円請求される(無料のセミナーもある)
・ステップが上がるにつれて20万、50万、200万というように価格が上がる
・本を何冊も買わされる
・「上のセミナーに参加しなければ最初に払った3万円のセミナー効果が薄れる」と言われる
・最初は無料セミナーで客を集め、その後に有料セミナーへと誘導する
・最初は無料でも急に10万、50万へと金額が跳ね上がる
・給料が少なく払えなくてもローンで受講料を払わされる

アチーブメント株式会社のセミナーに参加した人の多くがセミナーの金額に違和感を感じ、半ば強制的な勧誘に「詐欺」と感じている人がたくさん存在しているのですが、中には「セミナーに参加してよかった」「ためになった」といった高評価の口コミもアリ、参加した全ての人が詐欺と感じたわけではなさそうでした。

しかし、どんな企業の自己啓発セミナーでも、自己啓発セミナーは詐欺まがいな悪徳商法が行われていると考え、「怪しい」「胡散臭い」といった印象は強く、膨大な金額を投資したのにも関わらす結果が出なかった人や、あまりにも高額な金額設定に、世間は「やばい会社」と感じてしまったのでした。

セミナー受講についてこちらのページに詳しく書いてあります。

アチーブメント株式会社がやばい・怖いと言われる理由3:ブラック企業?

アチーブメント株式会社が「やばい・怖い」と言われている理由は宗教や詐欺といった外部からの視点が中心ですが、実際にアチーブメント株式会社で働いていた人からも「やばい会社」と言われているのです。

その理由は「過酷な労働環境」です。

アチーブメント株式会社で働いた多くの人が労働環境が過酷と感じた人が多く、口コミには「トレーニングなどの朝早く出社して先輩の指導を受ける時間は残業が付かない」「昇給昇格をしたくてもハードルが高すぎる」「非常にハードワークで朝から晩まで働いて残業代も出ない」「休日は顧客とのやり取りやマーケティングのやり取りが多くて業務過多」「慢性的に退職者が出ている」などと仕事量が多いにも関わらず残業代も出ず、休日も与えられない状況であることが分かりました。

しかし、中には「会社の基盤も固く、大企業ではないものの事業的に今後社会から必要とされ続ける会社」と感じている人も少なくなく、青木社長のカリスマ性や会社全体の士気が高いことを評価している口コミもありました。

アチーブメント株式会社の社員の多くは企業理念やビジョンに共感し、誰もが前向きに働き、自身のスキルアップにも繋がったと感じている人も中にはいます。

ですが、やる気に満ち溢れている社員でも数年後には退職している人が多く、なかなか昇給昇格できない体制やワークライフバランスが改善されないことに嫌気がさしてしまい、結果能力のある社員は辞めてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です