👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

アパホテルがやばい3つの理由とは?宗教っぽいのは南京大虐殺を否定する内容を含む書籍が原因?

誰もが一度は泊まったことのあるアパホテルですが一部でやばいと噂されています。

今回はそんな噂の真相を調査しました。

アパホテルとは

アパホテルとは1980年に設立された大規模ホテルであり、立地は駅に近く土地の形がいびつな変形地や裏路地に入った住宅や寺院などと接する土地を周辺相場より安価に取得し建設している国内有数の大規模ホテルです。

アパとは、Always Pleasant Amenity(いつも嬉しい快適さ)の頭文字から来ており、こちらのような特徴があります。

  • 都市部に多く存在
  • 予約がしやすい
  • 宿泊料金が低価格
  • 充実したアメニティ
  • ポイントを貯めて流用出来る

低料金で快適に宿泊できることからビジネスマンを中心に多くの人が利用し、東京23区を中心に多くのホテルが運営されています。

アパホテルがやばい理由1:接客の質が悪い?

アパホテルは全国でホテルのチェーン展開を行っており、国内有数の大規模ホテルとして有名なのですが、実際にアパホテルに宿泊した人からは怒りの声が寄せられています。

それは「質の悪いスタッフの接客」です。

アパホテルの口コミを確認すると「適当人間の巣窟」「ホテルマンの質と品位が悪すぎる」などとスタッフの対応についての低評価な口コミが多く、利用した多くの人が接客態度に問題があると感じています。

ある人の口コミは、ディナー付のプランを予約した際に事故渋滞にはまり遅れてしまうと「駐車場は自分で探して下さい」と言われ、ロビーで「時間が無いので食事を先に済ませたい」と言ってもそれは出来ないと断られ、挙句の果てに「食事時間の延長は出来ない」と言われてしまったのです。

そのため、事故渋滞で食事時間が削られてしまったにもかかわらず、チェックインなどの手続きが優先で食事時間の延長もしてもらえず、結局90分間の食べ放題が15分で無理矢理追い出されてしまったとのことでした。

また、別の口コミには深夜に悪戯電話紛いの嫌がらせ行為があり全く眠れなかった、フロントスタッフが仏頂面で喧嘩口調、禁煙部屋を取ったつもりが喫煙部屋で変えて欲しいとお願いしたらプラス2000円と言われたなどと、スタッフの対応に不快を感じる口コミばかりでした。

アパホテルは全国的に有名な大規模ホテルではありますが、こういった質の悪い接客によって宿泊客は不快に感じ「二度と泊まりたくない」となり、アパホテルユーザーは減ってしまうこととなったのでした。

アパホテルがやばい理由2:飛び降り事件も…。

アパホテルネットワークとして全国最大の415ホテル67,549室を展開するアパホテル株式会社ですが、その一つである東京都新宿区歌舞伎町1丁目のアパホテル新宿歌舞伎町タワーで、飛び降り自殺がありました。

2021年5月11日午前4時35分頃にアパホテル新宿歌舞伎町タワー敷地内で「2人が飛び降りたようだ」と119番通報があり、警視庁新宿署が現場に倒れていた男女の死亡を確認し、18歳の男子専門学校生と14歳の女子中学生の2人が飛び降り自殺を行ったとみられています。

署によると女性のものと見られる鞄の中から遺書のようなメモが見つかっていて、歌舞伎町では頻繁に飛び降りが多発していたことから注意喚起が行われていました。

アパホテル新宿歌舞伎タワーの高さは約90メートルであり、24階から飛び降りたという情報から目のくらむような高さからの衝撃はかなりのものであり、目撃した人は相当なショックを受けたことでしょう。

そのため、歌舞伎町のアパホテルで飛び降り自殺が起こってしまったことで「アパホテル 歌舞伎町 自殺」と表示されるようになってしまい、結果として「アパホテルはやばい」と言われてしまうこととなったのでした。

アパホテルがやばい理由3:中国のSNSでの炎上!書籍が宗教っぽい?

アパホテルの全客室に南京大虐殺を否定する内容を含む書籍が置かれているとして中国のSNS「微博」で話題となり、中国で炎上状態となりました。

問題となった書籍はアパグループ代表である元谷外志雄さんの著書「本当の日本の歴史 理論近現代史Ⅱ」であり、この書籍は全客室に置かれ「南京大虐殺はなかった」などの主張が盛り込まれています。

アパホテルに宿泊した米国人大学生が「アパホテルの全客室に南京大虐殺を否定する内容を含む書籍が置かれている。中国人はこの事実を知ったうえで宿泊するかどうかを決めるべき」と伝える動画が中国のSNS上で拡散し拡散し炎上状態となったのですが、アパホテル側は「特定の国や国民を批判することを目的としたものではなく、事実に基づいて本当の歴史を知ることが目的」と説明し、書籍を客室から撤去することは考えていないことを発表しました。

この動画は2日間で7700万再生を超え世界中で話題となり、中国のネットユーザーからはアパホテルに批判が集まりました。

しかし、この一連の出来事で予約のキャンセルや中国の代理店からの取引中止についての話があったわけではありませんが、アパホテルの頑なに書籍を置き続けるという姿勢に非難が集中し、アパホテルはやばいと言われることとなってしまったのでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。