👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

バカリズムがつまらない?脚本ドラマが面白い、シュールすぎて共感できないなど評判を調査

脚本家、司会に俳優とマルチな才能を発揮している、ピン芸人のバカリズムについてご紹介します。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

バカリズムとは

スポンサーリンク

福岡県田川市出身の升野英知さんが、静岡県出身で升野さんと同じ日本映画学校卒業の松下敏宏さんと共に、バカリズムを結成したのが1995年6月。

お二人は日本映画学校の授業で、偶然にも漫才のコンビを組んだことから出会い、それ以降、ビジネスパートナーのような関係になったそうです。

「バカリズム」というコンビ名は、現存する言葉だと調べた時にややこしい感じがするということから、升野さんが考えた造語で名付けました。

今回は、ピン芸人となったバカリズムについて、どんな口コミがあがっているのか、お伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

バカリズムが「つまらない」との声はなぜ?

1990年代後半から2000年代半ばにかけて数々の番組にレギュラー出演。

「笑う子犬の生活R」では主要キャストになるなど人気を得ていたバカリズム。

一方、爆笑オンエアバトルでは10勝13敗と負け越しという結果。

王座を勝ち取るまでの成績は上げられませんでした。

相方だった松下さんが2005年に引退するなど、コンビから単独での活動という変化を迎えた升野さん。

現在は、ドラマの脚本や家事ヤロウなどの番組出演など、多忙を極めているバカリズムですが、面白さが分からないといった声があがっているようです。

共感できない

2023年春ドラマで高い支持を獲得したブラッシュアップライフ。

脚本を手掛けたバカリズムを賛辞する声がある一方で、共感できないというツイート。

台詞の一つ一つ、全体のストーリーの流れなど、ドラマに対する評価も個人の好みに合うかどうかで変わりますね。

バカリズムが表現する世界観に馴染めない人にとっては、つまらないのかもしれません。

スポンサーリンク

シュールすぎる

「ノンレムの窓」に出ていたバカリズムに対する評価。

誰にでも分かりやすい単純明快なお笑いというよりも、独特の感性が漂う、ちょっと癖のある笑いという感じがするバカリズムについて、面白いと思える人と、全然笑えないと感じる人と分かれてしまうようですね。

スポンサーリンク

バカリズムの良い口コミ1:切れ味最高の表現力

2006年から始めた、OLになりきり架空の日常を綴ったブログ「架空升野日記」が、2013年に書籍化。

2017年に升野さん主演でドラマ化、2020年には待望の映画化になるなど、芸人の領域を飛び越えて活躍しているバカリズム。

恵まれた才能を存分に発揮しているバカリズムの表現力について、高評価の声があがっていました。

コントと漫才が一気に楽しめる

「志望遊戯」というコント。

三者面談での担任の様子を、巧みな話術と仕草で見ている人を笑いの渦に巻き込んでいるバカリズム。

YouTubeで様々なコントがアップされているので、公式サイトでお気に入りの作品を見つけるのもいいですね。

常人を超えた頭脳

バカリズムの切れ味ある視点を評価するツイート

なかなか一般人には思いつかない、独特の感性をもつバカリズム。

頭がいいとはこういうことなのかなと感じる表現力。

コントやドラマを見て、バカリズムの世界観を感じ取ってみたいですね。

脳みそが喜ぶほどに笑わせてもらえるなんて最高です!

暗いニュースで落ち込んでも、バカリズムを見て笑ったら、元気になれそうですね!

スポンサーリンク

バカリズムの良い口コミ2:脚本のセンスも最高

脳内が喜ぶほどに面白い、頭脳明晰な独特な視点がバカリズムらしいと支持する口コミがあがっていましたが、升野さんが表現する脚本の数々についても、非常に面白い作品だと評価する声が出ていました。

ユーモアとの相性抜群

細かなところにまで、バカリズムならではのエッセンスが散りばめられて、心の底から笑ったり思わず頷いたり、考えさせられたりする、素敵なドラマに仕上がっているのでしょうね。

バカリズムなんてと食わず嫌いをしていた人までも、良いドラマだったと感想を述べている口コミもありました。

さすがバカリズム

会話の端々に漂う雰囲気、ストーリーの伏線までもが、バカリズムらしい展開で惹きつけられた人が多いのでしょう。

秀逸と言われた「ブラッシュアップライフ」。

見逃し配信で全話一気見したくなりますね!

新感覚のドラマ

これからのドラマ界を牽引するくらいに、新感覚ドラマだと絶賛するツイート。

令和ドラマに新しい風を起こしたバカリズム。

これからも、脚本もコントも司会も、バカリズムのセンスを惜しみなく表現して、多くの人たちに心の栄養を与えてもらうことを願っています。