👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

ブレア学園がやばいとの声はなぜ?高等部で落ちるケースや倍率についても調査

ブレア学園ですが一部でやばいと噂されているようです。

今回はそんな声を調査しました。

ブレア(BLEA)学園とは

 

ブレア(BLEA)学園とは、美容、芸能、アパレル業界と共に即戦力となる人材育成を行っている学校です。

「プロの育成」、「最高の高校生活」、「自由な教育」の3つをテーマとし、一般の高校では経験できない技術教育を行っています。

授業では企業との合同授業やインターンが豊富にあり、プロの現場で技術を学びながら高校の失業資格を取ることができます。

ブレア学園はWEGOと共同開発をしたスクールバッグやブレア学園の生徒がデザインしたオリジナルカラーコンタクトを販売したりと、学生たちがデザインした商品を自分たちでSNSで拡散させることで「商品は作って終わりではなく、宣伝して売らなければ仕事にならない」ことを実践して経験させているのです。

ブレア学園がやばいとの口コミ1:校則がない?

 

「プロの育成」、「最高の高校生活」、「自由な教育」の3つをテーマとしているブレア学園ですが、ネット上では「やばい」という口コミが多く寄せられています。

中でも特に多いのが「校則」に関するものであり、ブレア学園は校則がないことで注目を集めています。

ブレア学園はオシャレに関して縛る校則がほとんどないとのことで(タトゥーのみ禁止)、カラーコンタクトやつけまつげ、化粧も髪を染めることも全てOKなのです。

法律上NGなことは禁止されていますが、原則的には服装を縛ったりする校則はなく、東京や渋谷という場所でファッション・美容業界で活躍する人材になるべく、きちんとメイクをして洋服も着こなすようにと授業中に指導している先生も存在します。

ただし、校内の規則はきちんとあり、授業を妨害する行為や一般常識に反する行為、さらには人を傷つける行為(イジメやSNSで誹謗中傷)は禁止されており、特に厳しく対処をしています。

先生によるSNSのネットパトロールも随時実施されていることで学生たちも安心して学校に通うことができ、ブレア学園は常に生徒たちが安心して通学できる環境を整えているのです。

このように、金髪でも茶髪でもオシャレであれば基本的に全てOKな環境には多くの人から絶賛の声が絶えず、ファッションリーダーを目指すブレア学園の生徒にとっても魅力的な特徴となっているのでした。

ブレア学園がやばいとの口コミ2:学費が高すぎる?

プロの育成で、美容、芸能、アパレル業界と共に即戦力となる人材育成を行っているブレア学園ですが、ネット上では「学費が高すぎる」という口コミが多く寄せられています。

ブレア学園の「学費」に関する口コミは以下の通りです。

・本能Zって番組でブレア学園出てきた。学費年間120万円もするのかあそこ

・ブレア学園とかうさんくさ、おっと間違えた、楽しそうな高校に進学しておけばよかった(学費の壁)

・なるほど。ブレア学園という独自路線の通信制サポート高校に子供を通わせる方が学費にお金がかかるから仕事を増やすと言っていたのはこういうことか。確かに高い。就学支援金とは関係ない学費が年間100万円。美容師コースだともう50万円

このように、多くの人がブレア学園の学費が高いと感じており、高額な学費からブレア学園に進学できなかったという人も存在しました。

ブレア学園の「女子高等部」にはファッション学科、美容学科、芸能・モデル学科の3つの洗濯コースがあり、学科・コースによって学費は異なります。

2022年10月27日時点でのブレア学園女子高等部の学費は以下の通りです。

1年次納入金【授業料】1,012,000円

2年次納入金【授業料】950,000円

3年次納入金【授業料】910,000円

上記の金額は全て税抜きであり、上記の金額意外に入学時に入学金(10万円)、教材設備費(年間8.5万円程度)、そして、星槎国際高等学校の授業料も必要となり、1年次2.5万円程度、2年次1.5万円程度、3年次1.5万円程度が必要となるのです。

さらに、美容師免許取得プログラムの場合は納入金に加えて、1年次493,000円、2年次378,000円、3年次408,000円が必要となります。

このことから、ブレア学園の学費が高額であることは明らかとなりました。

しかし、学費が高額であるにも関わらずブレア学園を志願する人は絶えず、個性的で面白い学校として話題となったブレア学園は、高額な学費を払ってでも行きたいと言われるほど魅力が詰まった学校なのでした。

ブレア学園の高等部で落ちるケースとは?倍率は高い?

 

学費が高額であるにも関わらず進学希望者が続出しているブレア学園は、高等部でも落ちるケースがあるとの噂が浮上しており、倍率の高さを心配している人が続出しています。

ブレア学園の高等部は入学試験を実施しており、入学試験の内容は国語・数学・英語の3教科の筆記試験に加えて面接が行われます。

筆記試験の制限時間はいずれも30分であり、中学1年生~3年生1学期までの基礎問題がほとんどです。

多くの人から「筆記試験が悪いと不合格になりますか?」との質問が寄せられますが、筆記試験が苦手でも面接試験で挽回できる可能性が十分にあります。

入学試験はブレア学園高等部に入学をする前にどの程度の学力があるのかを参考にするものなので、難しい応用問題などは出題されないので安心して下さい。

しかし、面接は集団面接となっており、面接試験は特に重要視されているため、緊張して話すことができない人でも入念に練習をすることをおすすめします。

また、気になるブレア学園の倍率についてですが、ブレア学園は一度に募集をかけて50名を選考する方法ではなく、出願された順に合格者を受け入れていく方法であるため、倍率は存在しません。

そのため、50名に合格者が達した時点で願書受け付けは終了となるので注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です