👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

BluAgeがヤバい・炎上?内定取り消しのその後は?評判や向いている人も調査

今回はBluAgeに対する声を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

BluAge(ブルーエイジ)とは

スポンサーリンク

 

BluAge(ブルーエイジ)とは、「もっといい当たり前をつくる」をミッションに掲げ、不動産DX領域で事業展開するスタートアップ企業です。

BluAgeが提供する代表アプリ「カナリー」は、従来の不動産仲介におけるさまざまな問題をITの活用で解決するアプリであり、もう一つの代表アプリ「カナリークラウド」は、「カナリー」から生まれた顧客管理システムとなっています。

また、BluAgeは既存の事業者とは異なるアプローチから不動産賃貸サービス市場に入り込み、着実に成果を積み上げ、現在ではカナリーの展開に加えて不動産仲介会社の業務を支援するSaaSの開発も進められています。

スポンサーリンク

BluAgeが「ヤバい」との声はなぜ?

 

不動産DX事業を行うスタートアップ企業「BluAge」ですが、検索結果には「ヤバい」というワードが出てくるようです。

調査すると次のような声がありました。

21人内々定取り消し

BluAgeは2022年卒業の内々定者21人に対して「内定取り消し」を行い大炎上したようですね。

最初は内定取り消しを受けた就活生がX(旧:Twitter)で暴露し、ツイートが拡散された結果、ニュースサイトやまとめサイトが報じて広く知られることとなり、BluAgeも謝罪文を出すに至りました。

事態の原因について、BluAge代表取締役CEOである佐々木拓輝さんの名義で「選考の最終プロセスの結果によっては内々定を取り消す可能性があることを十分に説明できていなかったことが混乱の原因」、「新卒採用2年目の弊社に採用活動・運営における業務経験が浅く、内々定という社会通念への認識も不足していた」などと説明をしました。

そして、内々定を取り消した21人に対して最大限の誠意をもって個別に対応していくことを説明し、30万円の解決金を支払うことを発表したのです。

しかし、これに対しSNSでは「就活生の人生を何だと思ってるんだ」、「30万円じゃ安すぎる」という声が相次ぎ、炎上は収まりませんでした。

学生にとっては、長期間にわたって就職活動に膨大な時間を費やし、やっとの思いで手に入れた企業からの内定です。

こういった悲しい事件を繰り返さないためにも、新卒採用は慎重に行い、企業が対策をしっかりと考えるべきでしょう。

スポンサーリンク

BluAgeの良い口コミ1:部屋探しアプリ「カナリー」がすごい

BluAgeが開発した「カナリー」は、従来の不動産仲介におけるさまざまな問題をITの活用で解決するサービスです。

部屋探しをしている人は、最良の「部屋探し体験(UX)」を提供できるほか、不動産仲介会社には新規顧客の開拓や成約率の向上が期待できるツールとして活用することができるのです。

(出典:BluAge)

スポンサーリンク

1.アプリ上で累計250万ダウンロード突破

2019年6月のリリース以来、着実にダウンロード数を伸ばし、累計ダウンロード数は300万件を突破しました。(※2023年7月時点)

毎月10万件以上の新規ダウンロードがあり、急拡大するモバイルアプリとしてたくさんの人が注目しています。

実際にSNSでも「カナリー使って家探しをしよう」、「カナリー便利」などと、カナリーを評価する声がたくさん寄せられています。

また、アップル社が運営するアプリケーションのダウンロードサービス「App Store」で、カナリーの評価は「☆4.7」(※2023年2月時点)を獲得し、部屋探しアプリカテゴリ内では最高評価となりました。

2.スマートフォンに特化している

他の不動産アプリは、パソコンで閲覧するインターネットサービスをベースに開発されたのに対し、カナリーはスマートフォンに特化して開発されました。

直感的に使えるUIで操作性に優れ、いつでもどこでも誰もが使いやすいアプリとなっています。

カナリーは、全国対応の豊富な物件数で、アプリ上で内見・来店の予約を完結できるというメリットがあります。

スマートな部屋探しが実現可能となるので、部屋探しに困っている人にはたいへん便利なアプリです。

部屋探しにつまづいている人や、これから部屋探しをする人は、ぜひカナリーを利用してみてくださいね。

スポンサーリンク

BluAgeの良い口コミ2:今後さらに成長する会社

(出典:BluAge)

BluAgeは「もっといい当たり前をつくる」をミッションに掲げ、不動産DX領域で事業展開するスタートアップ企業です。

2021年の約12億円の資金調達に続き、2022年9月には山田ホールディングスとの約10億円の資本業務提供を実施。

そして、2023年1月には「カナリー」初のTVCMを全国で放映することとなり、月間売上はYoYで3倍以上に成長し、組織も拡大しつつ上場を目指しているグロースフェーズとなっています。

BluAgeで働くメンバーは、アプリ評価1位の使いやすいU/UXを創り出すエンジニアが揃っていて、シリーズBラウンドで12億円調達。

さらに、マーケティングや人材の採用、組織体制の強化をさらに推進していることで、よりよい企業へと成長しています。

BluAgeは時間はフレキシブルで自由度が非常に高く、仕事効率を重視し、働きやすいように個々人が管理を行っています。

そのため、帰りにくい雰囲気や出社しなければならないようなプレッシャーも一切ないため、メンバーはみな自由に働ける環境が整っているのです。

時間や場所に縛られることなく、個人が急成長できる環境が整っているのは、BluAgeの大きな魅力の一つであり、会社もメンバーも共に成長していくことができるのです。

BluAgeはどんな人に向いている?

 

今回はBluAgeに対する声を調査しました。

BluAgeは2018年4月に設立された不動産DX領域で事業展開するスタートアップ企業です。

部屋探しアプリ「カナリー」や顧客管理システム「カナリークラウド」などを運営しており、近年急速に成長しています。

BluAgeが向いている人は、次の通りです。

・エンジニアに興味がある人
・チャレンジ精神がある人
・目標達成に向けて努力を惜しまない人
・新しい技術やサービスを積極的に学びたい人

BluAgeは20代前半のメンバーも多く、周りと協働して成長する環境が整っています。

組織の成長が非常に早く、個人が急成長できる環境でスピード感を大切にしてメンバー全員が働いているので、会社とともに成長することができるのも、BluAgeの魅力ですね。