👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

セバスチャンブイエがまずい?高い?口紅の食べ方や絶対買いたい人気商品も紹介

今回はセバスチャン・ブイエに対する声を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

セバスチャン・ブイエがまずい?微妙との声はなぜ?

フランス・リヨンに本店を構え、遊び心のあるアートセンスとお菓子の美味しさを極限まで追求したスイーツを展開するセバスチャン・ブイエですが、検索結果に「まずい」「微妙」などといったワードが出てくるようです。

調査すると、次のような声もあるようです。

甘すぎる?

セバスチャン・ブイエが「まずい」と言われる理由の一つ目に「甘すぎる」という声があります。

パティシエのセバスチャン・ブイエさんが作るお菓子はどれも色鮮やかで、芸術的なショコラからクロワッサンやブリオッシュなど、幅広いお菓子作りを展開しています。

見ているだけでワクワクするような芸術的なお菓子を展開している一方で、「甘すぎる」といったネガティブな声もあるようです。

しかし、実際にはそのような批判的な声はほとんど見当たりませんでした。

口コミを調査すると、大多数が「濃厚」「上品な味」などとセバスチャン・ブイエを高く評価する声が目立っていたため、批判的な声はほんの一部であったことが分かります。

セバスチャン・ブイエさんは、世界の一流パティシエ・ショコラティエ名を連ねるルレ・デセール協会に2004年に史上最年少で入会した、パティシエです。

彼の生み出すスイーツはどれも柔軟かつ斬新であり、常に人々を輝かせる魅力があります。

スイーツの甘味を上品と捉えるのか、「甘すぎる」と捉えるのかは人それぞれの感覚の違いです。

そのため、セバスチャン・ブイエさんが作るスイーツが気になる人は、実際に食べてみることをおすすめします。

値段が高い?

セバスチャン・ブイエが「まずい」と言われる理由の二つ目に「値段が高い」という声があります。

セバスチャン・ブイエでは、口紅そっくりなチョコレートやケーキ、マカロンやタルトレットなど、幅広いスイーツを展開していて、どれも芸術的な仕上がりです。

おしゃれで遊び心のあるスイーツを数多く世に送り出してきた名店ですが、中には「高い」と価格を気にする声も少なくありません。

例えば、セバスチャン・ブイエの人気商品である口紅そっくりなチョコレート「ルージュアレーブル」は1個1,080円(税込み)、マカロンは1個238円(税込み)となっています。

※価格は2024年2月時点のものですが、時期によって変動する可能性があります。

(出典:セバスチャン・ブイエ)

これを高いと捉えるかどうかは人それぞれですが、セバスチャン・ブイエの商品は私たちの心をワクワクさせるものばかりであり、一つひとつが芸術作品です。

セバスチャン・ブイエは、見た目や味のクオリティは高く満足度の高い商品ばかりなので、価格に不満を感じていても、一口食べたらその不安も吹き飛ぶことでしょう。

このように、セバスチャン・ブイエが「まずい」と言われるのには様々な理由があることが分かりました。

「まずい」「微妙」などとネガティブな声が挙がっているセバスチャン・ブイエですが、実際は評価が高く、満足度の高いパティスリーです。

日本では東京や大阪に出店しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

そもそもセバスチャン・ブイエとは

 

セバスチャン・ブイエとは、フランス・リヨンに本店を構えるパティシエ兼ショコラティエです。

世界の一流パティシエ・ショコラティエが名を連ねるルレ・デセール協会に2004年、当時最年少で入会。

旅と出会いを愛しており、遊び心のあるアートセンスとお菓子としての美味しさを徹底的に追求し、独創性の高いスイーツが高く評価されています。

2024年2月時点の店舗数は、フランス・リヨンに10店舗以上、日本では東京都に4店舗、大阪府に1店舗を展開しています。

(出典:セバスチャン・ブイエ)

セバスチャン・ブイエの良い口コミ

フランス・リヨンに本店を構えるセバスチャン・ブイエ。

パティシエ・セバスチャン・ブイエさんの生み出すスイーツは、SNSでも話題になるほど美しく、独創的かつ芸術的で「食べるのがもったいない」との声も続出しています。

芸術的な美しさ

セバスチャン・ブイエのスイーツはSNS映えのスルデザイン性の高いスイーツが数多く展開されています。

タルト生地にマドレーヌやフィナンシェなどを入れ、ナッツやフルーツを合わせたタルトレット。

一つひとつが色鮮やかで、見ているだけで心がワクワクしてきます。

また、口紅にしか見えないと話題の「ルージュアレーブル」は、ケースもチョコレートの発色も本物のコスメと見間違えるほどのクオリティなのだとか。

こちらの商品はバレンタインの時期だけに販売される商品であり、バレンタインシーズンは注文が殺到するので、購入を考えている人は随時情報をチェックしてくださいね。

上品な甘さ

セバスチャン・ブイエは、見て楽しいだけでなく味も美味しいと評判です。

リヨン本店でも人気のマカロンは、自家挽きしたアーモンドを加えて焼き上げた香ばしい食感が特徴で、しっとりとした生地の外側はサクッと、中はねっとりとした食感がやみつきになります。

また、マカロンをショコラでコーティングしたスペシャリテ「マカリヨン」もおすすめの一品。

パティシエのセバスチャン・ブイエさん自身の思い入れの強い商品で、リヨン本店では通年販売しているのだとか。

マカロン+リヨン=マカリヨンとオリジナリティに溢れた人気商品です。

セバスチャン・ブイエさんが生み出すスイーツは、どれも柔軟で斬新なアイデアが詰まっています。

誰よりも貪欲に、真の職人を目指しているセバスチャン・ブイエさんには、驚かされるばかりですね。

セバスチャン・ブイエの人気商品を紹介

 

セバスチャン・ブイエは、お洒落で遊び心溢れるスイーツを数多く世に送り出してきました。

マカロンやチョコレート、タルトやケーキなど、セバスチャン・ブイエのスイーツは見て食べて楽しむことができるのです。

タルトレット

マドレーヌやフィナンシェなどをタルト生地に入れてフルーツなどを飾った「タルトレット」。

一般的なタルトとは異なり、豪華で特別感のあるスイーツとして人気を集めています。

セバスチャン・ブイエのタルトレットは、バターの香が香ばしいタルト生地にフィナンシェやマドレーヌなどの生地が組み合わさっており、しっとりとした食感を楽しめます。

マカロン

セバスチャン・ブイエと言えば「マカロン」と言っても過言ではありません。

自家挽きのアーモンドプードルを加えたこだわりの生地が自慢で、サクサクとした食感としっとりとした口どけは、一度食べたらやみつきになることでしょう。

ショコラやフランボワーズなどの定番から期間限定商品など、幅広いラインナップとなっています。

コスメショコラ

セバスチャン・ブイエのスイーツはどれも遊び心が溢れています。

中でもコスメショコラは、まるで本物のコスメみたいな可愛らしさで女性の心を鷲掴みにします。

見た目が本物の口紅と評される「ルージュアレーブル」は、本物と見間違えてしまうほど華やかな一品です。

また、コンパクトに入ったチークのようなチョコレート「ショコラアマキエ」は、あまりの可愛さに食べるのを躊躇してしまう人が続出しているほどの可愛さです。

コスメサロンのようなキラキラと光り輝くコスメショコラは、女性へのプレゼントにおすすめですよ。

食べ方ですが、口紅のように塗るのではなく、そのままかじって、舐めて食べてOKです。

オンラインショップはこちらからご覧いただけます。

セバスチャン・ブイエはどこで買える?

 

セバスチャン・ブイエはフランス・リヨンだけでなく、日本にもいくつかの店舗を展開しています。

<店舗>

伊勢丹新宿店  東京都新宿区新宿3-14-1 本館B1F

西武池袋本店  東京都豊島区南池袋1-28-1 B1F

伊勢丹立川店  東京都立川市曙町2-5-1

グテ 学芸大学店   東京都目黒区鷹番3-8-1

阪神梅田本店  大阪府大阪市北区梅田1-13-13 B1F

また、セバスチャン・ブイエは公式のオンラインショップからも購入が可能です。

店舗に行くことが難しい人は、オンラインショップがおすすめです。

こちらからご覧いただけます。