👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

キャッチミーイフユーキャンが気まずい理由は?ブレンダの裏切りはなぜ?つまらないとの声も…。

今回はレオナルド・ウィルヘルム・ディカプリオとトム・ハンクスが主演の人気映画「キャッチミーイフユーキャン」の口コミを調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

キャッチミーイフユーキャンが気まずいと言われる理由

スポンサーリンク

理由1:下着姿や性行為のシーン

「キャッチ ミー イフ ユーキャン」には、主人公フランク・アバグネイルの下着姿が登場するシーンがあります。

このシーンは、フランクが売春婦と一緒にベッドに横たわっている場面で、視聴者にとっては、このようなシーンが家族と一緒に見るには気まずいと感じることが多いのではないでしょうか。

特に、親や子供と一緒に映画を観ているときに、こうした露出度の高い場面が出てくると不快感を覚える人が一定数いるのは無理もないと思います。

このシーンは、フランクの詐欺師としての華やかな生活を描くために挿入されていますが、その意図とは別に視聴者にとっては見過ごしがたい要素となりえます。

また、映画の中には、性行為を連想させるシーンもいくつか含まれています。

フランクが売春婦とベッドにいる場面や、性行為についての会話が登場します。このシーンでは、フランクが売春婦にお金を払って性行為を行おうとする場面が描かれています。

このような描写は、家族と一緒に見るには気まずいと感じる視聴者が一定数いると思われます。

フランクが「これが人生最高の日だ」と言うシーンや、ブラジャーとパンティー姿の女性と一緒にベッドに横たわっているシーンは、映画の中でかなり長く描かれているため、特に目立ちます。

これらのシーンがあるため、家族や子供と一緒に映画を楽しむには不適切と感じる人もいるのではないでしょうか​​。

スポンサーリンク

理由2:親の離婚シーン

映画中にフランク・アバグネイル・ジュニアの両親の離婚が大きなテーマの一つとして描かれています。

このシーンは、フランクの人生に深い影響を与え、彼の行動の動機を理解する上で非常に重要です。

フランクの父親であるフランク・アバグネイル・シニア(クリストファー・ウォーケン)は、もともと成功した実業家でしたが、脱税疑惑に巻き込まれ、家族の財産をすべて失ってしまいます。

これが原因で、フランクの母親ポーラ(ナタリー・バイ)は家族の崩壊を避けるために他の男性と浮気を始め、最終的に離婚に至ります。

このシーンは、フランクにとって非常にショッキングであり、彼の心に大きな傷を残しました​​。

フランクは、両親の離婚後、親権問題に巻き込まれます。裁判所で父親と母親のどちらと一緒に住むかを選ぶように迫られたフランクは、どちらか一方を選ぶことができず、家を飛び出してしまいます。

この逃避行が、彼が詐欺師としての道を歩むきっかけとなりました​​。特に印象的なのは、フランクが父親に「パパが失ったものを取り返してみせます」と手紙に書くシーンです。

これは、彼がいかに父親を尊敬し、家族の再生を願っていたかを象徴しています​​。

親の離婚は、多くの人にとって非常に敏感なテーマであり、特に自身が同様の経験をしている視聴者にとっては、このシーンが感情的に辛いものとなることが考えられます。

フランクの両親の離婚が彼の人生を大きく変えたように、この映画のシーンは視聴者に強い印象を与えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

キャッチミーイフユーキャンは実話!

「キャッチ ミー イフ ユー キャン」は、実在の人物フランク・W・アバグネイルの自伝を基にした映画です。

フランクは16歳で家を飛び出し、小切手詐欺を始めました。

彼はパイロットに成りすまして飛行機にタダで乗り、偽造小切手を使って多額の金銭を得ていました。この詐欺の手口は非常に巧妙で、航空会社や銀行を巧みに欺きました。

また、フランクは医師としても活動し、大病院の小児科主任医師として働いていました。

彼は看護師のブレンダと恋愛関係になり、医大の卒業証書を偽造していました。

さらに、ルイジアナ州では検事補佐に成りすまし、実際に弁護士資格を取得するなど、その詐欺の才能は驚異的でした。

フランクを追ったのはFBI捜査官カール・ハンラティです。

カールは真面目で正義感が強く、何としてでもフランクを捕まえようとしました。

彼らはクリスマス・イブに電話で話すなど、不思議な信頼関係を築いていました。

最終的にフランクはフランスで逮捕され、アメリカに送還されて裁判を受けました。

その後、彼は銀行詐欺や小切手偽造の知識をFBIに提供することで更生の道を歩むことになりました。

この映画は、詐欺師としてのフランクの波乱万丈な人生を描きながらも、彼の家族への愛情や捜査官との信頼関係を通じて、人間味あふれる物語となっています。

実話に基づくため、物語には深みがあり、多くの観客を引き込む要素がたくさんあります。

「キャッチ ミー イフ ユー キャン」は、単なる犯罪映画ではなく、家族や友情、信頼といったテーマも含まれており、多くの人に感動を与える作品です。

スポンサーリンク

キャッチミーイフユーキャンのブレンダの裏切りはなぜ?

フランクの恋人であるブレンダが彼を裏切る行動を取るシーンがあります。

これは、彼女自身が警察から圧力を受けていたためです。

ブレンダは、フランクが自分の正体を隠していたことに気づいていなかったため、初めは彼を完全に信頼していました。

フランクは彼女にとって救いの存在であり、両親との関係も改善されました。

しかし、婚約パーティーの場で、FBIが乗り込んできたことにより事態は急変します。

フランクはブレンダにすべてを打ち明け、彼女と一緒に逃げようとしましたが、ブレンダは警察の圧力に屈してしまいます。

ブレンダは自分と家族を守るために、フランクを警察に引き渡す決断をしました。

この選択は、フランクにとって大きなショックであり、逃亡を続ける動機となりました。

ブレンダの行動は、彼女の恐怖と混乱を反映しており、観客にとっても共感できる部分があるかもしれません。

彼女は愛する人を裏切ることになり、非常に苦しい選択を迫られました。

このような状況下では、自分の安全と家族の平和を優先せざるを得なかったのです。

このシーンは、フランクの詐欺師としての生活がどれほど危険で、不安定なものであったかを強く示しています。

彼の嘘と逃亡劇は、周囲の人々に深刻な影響を及ぼし、最終的には信頼していた人々との関係をも断ち切る結果となりました。

スポンサーリンク

キャッチミーイフユーキャンがつまらないとの声も?

「キャッチ ミー イフ ユー キャン」は多くの人に好評を得ていますが、一部の視聴者からは「つまらない」との声も聞かれます。

その理由の一つとして、映画のテンポやストーリーの進行に対する感覚の違いが挙げられます。

特に、詐欺の手口や逃亡劇に興味がない人にとっては、内容が退屈に感じられることがあるようです。

具体的なシーンを見てみると、主人公フランク・アバグネイルがパイロットや医師に成りすまし、小切手を偽造して多額の金を詐取する部分があります。

これらの詐欺行為の詳細は非常に巧妙で、一部の視聴者には難解に感じられることもあるでしょう。

また、詐欺を続けるフランクを追うFBI捜査官カール・ハンラティとの駆け引きは、緊張感が高まる一方で、ストーリーがやや冗長に感じられる場面もあります​​。

一方で、実話を基にした緻密なストーリーテリングや、レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスの演技は高く評価されています。

特に、ディカプリオが演じるフランクの変装術や、ハンクスが演じるカールの真面目な捜査官としてのキャラクターは、多くの視聴者から支持を得ています。

実話であるため、物語にリアリティがあり、フランクの家族との関係や彼の心理描写も深く描かれています​​。

そもそも「キャッチミーイフユーキャン」とは

「キャッチミーイフユーキャン」は、2002年に公開されたアメリカ映画で、スティーヴン・スピルバーグが監督を務めました。

主演はレオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスです。

映画は、若き詐欺師フランク・アバグネイルの波乱万丈な人生を描いています。

彼はパイロットや医師、弁護士に偽装し、多額の金銭を詐取しました。

映画は彼の詐欺の手口だけでなく、彼を追うFBI捜査官との関係や、彼の家族との複雑な関係にも焦点を当てています。

キャッチミーイフユーキャンはどんな人に向いている?

「キャッチミーイフユーキャン」は、スリリングなストーリーや実話を基にした映画が好きな人に向いています。

また、詐欺の手口や逃亡劇に興味がある人にもおすすめです。

レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスの名演技を楽しみたい方や、スティーヴン・スピルバーグの作品が好きな方にも最適です。

一方で、犯罪や離婚といったテーマに敏感な人には、視聴時に注意が必要です。

この映画は、エンターテインメントとして楽しむだけでなく、実際の詐欺師の人生について学ぶこともできる作品です。