チョコレート効果72・86・95%がまずい!苦い理由や美味しく、健康的に食べる方法!

明治のヒット商品であるチョコレート効果ですがハイカカオであることからもまずいと感じる人が多い商品です。

ラインナップとしては72、86、95%がありますがパーセントが高くなるにつれてまずいと感じる人が多い傾向にあります。

今回はチョコレート効果がまずい理由や美味しく食べるためのコツについて解説していきます。

チョコレート効果72、86、95%がまずい理由とは!苦いのは普通の感覚?

「チョコレート効果」のようなハイカカオのチョコレートが苦い理由、それはテオブロミンという苦味成分が含まれているからです。

あまり聞き慣れないテオブロミンですが、自然界の植物の中ではチョコレートの原料であるカカオにしか含まれていないものです。

ハイカカオのチョコレートはこの成分のために、苦くておいしくないと感じてしまうのです。

カカオの学名はギリシャ語のテオブロマですが、苦み成分のテオブロミンはこの言葉が由来となっています。

甘いものの代名詞のようなチョコレートの原料が、苦味成分を含んだカカオであることは面白いですね。

スポンサーリンク

チョコレート効果72、86、95%を美味しく食べるコツ

チョコレート効果72、86、95%が苦い人はちょっとしたコツで食べやすくなります。

今すぐできるコツを紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

コツ1:常温に出しておくと苦味が薄れ、甘みが増して食べやすくなる

苦味を特に感じやすい温度は、低温から体温(36℃くらい)に近い温度だと言われています。

つまりそれ以上に温度が高くなればなる程、苦味は弱くなるのです。

ですからチョコレートが溶けるのを心配して冷蔵庫に入れておくよりは、常温の中に置いておく方が苦味は弱くなります。

アイスコーヒーもホットコーヒーより苦味を強く感じるのは、アイスコーヒーが冷たいからなのです。

「チョコレート効果」は、必ず常温で食べる事がおいしく食べるコツと言えます。

コツ2:単体で食べるのを控えて、ココアやアイスなど一緒に食べる

「チョコレート効果」をより美味しく食べるもう1つの方法は、バニラアイスやココアと一緒に食べる、というものです。

チョコレートをおろし金で細かくしてからバニラアイスに混ぜたり、トッピングしたりして食べるとバニラの甘さとチョコレートの苦さがマッチしてとても美味しくなります。

又、温かいココアにチョコレートを入れる、という方法もあります。

甘味のあるミルクココアに適量入れると、チョコレートの苦味がココアの甘さを抑えてくれて美味しくなります。

スポンサーリンク

チョコレート効果72、86、95%は1日3〜5枚を目安に少しずつに食べて!

ハイカカオの「チョコレート効果」、カカオポリフェノールが沢山含まれているので、健康維持にとても役立ちます。

ですが1度に沢山食べれば良いというものではありません。

なぜならカカオポリフェノールは1度に沢山食べても、体から排出されてしまうからなのです。

ですから毎日少しずつ摂取する事が大切で、目安としては1日に3枚から5枚が適量とされています。

チョコレート効果72、86、95%を食べることでのメリット

チョコレート効果72、86、95%が苦くても健康に良いのは確かです。

ここからは食べ続けるメリットについて解説します。

メリット1:美容・アンチエイジ効果

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールには、体の酸化を防止する効果があります。

ですのでカカオが70%以上含まれている「チョコレート効果」を食べる事は、言わば体が錆びるのを防いでくれるので、美容にも老化防止にも役立ってくれるのです。

ポリフェノールが多い事で知られている赤ワインですが、チョコレート効果86にはその約16倍ものポリフェノールが含まれています。

ですから「チョコレート効果」を毎日少しずつ食べると、美容にもよく、老化防止になり、又血圧を下げる効果もあるので普段から血圧が高い人は試してみる価値があります。

メリット2:物忘れが気になる人にも!認知症を予防する効果

ハイカカオのチョコレートは体に良いだけでなく、認知機能にも良いと言われています。

実はハイカカオのチョコレートを毎日摂取することにより、タンパク質の一種、神経成長因子(NGF)が増加するために、認知機能が向上する事が確認されたのです。

学生に30日間ハイカカオのチョコレートを食べさせた実験によると、学生たちのNFG濃度が高まり、文字を読むテストではかなり正解が多くなりました。

しかもハイカカオのチョコレートの摂取を中止した後も、NFG濃度は下がったものの、しばらくは認知機能は高いまま維持していたという結果になりました。

ハイカカオの「チョコレート効果」は、認知症の予防にも最適な食べ物と言えるかもしれません。

メリット3:便秘改善

便秘に頭を悩ませている女性は多くいますが、「チョコレート効果」が味方になってくれます。

食物繊維が便秘に良いという事はよく知られた事ですが、カカオにも豊富に食物繊維が含まれているのです。

何とカカオにはゴボウの約3倍もの食物繊維が含まれています。

食物繊維は野菜からと思っていた人も目からうろこかもしれませんね。

また、腸内の善玉菌を増やすカカオプロテインも含まれているので、ハイカカオの「チョコレート効果」はまさに腸活には最適のものです。

チョコレート効果!ダイエット・健康ににおすすめなのは○%のチョコレート?

最新の医学研究からもダイエットにはカロリーではなく糖質を抑えることが大切と言われております。

そのため糖質が一番低いチョコレートが良いと言えます。

糖質量(1枚5gあたり)
  • 72%→1.6g
  • 86%→1.0g
  • 95%→0.6g

上記の結果からも95%のチョコレートが太りにくくダイエットにも良いことがわかります。

また、ポリュフェノールの量は下記の通りです。

ポリュフェノール含有量(1枚5gあたり)
  • 72%→127mg
  • 86%→147mg
  • 95%→174mg

ポリュフェノールの量が多いということは先ほどお伝えした美容や認知機能、便秘などの効果も出やすいと言えます。

一般的にポリュフェノールは500mg以上/日が良いとされており、過剰摂取による健康被害はないと考えられております。

ポリュフェノールをたくさん摂取する人は普通の人と比べて死亡リスクが低いことも研究結果で明らかになっていますので、摂取することは大切と言えますね。

そう考えると95%のチョコレート効果が良いわけですが、それよりも継続することが重要になりますので食べやすいものを選択すると良いでしょう。

チョコレート効果72、86、95%がまずいと感じる人は多い?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です