👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

クラブツーリズムがやばい3つの理由!添乗員がうざい?ホテルの食事がひどい?など噂を調査

クラブツーリズムですが一部でひどいと言われているようです。

今回はそんな噂の原因を調査しました。

クラブツーリズムとは

クラブツーリズムとは、東京都新宿に本社を置く日本の旅行会社であり、近畿日本ツーリストグループの一社です。

従来からある店舗営業型の旅行業とは違い、新聞広告やインターネットや会員情報誌で旅行商品を提供し、電話やインターネットで申し込みを受け付けるダイレクトマーケティングを主力としており、主に中高年向けの国内ツアーに力を注いでいます。

また、国内バスツアーでは四季やイベントにちなんだツアー、国内・海外旅行では列車・飛行機の旅・テーマ旅行、さらにはおひとり参加限定の旅など、クラブツーリズムならではの旅行プランが豊富に揃っています。

クラブツーリズムがやばいと言われる理由1:ホテルの食事がひどい

国内旅行や海外旅行、さらにはバスツアーなど幅広く取り扱っている大手旅行会社であるクラブツーリズムですが、実は利用者の口コミを確認すると「やばい」「ひどすぎる」といった低評価の口コミが相次いでいるのです。

数多く投稿されている口コミの中でも、最も多かったのが「ホテルの食事がひどすぎる」というものです。

実際に利用した人の口コミには「日本海・若狭カニカニカーニバル豪快プラン15900円に参加したら、あまりにもしょぼいスプーン一杯ほどのカニと山菜ばかりだった」「レタスをちぎっただけのようなサラダや白菜ばかりの鍋」など、明らかなお粗末な食事に怒りを覚えている人が多発していました。

また、ツアーに参加する多くの人が、ツアーの名前や内容に惹かれて参加する人がほとんどであり「豪快」「欲張り」「新鮮」「三昧」などツアーには旅行者の心をくすぐるキャッチフレーズが使われているので、期待値もそれなりに上がります。

しかし、クラブツーリズムで掲載されているプランの食事は、魅力的なネーミングとは程遠いほどの食事内容であり、実際に利用した人は「ひどすぎる」「詐欺まがい」と怒りをにじませ、二度と利用したくないと感じてしまうのでした。

クラブツーリズムがやばいと言われる理由2:添乗員の態度

クラブツーリズムはツアー内容が豊富であり、多様なプランや値段も安いことで大変魅力的と言われているのですが、実際に利用した人からは「添乗員の質が悪すぎる」との声が多く寄せられており、問題となっています。

特に、添乗員の態度が悪いと感じるのはバスガイドが多いとのことで、下記のような事例があります。

・バス内で「この会社のツアー客を受けるようじゃ星野リゾートも終わり」とバスガイドと運転手が話していた
・出発確認の電話に出られなかっただけで朝から嫌味を言われた
・添乗員がお弁当を食べた後仕事をせずに爆睡
・集合時間を伝えず段取りが悪い
・台風でも決行が当たり前で、客の安全よりも返金をしたくないが最優先であり、結局観光も出来ず、船が出ないために予定の海鮮料理も出ず、露天風呂も入れなかったのに返金なし

「クラブツーリズム」と検索すると、上記のような低評価の口コミが次々に投稿されており、多くの旅行客が添乗員に不満を抱いている様子でした。

そのため、ツアー内容や食事、旅館などは完璧だったのに、添乗員の態度や質が悪かったことで楽しかった旅行が一変してしまったと話している人が多く「クラブツーリズムの添乗員には気をつけろ」といった忠告がネット上に広まることとなったのでした。

クラブツーリズムがやばいと言われる理由3:死亡事故

クラブツーリズムは過去に、ガイドと旅行者の死亡事故が起こっています。

2019年10月、北秋田市の小又峡で橋を渡ろうとしたガイドとツアー客が増水した川に転落して死亡し、滝を目指していたのですが、天候悪化で戻る途中に起こった事故でした。

すぐに119番通報をしましたが、ツアーに参加した女性は小又川の下流部で発見されましたが心肺停止の状態で発見され、ガイドの男性は捜索が続いています。

また、2008年1月には青森県で死亡事故が発生しています。

豪雪地帯をチェーンを付けずに走行したことで事故が起こり、夜は豪雪地帯になることが予測出来たにも関わらず、情報収集などをせずに旅行日程を組みバス会社を手配したことで、クラブツーリズムは問題視されていました。

その他にも、2005年にはカナダ・ローレンシャン高原で企画旅行中、自由行動中のオプショナルツアーに参加した3人中1人が死亡し、2人が軽傷を負いました。

死亡した1人は㈱日本旅行の旅行者で、残りの2人がクラブツーリズムからの参加者であり、クラブツーリズムの旅行客は無事でしたが、1人が死亡してしまう残念な結果となってしまったのです。

旅行にはトラブルはつきものであり、いつ何が起こるか分かりません。

しかし、クラブツーリズムはあまりにも事故報告が多く、死亡事故が何件も発生していることで「クラブツーリズムはやばい会社」といった印象が根付いてしまったのでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。