👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

ディアゴスティーニが悪質?ずるいと苦情?打ち切りで後悔する、コンプリートするのが楽しいなど声を調査

今回はディアゴスティーニに対する声を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

ディアゴスティーニとは

 

ディアゴスティーニとは、イタリアのパートワーク方式の分冊百科の出版を行っている出版社です。

一つのテーマに特化した内容で、週間か隔週刊で雑誌を販売しており、その内容は、専門知識やハウツーなどファンにはたまらない内容となっています。

1号ごとはお求めやすく、全て揃えれば百科事典並みの専門シリーズとなっているため、自分の興味深いシリーズを探すのも楽しみの一つです。

また、出版元はイタリアのディアゴスティーニ社の日本法人が出しています。

ディアゴスティーニが「悪質」との声はなぜ?

 

今までに数多くのシリーズを出していて、趣味を極められると人気のディアゴスティーニですが、検索結果には「悪質」というワードが出てくるようです。

調査すると、次のようなネガティブな声もあるようです。

お金がかかる?

ディアゴスティーニは、パートワーク形式にて出版しています。

パートワーク形式(分冊百科)とは、テーマやジャンルを絞った事柄について記述したものを定期的に分けて刊行し、完成させる方式の出版物のことを言います。

ディアゴスティーニでは単純にパートワーク形式を取っているだけでなく、CDやDVDなどの付録の充実や、毎号の付録を組み立てると1年間を通じて作品ができあがるなどと、分冊百科形式の特徴を活かした非常にユニークな企画力が魅力であるため、多くの人がハマってしまうのです。

そのため、毎号買っているとお金がかかってしまうのでしょう。

しかし、ディアゴスティーニの付録は単なる付録ではなく、趣味がない人でも「集めたい」と思わせる魅力が詰まっています。

コンプリートしようと思うとお金がかかってしまうのは事実ですが、それ以上に集めることの楽しさを実感することができるでしょう。

打ち切りになる可能性がある?

ディアゴスティーニは定期的に分けて刊行するパートワーク形式を取っていることから、「廃刊になったらどうしよう」という心配の声も少なくありません。

ディアゴスティーニの商品は基本的に打ち切りや途中で休刊になるということはないので、安心してください。

しかし、まれに休刊になってしまった場合や、定期購買を途中でストップしてしまって途中までしかない状態でシリーズが終了してしまうことはあり得ます。

そういった場合には買取業者に問い合わせたり、ヤフオクやメルカリで販売したり、捨てずにそのまま飾っておくというのも方法の一つです。

ディアゴスティーニが休刊・廃刊になることはほとんどありませんが、万が一なってしまった場合には、上記の方法をお試しください。

このように、ディアゴスティーニにはさまざまな声が寄せられていました。

「悪質」という噂が浮上しているようですが、実際には悪質な出版社ではなく、大人も子どもも楽しめる魅力の詰まった出版社であることが分かりました。

毎号の付録を組み立てることで、一つの作品ができあがるのはとても達成感があります。

気になる人はぜひ、ディアゴスティーニを購買してみてくださいね。

ディアゴスティーニの良い口コミ1:コンプリートするのが楽しい

 

ディアゴスティーニは、地図の普及を目的に作られた会社でしたが、パートワーク形式の出版に成功を収めると、徐々に出版形態をパートワーク形式に変えていき、趣味・実益ジャンルでのパートワーク形式の解説書などを発刊するようになりました。

ちなみに、パートワーク形式の起源はディアゴスティーであると言われています。

その特徴は単純にパートワーク形式を取っているだけでなく、CDやDVDなどの付録の充実や、毎号の付録を組み立てると一年間を通して一つの作品ができあがるため、たくさんの人がコンプリートを目指して毎号購買しています。

ディアゴスティーニはさまざまなユニークな企画を提案している点も魅力の一つであり、映画「新ゴジラ」が有名になった年は「週刊ゴジラを作る」がヒットするなど、社会の流行に合わせた出版も大きな特徴です。

また、近頃では「大人買い特集」と呼ばれる特殊な販売形式を行っており、過去のヒット作品である「ポルシェ」、「サンダーバード」などの分冊百科を数量限定ではありますが、全号セットで販売するなどといった企画も行い、大人の購読意欲がさらにくすぐられることとなりました。

ディアゴスティーニの付録は幅広く、どれも子ども心をくすぐられるものばかりです。

収集癖がある人はもちろんですが、趣味がなくて困っているという人も、ディアゴスティーニの魅力に惹きこまれていくことでしょう。

ディアゴスティーニの良い口コミ2:幅広く趣味の世界を網羅している

 

ディアゴスティーニは、毎号の付録を揃えてコレクションを作るというユニークな雑誌です。

鉄道関連では「鉄道ザ・プロジェクト」、「鉄道ザ・ラストラン」、「鉄道データファイル プラス」などがあり、300号とボリュームのあるシリーズもあります。

ディアゴスティーニは、鉄道や車、飛行機といった乗り物系シリーズから、映画やドラマ、そして音楽関連のDVDやCDコレクション、手芸のハンドメイドやキャラクター系のシリーズまで、あらゆる趣味を網羅していると言っても過言ではありません。

そのため、趣味がなく、何か興味が湧くものを探したいという人でもディアゴスティーニのシリーズを見れば「これは」と思えるものに出会える可能性が高いでしょう。

実際に、無趣味だった人が、ディアゴスティーニと出会ったことでコレクター欲が湧いた人もいるようなので、ディアゴスティーニは大人の子ども心をくすぐるのかもしれませんね。

さらに、毎号続けて購入することで、そのテーマについて詳しくなることができるのも、ディアゴスティーニの魅力です。

大人になると、子どものように定期的なレッスンを受けたりコツコツと趣味に時間を費やすことは難しくなり、そういった大人に憧れてもなかなか続かないものですよね。

ですが、ディアゴスティーニは毎月購入するだけでなんとなく続けることができ、さらに豆知識も得られます。

その「ゆるさ」が、多くの人に支持されているのかもしれませんね。

ディアゴスティーニはどんな人に向いている?

 

今回はディアゴスティーニに対する声を調査しました。

ディアゴスティーニはイタリアに本社のある雑誌出版社であり、毎号購買して、コレクションを揃えたり模型を完成させたりする、というスタイルです。

ディアゴスティーニが向いている人は、次の通りです。

・コレクターの人
・趣味がなく困っている人
・模型が好きな人
・無理なく趣味を始めたい人
・豆知識を得たい人

ディアゴスティーニはコレクター欲のある人や、一気に模型を買って組み立てる時間はないけれど、少しずつチャレンジしたいという人には、最適な雑誌です。

鉄道模型などの乗り物系シリーズや映画やドラマなどのDVDコレクション、手芸のハンドメイドやキャラクター系などと幅広いジャンルを取り扱っているので、無趣味な人も興味が湧くものに出会えることでしょう。

コメントを残す