👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

新型デリカD6がひどい?顔がダサい?アウトドアには不向き、カッコイイなど評判を調査

新型デリカ(D6)ですが賛否あるようです。

今回はそんな声を調査しました。

新型デリカD6とは

新型デリカD6とは、三菱のSUBミニバンである「デリカD5」の新モデルです。

デリカといえば、三菱自慢のAWD機構と、堅牢な骨格構造による高い悪路走破性を兼ね揃えたミニバンとして、他とは一線を画してきたモデルです。

2022年の夏ころには登場間近とされていた新型デリカD6ですが、2022年11月23日時点では新型デリカD6が発売されたとの情報はありません。

新型デリカD6は、PHEV仕様になることは間違いないとされており、デザインもラリーアートのブランド展開の影響を直に受ける車種であることから、パリダカ仕様となる可能性が浮上しています。

新型デリカD6がひどい・ダサいとの口コミ1:顔がダサい?

 

デリカD5がフルモデルチェンジを行うとの情報が飛び交い、ついに新型デリカD6の登場かと思いきやディーゼルモデルのみのマイナーチェンジとなりましたが、ネット上には新型デリカD6の顔がダサいという口コミが寄せられています。

マイナーチェンジ後の新型デリカD5は、新型のディーゼルエンジンモデルと、フェイスリフトを行わずに併売するガソリンモデルを販売しました。

デリカD5のフルモデルチェンジが2019年に行われる予定であり、ネット上ではさまざまな噂が浮上しましたが、実際には縦型マルチLEDヘッドライトを搭載した大幅なフェイスリフトと、内装の質感アップ、安全装備にeアシストを採用して尿素SCRシステムや新開発の8速AT採用、油圧式ステアリングから電動パワーステアリングに変更したのです。

ビッグマイナーチェンジで進化したデリカD5ですが、エクステリアが大きく変化することで煌びやかな外観になると予測されていましたが、実際に寄せられている口コミには「これはひどい」という口コミが存在し、アルファードのような顔をデリカに付けた「オラオラ感漂う顔になってしまった」と残念に感じる人は少なくありません。

そのため、新型デリカの購入を検討していた人も躊躇してしまい、新型を買うなら前モデルか、フルモデルチェンジが発表されてからの購入にしようと、購入を見送ってしまう人が続出してしまったのでした。

新型デリカD6がひどい・ダサいとの口コミ2:アウトドアには不向き?

デリカD5がビッグマイナーチェンジを行い、フルモデルチェンジをした新型デリカD6の販売が気になるところですが、デリカD5がアウトドアには不向きとの噂が浮上し、新型デリカD6もアウトドアに不向きなのでは?との予測が行われています。

デリカD5の「アウトドア」に関する口コミは以下の通りです。

・今日はうちのデリカD5ちゃんの外岩デビュー日でしたん、アウトドアにピッタリな子だ。快適~最高~

・新型デリカD5はガッカリだよなぁ、アウトドア色が消えたデリカは存在自体が消えてしまうぞ

・デリカD5で似合わないアウトドアって何よ。てかアルファードなんかでバーベキュー来てるんじゃねぇよ。小石跳ねてご自慢のサイドスカートが傷だらけになるぞ

このように、デリカD5のアウトドアに関する口コミは数多く寄せられており、多くの人がアウトドアには不向きと感じていました。

デリカD5の内装は、今までのアウトドアな雰囲気から一変し、高級感あるラグジュアリーな路線へと変更されています。

また、ラゲッジスペースが狭いため、5人乗せることで荷物を積みきれない可能性が高く、荷物が多くなる場合には内装をカスタムして収納スペースを工夫するか、ルーフラックを取り付けるなどといった工夫が必要です。

アウトドア志向にも関わらず木目調の内装、トヨタのアルファードに似せた外装、少々狭いラゲッジスペースなどから、デリカD5はアウトドアには少々不向きであることが予測できます。

しかし、アウトドアには不向きと感じている人がいる一方で、全体的な評価は「アウトドアに最適」と高評価で、アウトドア志向であることは確かであるため、新型デリカD6もアウトドア志向である可能性が非常に高まりました。

新型デリカD6の良い口コミ:全体的にカッコいい

 

海外で撮影された写真が掲載され、「ついに新型デリカD6の登場か」との噂が浮上していますが、ネット上には「カッコいい」と評価する口コミが多く寄せられています。

掲載された写真はフルモデルチェンジではなく、ビッグマイナーチェンジとのことですが、車体は外板パネルやウインドー類などは変更しない一方で、フロントデザインを大幅に変更する予定で、同社最新のデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用し、迫力と精悍さを強調します。

さらに、ガソリンエンジンを「エクリプス クロス」で初採用した同社初のダウンサイジングターボとなる1.5Lターボに換装し、人気の2.2lディーゼルは引き続き設定、一方でプラグインハイブリッドシステムなどの電動パワートレーンは設定しません。

デリカは日本や海外でも既にイメージ画像は出回っており、多くの人が新型デリカD6を心待ちにしています。

公開されている情報や画像から、多くの人が「カッコいい」と称賛していることから、新型デリカD6が発売されることが決定した場合には、注文が殺到すること間違いないでしょう。

日産キックスがひどい?4つの売れない理由や購入すべき人の特徴を紹介日産キックスがひどい?4つの売れない理由や購入すべき人の特徴を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です