👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生がつまらない・ひどいのは話が中途半端だから?|ファンタビ2

ファンタビの第二作目となる「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」ですが、賛否両論でつまらない・ひどいと一部で噂されています。

今回はそんな噂の真相を調査しました。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生とは

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は第一作目の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続編であり、魔法界を脅かす新たな危機に際しニュート・スキャマンダーと若き日のアルバス・ダンブルドアがゲラート・グリンデルバルドに立ち向かうストーリーです。

グリンデルバルドはマクーザによる監視から大脱出をして見せ、凶悪なグリンデルバルドはさらに仲間を増やして目的の達成を目指します。

それは魔法使いによる人間界の支配であり、彼を止められる唯一の人物は彼のかつての親友であるアルバス・ダンブルドアでした。

しかし、ダンブルドアはかつてグリンデルバルドを阻止した元教え子ニュート・スキャマンダーの助けを必要としていて、ニュートは再びクイニーとポーペンティナ・ゴールドスタイン、そしてノーマジの友人ジェイコブ・コワルスキーと結束します。

魔法界がさらに分裂され危機が増していくにつれて、グリンデルバルドとの対決は忠誠心への試練となっていくのでした。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅がつまらない・ひどいと入れるのは展開が暗いから?|ファンタビ1ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅がつまらない・ひどいと入れるのは展開が暗いから?|ファンタビ1

つまらない・ひどいと言われる理由1:話が中途半端

ハリーポッターの原作者であるJ.Kローリングが自ら脚本を務め、待望の第二弾となった「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」ですが、実は話が中途半端で話の理解が難しいと言われているのです。

この映画は前作で死んだと思われたクリーデンスの出自を巡る物語となっていて、アルバス・ダンブルドアと黒い魔法使いの関係性が大きな見どころとなっています。

しかし、実際の映画の内容はクリーデンスの話が二転三転して話がややこしくなり、結果として何も解決せずに全ての謎は続編で解決しますという流れになってしまうのです。

シリーズ物なので話が中途半端に終わってしまうことは仕方ないことですが、前作の面々が出てきても特に何か活躍するわけでもなく、新たな登場人物にスポットが当たるわけでもなかったことから、自作を観させるための繋ぎにしか感じなかった観客は少なくありませんでした。

ラストが中途半端に終わるとしても第二作としての大きな動きを観客は求めていて、その期待に反して何もかもが中途半端であったことが、第二作がひどいと言われる大きな要因なのです。

つまらない・ひどいと言われる理由2:話の構成が不出来

第二作である「黒い魔法使いの誕生」は前作を蔑ろにした作品であると、不評が相次いでいます。

第一作の「魔法使いの旅」はファンタジー世界での魅力や起用する俳優陣にCGの力も圧倒的であり、魅力ある作品になりました。

しかし、もちろんいくつかの欠点もあり、「主人公の視点を何度も映すのにも関わらず、主人公になかなか関与しない」「収拾がつかなくなるとキャラクターを無理に動かす」などといった欠点も浮かび上がりました。

そして、ファンタスティック・ビーストファンは第二作では面白さを保ちつつその欠点を補う作品になると期待し、映画館に足を運んだのです。

ところが第二作目は、シリーズ物ということもあって長編映画にしたいがためにあまりにも間違った構成で、見せ方の下手さ加減が際立ってしまい、前作の欠点を自ら露にする形となってしまったのでした。

「第一作目の面白さを半減している」との不評が相次ぎ、第二作目では前作で築き上げたニュートの成長と別れの物語を完全にリセットした、なんとも不誠実で残念な結果となってしまったのです。

つまらない・ひどいと言われる理由3:全くファンタスティックではない

ハリーポッターシリーズということもあり、新しい主人公や時代、ストーリーが描かれる本作に、どのようなファンタジー世界が繰り広げられるのか、ハリポタファンもそうでない人も期待に胸を膨らませた、待望の二作目となりました。

しかし、実際にファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生を観た人からは「全くファンタスティックじゃない」との意見が多く挙がっているのです。

まず、全然ファンタスティックじゃないと感じる場面は2つあり、1つ目は「クイニーがグリンデルバルド側についたこと」という所です。

第二作目で重要となるのはクイニーがグリンデルバルド運営側についてしまったことですが、この過程の説明があまりにも不十分でお粗末すぎたことから観客からは「理解が難しい」「もう少し丁寧に描いて欲しい」などと不満が飛び交いました。

二つ目の問題点は「ナギ二とクリーデンスの関係性」です。

ナギ二とクリーデンスは恋人関係になるのですが、この二人の感情が全く見えないことから「結局関係は何なの?」という疑問が浮かび上がり、不明要素がたくさんありすぎて、観客は理解が出来ませんでした。

このように、長編映画であるがゆえに一作一作に盛り込みたい物が多すぎたことで、説明が不十分となり理解が難しく、結果「意味が分からない映画」となってしまうのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。