👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

ゲド戦記がひどい?面白い?他のジブリ作品に劣る、薄っぺらいなどの声はなぜ?

今回はゲド戦記に対する声を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

ゲド戦記とは

スポンサーリンク

 

ゲド戦記とは、アーシュラ・K・ル=グウィンさんの小説「ゲド戦記」の主に第3巻の「さいはての島へ」を原作とし、また宮崎駿さんの絵物語「シュナの旅」も原案とした長編アニメーション映画です。

この世で最初の言葉を話したセゴイによって海中から持ち上げられ創られたと伝えられる、太古の言葉が魔法を発揮する多島海(アーキペラゴ)、アースシーを舞台とした魔法使いゲドの物語となっています。

スポンサーリンク

ゲド戦記が「ひどい」との声はなぜ?

 

2006年に公開された宮崎吾郎さん初監督映画「ゲド戦記」。

世界中から愛されるファンタジー傑作とはあまりに違う展開にネット上では「ひどい」といった声が挙がっているようです。

そこで、ゲド戦記に対するネガティブな声を紹介します。

分けて映画化するべき?

ゲド戦記の映画の批評がひどいですけど、 一巻の『影との戦い』から6巻までを6回に分けて映画化したほうが、 よかったんじゃないですか?

(引用:Yahoo!知恵袋)

物語が凝縮し過ぎているとの意見が挙がっています。

分けて映画化するべきとの意見も少なくなく、2時間ほどの上映時間に原作をギュッと詰め込むことの難しさを痛感しますね。

スポンサーリンク

他のジブリ作品に劣る?

(引用:Yahoo!知恵袋)

他のジブリ作品と比べてしまい、劣っていると感じている人もいるようです。

本作は宮崎吾郎さん初監督映画ということもあり、多くの人が期待していたことが伝わりますね。

公開当時は「千と千尋の神隠し」や「ハウルの動く城」なども公開された後で、宮崎駿さんが世界的に活躍するアニメーション映画監督として、大きな映画賞などを獲得し実績などを残した直後というタイミングでした。

そんな中での息子さんのデビュー作ということで、良くも悪くも宮崎駿作品と比べる形で、その仕上がりに注目があつまりました。

監督デビュー作品が、日本を代表するアニメーション映画監督と比べられてしまうのは、中々厳しい事態でしたが、その特殊な境遇ゆえに、強く宮崎駿監督と比較されてしまうのは仕方がないかもしれませんね。

物語の構成の仕方、絵の美しさという点でも「他のジブリ作品に劣る気がする」との意見があるようですが、中には「良かった」「面白かった」という高評価な意見もあるので、観る人の好みや価値観も関係していることが分かります。

内容が薄っぺらい?

結局、「ゲド戦記」って、何がつまらないと思いますか? ・・・・・ ユーモアが無くてテンポが悪い。 キャラが死んでいる。(精神的に) というか、素人が作ったような薄っぺらさ。 ・・・・・ 今、観返してみると、ちょっとは分かるけど、 公開当時に、楽しめた人は少ないですか?

(引用:Yahoo!知恵袋)

内容の薄っぺらさを指摘しているようですね。

ゲド戦記シリーズは、アメリカの作家アーシュラ・K・ル=グウィンさんの手によるファンタジー文学の金字塔です。

アースシーという、架空の多島海世界を舞台に、魔法使いのゲドの若き日から壮年期、そして晩年までが描かれた壮大な物語。

ゲド戦記の最大の特徴は、自分は敵、自分の内にあるよいう人間の内面的な葛藤を、ファンタジー世界の中に描きだしたことにあります。

原作の評価は世界的にも高かったため、その期待値の高さから原作との違いや構成に否定的な意見が集中してしまったのでしょう。

スポンサーリンク

ゲド戦記の良い口コミ1:ストーリーが面白い

 

ゲド戦記は2006年7月29日に公開されたスタジオジブリ製作のアニメーション映画であり、監督は宮崎駿監督の息子である宮崎吾郎監督。

公開以来話題作となり、興行収入は76.9億円を記録した大ヒット作品となりました。

そこで、ゲド戦記の物語について簡単に説明します。

魔法使いが存在する世界。

竜とは世界を踏み分けたはずが、その竜が人間の世界へ現れ共食いを始めたり、魔法使いが力を失ってしまったりと、何者かによって世界の均衡が失われ始めていました。

そんな中、エンラッド王国の王子、アレンは精神を病んでおり、衝動的に国王である父を刺してしまします。

そして国を逃げ出したアレンは、途中で狼たちに襲われてしまうのです。

そこへ、世界の異変の原因を探るべく旅をしていた男・ハイタカが現れアレンを救います。

これも何かの縁と、ハイタカはアレンと行動を共にし、腐敗が進む街ホート・タウンへやってきます。

こうして出会った2人は、世界の不均衡の原因へと迫っていくのでした。

ゲド戦記ではアレンのように自分の闇の部分を受け入れることで、光の部分と同化し、前進していける、ということを描いています。

親や友人、先生など、アレンと同じ同年代のティーンズにとっては人間関係から自分の負の部分を自覚することが多くなっていくことでしょう。

つい自分を責めてしまったり、自暴自棄になってしまうということもありますが、ゲド戦記はそういった衝動も認めながら、自分を受け入れていくことの大事さを語っています。

このような重厚なストーリーと、また全ての人に共通・共有される奥深いテーマが組み込まれているのです。

スポンサーリンク

ゲド戦記の良い口コミ2:キャラクターや風景が良い

 

ネガティブな声が挙がっている一方で、風景やキャラクターに対して高評価な声が多数寄せられています。

幻想的な風景

竜の姿もそうですが、全てのキャラクターが登場する場面の景色がとても幻想的で、その幻想風景の中を躍動するキャラクターの在り方もとても新鮮で魅力的に映ります。

色々な場面に移り変わるストーリーを観ても、その幻想をベースに敷いた美しさは健在であり、たとえストーリー背景が残酷なものでもその美しさを持つ夢の世界観がフォローするような、後味の良い作品となっています。

キャラクターの立場が現代を風刺している

ゲド戦記に登場するキャラクターの立ち位置と環境は、なぜか現代人のそれに深く共通しているようです。

現代の人間に課された悲しさのようなものが「1人の人生」を舞台にし、人それぞれの運命によって形を変えていくような豊かな感動を秘めているようです。

また、キャラクター同士のつながりも魅力の1つです。

それぞれのキャラクターが織りなす関係模様の深みが、ストーリーが進むにつれて浮き彫りになり、またその浮き彫られたキャラクターそれぞれの存在が「自分の生き方や人生の末路」について考えだします。

ゲド戦記は単純に言えば「現代」を上手く把握しており、その当時に多くの人が煩っていた心の孤独のようなものを、純粋・素朴に描いていることが分かります。

このような、深くストレートにテーマを打ち出した作品はこれまでのジブリ作品にはなかなか得られず、視聴対象は子どもだけでなく大人に向けられているような、斬新な傾向も見受けられるのでした。

ゲド戦記はどんな人に向いている?

今回はゲド戦記に対する声を調査しました。

ゲド戦記は2006年7月29日に公開された映画であり、アーシュラ・K・ル・グウィンさんの小説「ゲド戦記」の主に第3巻の「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿さんの絵物語「シュナの旅」を原案とした宮崎吾郎初監督作品です。

公開以来話題作となり、興行収入は76.9億円を超え、国内だけでなく海外からも高い評価を得ました。

幻想的な風景やそれぞれのキャラクターの立ち位置も見どころであり、アニメの世界らしからぬ現実的で、重圧なストーリー軸となっています。

本作への批判を見ると酷評が寄せられているようですが、子どもや大人も楽しめる作品であり、幅広い年代から愛される映画であることは間違いありません。