👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

はらドーナツの閉店理由とは? 他事業への注力、立地の問題など原因を調査

はらドーナツの閉店理由が気になったので調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

はらドーナツとは

 

はらドーナツとは、豆乳やおからなどを材料に使用したドーナツの製造・販売する企業であり、2008年5月に神戸市兵庫区に神戸本店をオープンしました。

本店近くのマルシン市場で1968年から営業している原とうふから豆乳・おからなどの主な素材を仕入れ、国産の天然素材を厳選して使用し、プレーンドーナツ「はらドーナツ」を始め、チョコや丹波黒豆きなこ、季節のフルーツを使ったものや日替わりのドーナツなど、多種のドーナツを販売しています。

食作りの基本である「美味しく、安心して食べていただける」というシンプルなコンセプトが目標であり、防腐剤や保存料は一切使用していません。

はらドーナツの閉店する店舗が多い理由とは

 

防腐剤や保存料を一切使用しておらず、安心して食べることができると話題になったはらドーナツですが、ネット上では大量閉店を不安視する声が相次いでいます。

ヘルシーなドーナツとして人気を集めたはらドーナツですが、閉店の理由は挙がっておらず不明です。

そこで、考えられるはらドーナツの閉店理由を紹介していきます。

立地や人材の問題

飲食業界では立地条件の悪さや人手不足が理由で閉店する店舗も少なくありません。

立地が悪いと客足が減少するといった問題が浮上し、人手不足が進むと営業時間を短縮する、定休日を設けるといった対応が必要となり、結果経営困難な状況へと追い込まれるのです。

2023年4月時点では、ルミネ北千住店、武蔵小杉東急フードショースライス店、パセオ札幌店、川崎アゼリア店、横浜ジョイナス店などと、閉店店舗が相次いでいます。

閉店理由は不明ですが、近隣に競合店舗ができたといった理由で客層を取られてしまったということも考えられるでしょう。

コンビニスイーツが充実

近年ではコンビニでドーナツを含めた本格的なスイーツやお菓子を手軽に買えるようになったうえ、有名パティシエの監修もあり、クオリティが高まっていることも逆風となった可能性があります。

他の事業に力を注いでいる

はらドーナツを展開する株式会社フジオフードシステムは、はらドーナツ以外にもさまざまなブランドを展開しています。

メインブランドの「まいどおおきに食堂」や「串家物語」、「かっぽうぎ」や「ピノキオ」、サブブランドでは「かつ満」や「ザ・どん」、「天麩羅 えびのや」や「フジオ軒」など多岐に渡ります。

多くのブランドを取り扱っていることから、他の事業を拡大することからはらドーナツの規模を縮小したということも考えられますね。

このように、はらドーナツの閉店理由をいくつか挙げましたが、これらはあくまでも推測なので、事実とは異なることをご了承下さい。

はらドーナツの良い口コミ1:見た目が可愛い

 

神戸発のはらドーナツは、「見た目が可愛い」と絶賛の声が相次いでいます。

はらドーナツではプレーンの「はらドーナツ」や「サトウキビ」の他にも、季節限定メニューやお野菜メニューなどさまざまなドーナツを展開しています。

季節限定メニューのドーナツは色合いも鮮やかであり、食べるのがもったいなく感じてしまうクオリティです。

そんな可愛いドーナツを展開しているはらドーナツですが、特に可愛いと人気を集めているのが、はらドーナツのコラボメニューです。

はらドーナツでは定期的にコラボ商品を販売しており、人気キャラクターや人気ドラマなどとも度々コラボをしており、その商品の可愛さが高く評価されています。

過去に人気を集めていたのが、人気キャラクター「ほわころくらぶ」とのコラボ企画であり、4種類のドーナツが期間限定で販売されました。

SNSでは「可愛い」「食べたい」といった声が相次いで寄せられ、近くに店舗がなく購入できない人からは悲しみの声も寄せられました。

2023年4月時点では、コラボ商品が販売されるといった情報は浮上しておらず、コラボ企画は未定ですが、気になる方はぜひ公式ツイッターアカウントをチェックしてみて下さい。

はらドーナツの良い口コミ2:安心して食べられる

 

はらドーナツは「美味しく、安心して食べていただける」をコンセプトとしており、防腐剤や保存料を一切使用していません。

そのため、素朴で懐かしい味わいとなっていて、子どもの頃にお母さんが手作りしてくれたような懐かしい味わいのドーナツに仕上がっています。

スタッフが一人ひとり手作りで作っているのも安心できるポイントであり、たくさん食べても罪悪感を感じにくいドーナツですね。

そこで、はらドーナツのおすすめドーナツを4つ紹介します。

1.はらドーナツ

はらドーナツは王道のプレーン味であり、オカラと豆乳をたっぷり使用したヘルシーなドーナツです。

素朴な味わいですが、もっちりとした食感がクセになります。

ヘルシーなので子どものおやつにも最適です。

2.チョコ

ドーナツとチョコの相性が抜群です。

ビターでほんのりと感じられる甘みが人気の商品です。

3.丹波黒豆きなこ

おからと豆乳を使用したもっちりドーナツのきなこ味です。

丹波産の黒豆の豊かな風味が口の中に広がります。

4.コウチャ

天然香料特別栽培のアールグレイの茶葉を混ぜ込んでおり、芳醇な香りを楽しめます。

この他にも、ホワイトミルクチョコを使用した「ホワイトチョコ」、すっきり爽やかな風味が人気の「レモンティー」、特別栽培のシナモンを贅沢に使用した「特別栽培シナモン」など、ラインナップが充実しています。

また、旬の野菜を使用したお野菜メニューもあるので、野菜嫌いな人もはらドーナツのお野菜メニューを食べれば、野菜嫌いも克服できること間違いありません。

はらドーナツはどんな人に向いている?

 

今回は、はらドーナツの閉店理由について調査しました。

はらドーナツは「美味しく、安心して食べていただける」をコンセプトとしており、スタッフが一人ひとり丁寧に毎日手作りしています。

防腐剤や保存料を一切使用しておらず、子どもから大人まで安心して食べられるのが魅力的ですね。

プレーンや黒豆丹波きなこ、チョコの他にもレモンティーやケシの実、さらには旬の野菜を使用した期間限定ドーナツなど、豊富なメニューを取り揃えています。

「ドーナツが好きだけれど添加物が気になる」、「子どもに身体に良いドーナツを食べさせたい」といった声に寄り添ったドーナツであり、幅広い世代から愛され続けています。

コメントを残す