👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

中学校の保健体育の教科書がやばい?2つの理由や学ぶ重要性を紹介

中学校の保健体育教科書に対して、「やばい」との声が上がっているようです。

どんな声が上がっているのか調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

中学校の保健体育の教科書がやばいとの声はなぜ

スポンサーリンク

これは主に以下の2つの理由が関係していそうです。

理由1:教科書の内容がやや過激

教科書の内容が一部で「過激」と感じられる理由として、特にLGBT(心と性別が一致しない人)や性教育に関する記述が挙げられます。

令和3年度の中学校保健体育教科書では、性の多様性に関する説明が具体的かつ詳細に記載されています。

例えば、LGBTの概念を紹介する際に、「同性婚」や「性自認」の説明が詳しく書かれており、これが一部の保護者や生徒から過激と捉えられることがあるのです。

この教科書には、LGBTに関する内容として、「相手」という言葉を用いて、多様な性の在り方に対応する工夫がされています。

具体的なシナリオを通じて、LGBTの人々が直面する課題やそれに対する理解を深めることを目的としています。

例えば、「もしクラスメートがLGBTであることをカミングアウトしたらどう対応すべきか」といったシナリオが紹介されており、生徒たちが実際の場面でどのように対応するべきかを考える機会を提供しているようですね。

さらに、性教育に関しては、性行為や避妊の方法、性感染症の予防についても詳細に説明されています。

これにより、生徒が自分の身体や健康について正しい知識を身につけることが期待されていますが、一部の保護者からは「中学生には早すぎる」との声も聞かれます。

特に、避妊方法の具体的な説明や性感染症に関する詳細な情報が、一部の保護者にとってはショッキングであるため、教科書の内容が過激と感じられるのです。

また、がん教育についても、がんの種類や治療法に加え、患者の心理的サポートの重要性についても触れられています。

これらの内容は、実際の医療現場の事例を基にしており、生徒がより現実的な視点で健康問題を考える手助けとなります。

しかし、このように具体的で詳細な情報が含まれているため、一部の読者にとっては内容が過激と感じられることがあるのです。

スポンサーリンク

理由2:視覚的に不快な画像や表現

中学校の保健体育の教科書に掲載されているイラストや写真が不適切であるとの指摘があります。

具体的には、AEDの使い方を説明するイラストが「黒魔術で悪魔を召喚しているように見える」というコメントがありました。

これは、AEDを使用する人物のポーズや表情が不自然で、まるで魔術的な儀式を行っているかのように見えるためです。

また、応急処置に関するイラストでも、人物が取るポーズが過剰に劇的であるため、一部の生徒にとっては不快感を覚えることがあります。

例えば、人工呼吸のシーンでは、施術者の顔が過度に強調されており、まるで恐怖映画の一場面のように感じられることがあります。

これらの視覚的表現は、教育目的であるにも関わらず、生徒に恐怖や不快感を与える可能性があります。

そのため、教科書制作においては、視覚的なデザインやイラストの選定において、より慎重な配慮が求められます。

一方で、教育的なイラストは情報をわかりやすく伝えるために重要です。

しかし、表現が過度に不自然である場合、本来の目的である教育効果が損なわれることもあります。

例えば、相撲を取り扱うシーンでのイラストが、性的なニュアンスを含んでいると受け取られたケースもあります。

スポンサーリンク

中学校における保健体育の重要性って?

中学校での保健体育は、生徒の健康管理と社会的スキルの向上に重要な役割を果たしています。

特に感染症の予防や正しい生活習慣、ストレス管理などの知識を提供し、生徒が日常生活で自分の健康を守るための具体的な行動を学ぶ場となっています。

これは、コロナウイルスのパンデミックのような状況で特に重要です。教科書では、感染症の予防方法や回復について具体的な事例と共に学ぶことができます。

保健体育の授業では、グループでの活動やチームスポーツを通じて、生徒はコミュニケーション能力や協力する力を養います。

例えばバスケットボールやサッカーのチームプレーでは、互いに助け合いながら目標を達成する方法を学びます。

これにより、将来の社会生活で必要となる協調性やリーダーシップのスキルが身につきます。

また、いじめに関する教育も重視されており、いじめを防ぐための具体的な方法や相談窓口についても教えられています。

現代社会の多様な価値観を理解し、共生するための教育も重要です。

教科書には、LGBTや性の多様性に関する記述が含まれており、生徒が他者の価値観や生き方を尊重する姿勢を学びます。

「性の多様性について」というセクションでは、性別に関わらず「相手」という言葉を使うことで、多様な性の在り方を自然に受け入れる教育が行われています。

さらに、保健体育は生徒が災害や事故に対する適切な対応方法を学ぶ機会でもあります。

地震や火災が発生した際の避難方法や応急処置の方法について、教科書には具体的な手順や図解が掲載されています。

これにより、生徒は緊急時に冷静に対応するための知識とスキルを身につけることができます。

中学校の保健体育は、生徒の全人的な成長を支える重要な教科であり、様々な観点からの教育が必要です。