👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

ハローちびっこモンスターの最終回?終了理由?誤解される背景や人気の秘密を調査

今回は「ハロー!ちびっこモンスター」について調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

ハロー!ちびっこモンスターが終了?噂はなぜ

スポンサーリンク

 

育児にまつわるママやパパの悩みを、2児の母で放送作家の野々村友紀子さんと、現役保育士で育児の専門家として活躍するてぃ先生が、とっておきのアドバイスで解決へ導く番組「ハロー!ちびっこモンスター」ですが、検索結果に「終了理由」というワードが出てくるようです。

実際には、2024年6月時点では放送は終了していないようなのですが、なぜそのような噂が挙がったのか気になります。

調査すると、次のような声もあるようです。

子どもが暴れすぎて放送事故?

「ハロー!ちびっこモンスター」が「放送終了」と言われる理由の一つ目に「子どもが暴れすぎて放送終了」という声があります。

子どもはわんぱくで暴れたりわがまま言いたい放題ですよね。

しかし、可愛い我が子でも限度があるものであり、暴れん坊の子どもにお手上げ状態の親はたくさんいます。

番組では、物の取り合いでケンカが絶えない兄弟や欲求が爆発する子どもなど、様々な子どもが取り上げられているのですが、多くの視聴者から「これは大変だ」と親に同情の声が寄せられたエピソードがあります。

それは2024年4月2日に放送された「家が壊れる!?わんぱくボーイと筋肉パパ」です。

このエピソードは、4歳のわんぱくな男の子とボディビルダーの筋肉パパが家の中で大暴れする様子が映し出されていて、テーブルの上に乗ったり、ソファーで飛び跳ねたりと、親は「このままでは家が壊れる」と心配そうな表情をしています。

番組を観た視聴者からは「大変そう」「地獄」などといった声が寄せられており、同じ子を持つ人でも想像を絶する大変さであることが分かります。

子どもは4歳にもなると身体も心も成長してきて、それまでとは癇癪(かんしゃく)の程度も変わってくるのだとか。

身体も大きくなり運動機能も発達して動くことができる範囲やできることが増えてくるので、今まで以上に暴れん坊になりますよね。

番組では、「元気なのは良いけど、このままでは家が壊れてしまう」というママとパパの悩みに対して、てぃ先生が楽しくできる3つの対処法を伝授してくれます。

コツは「どうやってやめさせるかではなく、どうやって身体を使いたい気持ちを叶えてあげるか」です。

親は子どもがダメな行動をしているとすぐに叱ってしまいがちですが、ダメな行動を叱るのではなくやっていないときに褒めることが大切です。

すると、子どもたちはソファに乗って飛び跳ねずに家の中で過ごすことができました。

「え?そんなことで?」と思うようなことですが、てぃ先生の言うとおりに実践すると見違えるほどに子どもの様子が変わります。

叱ることをやめることはとても難しいですが、褒めながら育てる方法を実践してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

子なしにとってはつまらない?

「ハロー!ちびっこモンスター」が「放送終了」と言われる理由の二つ目に「子なしにとってはつまらない」という声があります。

この番組は、育児にまつわるママやパパの悩みを、2児の母で放送作家の野々村友紀子さんと、現役保育士で育児の専門家として活躍するてぃ先生がとっておきのアドバイスで解決へ導く番組であり、子どもを持つ家庭からは「とてもタメになる」と高い評価を獲得しています。

しかし、子どもがいない人にとっては関係のない悩みであり、興味の湧かない番組との声があるようです。

確かにママやパパの子育ての悩みを解決するという内容は、子どもがいない人にとっては関係ないですよね。

むしろ、子どもが欲しいと思っていてもなかなか妊娠できない、出産まで至らないという人にとっては苦痛の番組に感じてしまう人もいるでしょう。

2024年6月5日の厚生労働省の発表によると、2023年の出生者数は72.7万人と前年比4.3万人減少し、過去最低水準を更新しました。

また、合計特殊出生率は、1.20と2022年の1.26からさらに低下したのだそう。

都道府県別の合計特殊出生率は、全ての都道府県で前年を下回り、東京都では0.99とついに1を下回る結果となりました。

団魂ジュニア世代の若年人口が急激に減少する2030年代に入ると、少子化傾向はさらに加速することが予測されていて、日本のさらなる少子化対策が必要不可欠となります。

子どもを敢えて持たない人(夫婦)の理由は次の通りです。

・子育てや教育にお金がかかりすぎるから

・高年齢で産むのは嫌だから

・これ以上育児の心理的、肉体的負担に耐えられない

・健康上の理由から

・自分の仕事に差し支えるから

・夫の家事育児への協力が得られないから

子どもを作らない人の理由の多くは「経済的な理由」を挙げている人が多く、自分の老後の心配でいっぱいいっぱいと感じている人はたくさんいます。

「ハロー!ちびっこモンスター」では、子どもたちの言動に悩むママやパパの様子が映し出されています。

子どもを持たない人にとっては、わんぱくな子どもたちの様子に経済的は不安だけでなく、身体的・精神的にも不安を抱いてしまうかもしれませんね。

しかし、「ハロー!ちびっこモンスター」の口コミを確認すると「子どもいないけど面白い」「子どもの可愛さに気付いた」など、子どもがいない人でも観ている人がたくさんいることが分かりました。

番組を観て子どもに対する意識が変わったという人もいるようで、番組を観て「子ども欲しい」と感じるようになった人も少なくありません。

子どもを持つということは想像以上に大変ですが、大変さ以上に楽しさもあります。

「子どもがいないから」と番組を観ない人や「子どもが嫌い」という人は、ぜひ「ハロー!ちびっこモンスター」を観てみてくださいね。

子どもに対する見方が180度変わる可能性がありますよ。

時間帯が微妙?

「ハロー!ちびっこモンスター」が「放送終了」と言われる理由の三つ目に「時間帯が微妙」という声があります。

「ハロー!ちびっこモンスター」はNHK(Eテレ)で放送されている育児情報番組であり、毎週火曜日19時~19時30分に放送されています。

以前は、水曜日19時25分~19時55分に放送されていたようですが、変更されたようですね。

放送される時間は夜の19時であり、プライムタイムとなります。

そのため、「ハロー!ちびっこモンスター」が放送される時間はとても観やすい時間帯であることが分かります。

しかし、共働きの家庭にとっては忙しい時間帯でもあるのではないでしょうか。

また、視聴者の大多数がママやパパですが、「パパの帰宅時間が遅くて観られない」「パパに一番観て欲しい」との声も挙がっており、仕事で帰りが遅くなるパパに観て貰えていない家庭も多いことが分かりました。

「ハロー!ちびっこモンスター」は、ママとパパが育児に奮闘する姿が映し出されていて、観ているだけでもママやパパの頑張りがひしひしと伝わります。

普段仕事が忙しくなかなか育児に参加してくれないパパにとって、とてもいい刺激になる番組であり、できれば家族全員で観て欲しい番組です。

放送時間は毎週火曜日の19時から(再放送は木曜日16時10分から)となっていますが、随時再放送もされていて、YouTube動画も挙がっています。

放送時間帯は忙しい人は、ぜひNHKのYouTubeチャンネルを観てみてくださいね。

このように、「ハロー!ちびっこモンスター」には様々な声が挙がっていることが分かりました。

「放送終了」と言われている「ハロー!ちびっこモンスター」ですが、実際には放送は終了しておらず、現在も毎週火曜日に放送されています。

育児に悩んでいる人はぜひ観てみてください。

スポンサーリンク

ハロー!ちびっこモンスターとは

 

「ハロー!ちびっこモンスター」とは、育児がもっと楽しくなる、新感覚の子育てバラエティ番組です。

育児にまつわるママとパパと悩みを2児の母であり放送作家の野々村友紀子さんと、育児の専門家で現役保育士として活躍中のてぃ先生が、とっておきのアドバイスで解決に導きます。

育児に手のかかる幼い子ども「ちびっこモンスター」を、パパが一人でお世話に奮闘する様子をモニタリングし、パパはてぃ先生のアドバイスに従って問題点を解決していきます。

放送日は、毎週火曜日19時〜19時30分の30分間です。

スポンサーリンク

ハロー!ちびっこモンスターはどんな人に向いている?

 

今回は「ハロー!ちびっこモンスター」に対する声を調査しました。

「ハロー!ちびっこモンスター」とは、NHK Eテレで毎週火曜日19時より放送されている、育児がもっと楽しくなる新感覚の子育てバラエティ番組です。

「ハロー!ちびっこモンスター」が向いている人は、次の通りです。

・子育て中のママ・パパ
・子育てに悩んでいる人
・癒されたい人
・子どもとの関わり方を見直したい人

「ハロー!ちびっこモンスター」は子育てに悩むパパ・ママはもちろん、癒されたい人など多くの人におすすめの番組です。

天真爛漫な子供たちの姿は見ているだけで心が温まり、子育ての大変さも忘れさせてくれます。

ぜひ一度観てみてくださいね。

参考 てい先生の炎上理由は?怪しい・嫌いの声はなぜ?ピアノの習い事を勧める理由についても調査 | きになーる!きになーる!