👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

真犯人フラグ|ママ友の菱田朋子が怖い!恐怖を感じる理由を紹介

真犯人フラグで出てくる同じ団地に住むママ友である菱田朋子ですが、何かを隠していることはわかりますよね。

それを隠すように凌介に接近してきますが、その行動が怪しすぎたり怖いと話題です。

ママ友の菱田が怖い理由 1 :失踪後に妙に凌介に接近しているのが怖い

炊飯器失踪事件後に1人になった凌介の元にひつこいくらいに接近していますよね。

  • カレーなどご飯を作りすぎたからといって食べさせようとする
  • 勝手に自宅に上がって筑前煮を作って振る舞う

不自然すぎて怖いなって感じます。

ママ友の菱田が怖い理由 2:DNA鑑定の話をしているシーンが怖い

DNA鑑定の話をしている様子って怖かったですよね。

妻・真帆に不倫の相談をされていたと話していましたが、、それを隠しもせず面白げに旦那の凌介に話すなんて怖すぎます。

真帆は当時、光莉の中学受験のことで悩んでおり、単身赴任中の凌介にわかってもらえなかった不満からも林と一時的に不倫関係にありました。

真帆としては本当に後悔しているようですが、サッカーの上手な様子からも凌介ではなく、大学時代にサッカーで活躍していた林の血を引いたのではと疑っていました。

篤斗の本当の父親が誰かを知るために取り寄せたDNA鑑定キットでしたが、そのシーンを話す菱田も相当怖かったですね。

ママ友の菱田が怖い理由 3:押し入れを必死に隠し、清明をなだめているシーンが怖い

習字セットを探していた息子の清相が家の押し入れを探していて、中に何か恐ろしいものがあることに気づくシーンがありました。

その清相に対して「シー。」と話さないようになだめるシーンも怖かったですね。

ママ友の菱田が怖い理由 4:林と真帆の写真を見ているシーンが怖い

住宅メーカーの林と妻・真帆が一緒に写っている写真がリークされた後に、その画像を菱田が見ているシーンがあったのですが、よく見ると当日の真帆と同じ服を着ているのです。

限定品の赤い傘を含め、真帆と同じものを多く集めておりかなり怖いですよね。

ママ友の菱田が怖い理由 5:勝手に自宅に上がって柚子湯を用意した

9話の途中で凌介が家に帰ると誰もいないはずの家なのに「お風呂が沸きました」と機械音がなりましたね。

それだけでも怖いのに、恐る恐るお風呂場の電気をつけて中を見ると、たくさんのゆずが入ったお風呂が用意されていました。

後ろには菱田がいて、料理がダメならお風呂と言っていて「どういう神経しているかな…。」って怖くなりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。