👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

市川海老蔵が嫌いな人が多い3つの理由とは?歌舞伎の世襲制が嫌われてしまうのかも調査

歌舞伎だけではなく何かとメディアに取り上げられる市川海老蔵さんですが、一部の視聴者から嫌われているようです。

どうしてそんな声があがってしまうのか調査しました。

市川海老蔵が嫌われてしまう理由1:女遊びが激しい

歌舞伎役者であり、二人の子どもの父親でもある市川海老蔵さんですが、過去には女遊びが激しく、女性遍歴がとても多いと言われていました。

女性関係でのスキャンダルが絶えず、歌舞伎一家の跡取りとして世間からは注目の的となり「長すぎる反抗期」と言われる時期もあったほどです。

過去のスキャンダルといえば、歌手であった日置明子さん、女優の松たか子さんや米倉涼子さん、佐藤江梨子さんなど、数々の美人芸能人との交際だけでなく、隠し子騒動も浮上し、世間は困惑しました。

その後もAV女優や元テレ朝社員、女優である高岡早紀さんとのスキャンダルが報道され、2009年11月故 小林麻央さんとの交際が発覚し、2010年3月に結婚する運びとなりました。

結婚後は落ち着いたと思われた市川海老蔵さんですが、実は結婚後も女性関係にはだらしなかったようで、故 小林麻央さんは度々悩んでいたのです。

二人の子どもの良き父親であり、故 小林麻央さんとの闘病生活で市川海老蔵さんの女性関係は落ち着いたように見えましたが、小林麻央さんが亡くなった後には「多重交際」をしているとも報じられて話題となりました。

このように、女性スキャンダルが絶えないことに世間は理解が出来ず、市川海老蔵を嫌う大きな要因となってしまっているのです。

市川海老蔵が嫌われてしまう理由2:横柄な態度

故 小林麻央さんへの献身的な介護をしてきたことで、世間から一躍良い人というイメージに変わった市川海老蔵さんですが、一部の人からは「横柄な態度が忘れられない」と不評なイメージが強すぎて好きになれないとの意見がありました。

若かりし頃の市川海老蔵さんといえば、歌舞伎役者の中でも1、2を争うほど態度や性格が悪いと言われていて、機嫌が悪いとスタッフへの態度があからさまに悪くなるのは業界でも有名な話であり、特にお酒でのトラブルが多く元暴走族の男性から暴行を受け、左頬骨の陥没骨折や前歯の損傷など大けがを負ったこともあり、世間を騒がせていました。

また、態度だけでなく口も悪いことで有名であり、飲みに行っても出禁になることも多かったようで、お店のお客さんに失礼なことを言ったり、お酒を飲んで酔っぱらうと「俺は人間国宝だ」などと発言し、かなり面倒くさい人になってしまうのです。

若かりし頃はお酒を飲んでいなくても態度が悪かったようですが、年齢を重ねていったことで、少しずつ落ち着いていったと言われています。

しかし、若かりし頃の態度の悪さがあまりにも強烈であったため、世間のイメージを払拭することが出来ず、未だに市川海老蔵さんは横柄だと思われてしまっているのです。

市川海老蔵が嫌われてしまう理由3:見た目が怖い

坊主頭できりっとした目が印象的な市川海老蔵さんですが、一部の人からはその見た目が怖くて嫌いという意見があがりました。

市川海老蔵さんは日々食事制限や体力作りなどで身体を鍛えているため体格が良く、同性からは「かっこいい」「羨ましい」などとと好評なのですが、女性からは体格が良く坊主姿で、さらに目力があることで怖い印象を抱いている人が多く、怖い印象が強いと言われていました。

また、顔立ちがはっきりしていることで怖がられてしまうのもありますが、市川海老蔵さんは態度や口が悪いことでも有名であり、その素行がより怖い印象を造り上げてしまっているのです。

「顔立ちがガラの悪い人間」との意見も多く、顔立ちがはっきりしていて坊主姿というとこから裏社会の人間のような印象を抱いてしまっている人が多いのですが、実際に過去に起きた「灰皿でお茶を飲ませようとした事件」が世間にはとても衝撃的であり、結果、顔立ちがガラの悪い人間と言われてしまうようになってしまったのです。

過去の素行を拭うことが出来ず、はっきりとした顔立ちが相まって世間にはまだまだ怖い印象が根付いていますが、最近では二人の子どもの父親として子煩悩な姿をブログでアップしていることから、世間からは少しずつ子煩悩な良いパパといいう印象が広がってきています。

なぜ歌舞伎の世襲制のことを嫌う人がいるのか?

歌舞伎や能、狂言などの日本の伝統芸能は世襲制が多く、世襲制であることに納得がいかない人も多く存在します。

世襲制であると、跡を継ぐことが期待され、職業を自由に選ぶことも出来ず、海外に移住したいなどの夢も叶いません。

また、体調不良など普通なら休まなければいけない状態であっても休むことは許されず、世襲制であることで無理を強いられ、数々のことを我慢し、耐えづづけなくてはならないのです。

そして、世襲制には才能も関係が無く、どんなに才能があってもその血筋でない人は一生端役しか出来ず、どんなに才能が無くても歌舞伎役者になると決められたら練習させられ3歳という小さな時から初舞台に立つこととなります。

歌舞伎役者の家に生まれたらどんな子どもでも歌舞伎の才能があるというわけではなく、いくら小さい頃に練習をしても限界はあり、芸は遺伝しません。

世襲制は実力はほとんど関係なく、たいして上手でもない役者が主演を演じていると面白くなくて当然であり、面白くないからといって役を降りるということも起こらないのです。

歌舞伎の世界は一般には到底理解することが出来ない、難しい世界です。

しかし、このように伝統を守るためとはいえ、役者側にはプライバシーや自由がなく、見る側には教養を要求している風潮が世襲制が嫌われる大きな要因となっているのでした。

市川海老蔵のプロフィール

市川海老蔵のプロフィール

本名:堀越寶世(ほりこしたかとし)
愛称:海老さま 海老ちゃん
生年月日:1977年12月6日
出身地:東京都
血液型:AB型
身長:176㎝
体重:80㎏
最終学歴:堀越学園卒業
職業:歌舞伎俳優
趣味:相撲鑑賞
特技:バスケットボール

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。