👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

カジサックにアンチ?ヨメサックが炎上?嫌いとの声は一部で良い口コミがほとんど

今回はカジサックに対する声を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

カジサックとは

 

カジサックとは、お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太さんのYouTubeチャンネルです。

梶原雄太さんは、日本のお笑いタレント兼ユーチューバーとして活躍しており、「キングコング」ではボケ担当です。

2018年10月からカジサックという芸名でYouTubeチャンネルを開設し、2019年7月11日にはチャンネル登録者数100万人を突破。

カジサックは、面白企画に挑戦したり、芸人仲間やユーチューバーとコラボをしたり、家族が出演したりと、人気芸人が本気でYouTubeに取り組む姿が好評のチャンネルです。

ヨメサックが炎上?理由は?

 

カジサックには、梶原雄太さんの奥さん(通称ヨメサック)が度々出演しているのですが、検索結果に「炎上」というワードが出てくるようです。

調査すると、次のような声もあるようです。

ヨメサックが可哀想?

ヨメサックが炎上した理由の一つに「ヨメサックが可哀想」という理由がありました。

ヨメサックが可哀想と言われたのは、2021年5月22日に投稿された動画が原因のようですね。

動画の内容は、ヨメサックは出身地の広島弁しか使用してはいけないルールでたらこパスタを作るというもので、標準語が出てしまうたびにギャグをしなければいけない人気企画です。

しかし、ただ料理を作るだけでも忙しいのですが、ヨメサックは料理をしながら方言にも集中しなければいけない状況であり、カジサックは「5秒以上黙ったらギャグ」「スタッフのタメ口に笑ったらギャグ」などと、次々に新しいルールを追加し、ヨメサックの機嫌が悪くなるシーンが所々見受けられました。

カジサックの「動画をさらに面白くさせよう」という思いから新ルールを次々に追加していったことが考えられますが、コメント欄には「ヨメサックが可哀想」「自分だったら泣く」などとヨメサックをかばう声が多数寄せられ、炎上することとなってしまったのです。

この一件でカジサックは「大反省 大変申し訳ございませんでした」というタイトルで謝罪動画を投稿。

心配の声が寄せられていたヨメサックは、炎上をも楽しんでいた様子を明かしており、気にしていない姿に視聴者も安心しました。

謝罪動画を投稿しただけでなく、コメント欄でもしっかりと謝罪をしたカジサックの姿に、視聴者は「好感でしかない」と称賛の声が相次いだようですね。

「炎上」という噂が浮上していたヨメサックですが、実際には炎上はしていませんでした。

ヨメサックもこの一件を気にしている様子がなく、カジサックもしっかりと謝罪を行っていることから、今後さらにカジサックの人気は上昇してくでしょう。

カジサックやヨメサックが嫌い?アンチはなぜ?

 

2018年10月にチャンネルを開設し、現在(※2023年11月時点)では245万人もの登録者数を獲得しているカジサックですが、検索結果に「嫌い」「アンチ」などといったネガティブなワードが出てくるようです。

調査すると、次のような声もあるようです。

ヨメサックが嫌い?

カジサックに度々登場しているヨメサックが嫌いという声もあるようです。

ヨメサックはカジサックの動画に度々登場しており、質問コーナーやチャレンジ企画、1日密着や育児相談など、幅広い企画にチャレンジしています。

ヨメサックに対する口コミを確認すると「可愛い」「好感度上がった」などと、高評価な口コミが目立ちますが、ヨメサックの活躍ぶり&美貌に嫉妬している人も少なくありません。

ヨメサックは5人の子どもの母親であり、日常生活を送るだけでも大変なのに動画に出演しては笑いを取り、極めつけにはスタイルも抜群でいつも笑顔で輝かしいですよね。

家庭環境が良好なだけでなく、夫婦仲も良いことは動画を見れば一目瞭然です。

こうした順風満帆なヨメサックの姿を好意的に受け止められず、嫉妬心が沸き上がってきてしまうのでしょう。

カジサックがうざい?

「カジサックがうざい」という声もあるようです。

お笑い芸人兼ユーチューバーとして大成功を収めているカジサックですが、「嫌い」というネガティブな声も挙がっています。

カジサックが嫌いと言われるのは次の理由があるようです。

・子どもをダシに使っている

・見ていて不快

・普通に面白くない

カジサックは5人の子どもの父親であり、子どもたちも動画に度々出演しています。

子どもたちもさまざまな企画に挑戦しており、家族仲の良さが伺える動画ばかりですが、子どもの顔をさらけ出したり、生まれたばかりの赤ちゃんの顔を世界中に公開していることに、「子どものプライバシーを考えていない」と批判の声が相次いでいるようです。

動画を見ると子どもたちも楽しそうにしているので、子どもたちも納得して出演している可能性が高いですが、大きくなってからが心配ですね。

また、カジサックに対して「不快」「面白くない」という声もあるようです。

カジサックは動画内で芸人やユーチューバーとコラボをしており、面白可笑しく盛り上げようとする姿が目立ちます。

しかし、時には相手に不快感を与えるような発言もあるようで、視聴者もドキドキしてしまうのだとか。

同じ芸人であれば分からなくもありませんが、誰に何を言っても許されるわけではないので、そこは配慮をして欲しいですね。

このように、カジサックやヨメサックに対してさまざまな声が寄せられていることが分かりました。

「嫌い」といった批判的な声が挙がっているカジサックですが、現在(※2023年11月時点)では245万人もの登録者数を獲得している大人気ユーチューバーです。

「面白くない」と感じる人もいるようですが、面白さの感じ方は人それぞれであり、全ての人が「面白い」と感じる動画を作ることはなかなか難しいでしょう。

カジサックは今後どんな人とコラボをし、どんな企画を見せてくれるのか、楽しみですね。

カジサックの良い口コミ:テレビよりも面白い

 

お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太さんが運営するYouTubeチャンネル「カジサック」は、テレビよりも面白いと高く評価されています。

カジサックでは面白企画に挑戦したり、芸人仲間や有名ユーチューバーとコラボをしたり、家族総出で出演したりと、見ている人を飽きさせない高い企画力が好評です。

カジサックに出演する芸人はテレビではなかなか見せない顔を見せてくれたり、ヒカルさんやラファエルさんといった有名ユーチューバーとのコラボは、カジサックの高いトーク力が見どころです。

近年ではテレビも規制が激しくなってきてしまい、思うような芸ができないと悩む芸人は少なくありません。

YouTubeではテレビではできないような企画に挑戦することができるため、芸人にとっては自分のやりたいことが発揮できる最高の場所なのです。

カジサックは芸能界を干されたわけではない

梶原雄太さんがユーチューバーとして活動していることで「芸能界を干された」と思う人も多いのですが、実際には違うようです。

過去のインタビューで梶原雄太さんは、「ひな壇バラエティが向いていなかった」と語っており、実力が足らなかったことを明かしています。

体を張って笑いを取るというスタンスは梶原雄太さんにぴったりでしたが、今のバラエティはMCがいてひな壇に芸人が座っているようなスタンスが目立ちます。

ひな壇バラエティで活躍できなくなったことで、芸人とユーチューバーと二刀流でやっていこうと新たな道に挑戦する姿はすごいですよね。

YouTubeチャンネルを開設しているタレントは数多く存在しますが、ここまでYouTubeチャンネルに真剣に取り組んでいる芸人は、カジサックだけではないでしょうか。

芸人とユーチューバーの二刀流を手に入れたカジサックは、無敵ですね。

カジサックはどんな人に向いている?

 

今回はカジサックに対する声を調査しました。

カジサックとは、お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太さんのYouTubeチャンネルです。

2018年10月にチャンネルを開設し、現在(※2023年11月時点)では245万人ものチャンネル登録者数を獲得しています。

カジサックが向いている人は、次の通りです。

・芸人が好きな人
・幅広いジャンルの動画が好きな人
・色々な人とのコラボが好きな人

カジサックでは、芸人仲間や有名ユーチューバーとのコラボ、自身の日常や家族との生活を配信しています。

カジサックの高いトーク力はもちろんですが、親しみやすいキャラクター性と飾らない人柄で、幅広い世代から愛されるYouTubeチャンネルです。

興味がある人は、ぜひ一度見てみてくださいね。

コメントを残す