👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

叶姉妹は何してる人?なんでお金持ち?実の姉妹じゃない理由についても調査

叶姉妹ですが実際のところ何をしている人なのか理解している人は少ないと思います。

今回はそんな叶姉妹について調査しました。

叶姉妹とは

叶姉妹は、叶恭子さんと叶美香さんの2人からなるユニットのことであり、実は異母姉妹であり戸籍上の姉妹ではないと言われています。

叶恭子さんは1962年10月7日生まれで、出生地は大阪府大阪市であり、芸能活動の初期には「杉本エルザ」の芸名で活動していました。

叶美香さんは1967年9月23日生まれで、出生地は愛媛県、本名は玉井美香、玉乃ヒカリの芸名でグラビア等で活動していた過去があります。

活動の幅は多岐に渡り、モデルやテレビタレント、作家、映画プロデューサー、エクレレイズビデオの発売などを行っています。

叶姉妹は何してる人?職業や収入源とは

叶姉妹とは、叶恭子さんと叶美香さんとで芸能活動を行っており、2人とも「セレブ」なファッションや私生活であることで「何をしている人?」という疑問が多く寄せられています。

実は叶姉妹は収入の疑問に対して「約30年前以上から株や為替、さらには投資などをしている」と明かしているのです。

叶姉妹は芸能タレントとして主にバラエティ番組に出演しており、映画やドラマ、CMやイベント出演、さらには声優としてアニメ作品に参加するなどと幅広く活動しています。

その他にも書籍やDVD、写真集や人形なども発売しているので、これらの印税などの収入もあり、これだけでも収入はかなりのものとなりますが、芸能の仕事以外にも約30年以上前から株や為替、投資などを行っているのです。

そして、バブル経済の時代にはものの価値が今とは何倍も違い、そのバブル経済が崩壊した時ですら世界的な動きを見ながら先々の見通しと直感でほぼ損をしたことがないとのことでした。

このように、叶姉妹は芸能活動の他にも株や為替、投資などを積極的に行っていることが明らかとなり、これらが公表されたことで「叶姉妹がセレブなの理解できる」「叶姉妹すごい」などと世間の疑問を晴らすことが出来たのでした。

叶姉妹はなんでお金持ち?

叶姉妹と聞くと「セレブ」という印象が強く、普段のファッションを紹介する番組では叶恭子さんは全身の総額が11億円、叶美香さんは2億円などと、異次元すぎる金額にネット上では驚きの声が多く寄せられています。

叶姉妹は芸能活動の他にも株や投資なども積極的に行っていると言われていますが、それだけではこれほどまで派手にお金を使うことは難しいでしょう。

実は、叶姉妹がお金持ちな理由は「NTTドコモ(docomo)の携帯電話の権利収入」であると公表されています。

叶姉妹は携帯電話が広まっていない当時のNTTが普及させるための開発費用を世間に募集をし、先物投資という形で投資をした人たちが現在のそのお礼として「権利収入」を貰っているのです。

そのため、その時に手に入れた権利を今でも持っていることから、本当ならテレビの仕事など働かなくても生活できるほどに十分な収入を毎月得ているとも言われています。

NTTドコモの配当金は月に6000万円ほどと言われており、かなり高額な配当金が毎月入ってくるので、配当金と合わせて芸能活動や株などの収入があるため、毎月かなりの額を貰っていることが分かりました。

叶姉妹は本当の姉妹ではない!

叶恭子さんと叶美香さんとで「叶姉妹」と言われていますが、実は2人は本当の姉妹ではなく「叶姉妹はユニット」と公表もされています。

実は叶姉妹はデビュー当時は「叶三姉妹」というグループで活動をしており、次女役には叶恭子さんの実の妹である「晴栄さん」という人が加入していました。

しかし、晴栄さんは結婚を機に叶三姉妹を脱退していて、叶恭子さんの金品を勝手に持ち出したことで叶恭子さんとトラブルになり、刑事告訴されたことがワイドショーで取り上げられているのです。

これを機に晴栄さんは芸能界から姿を消しているのですが、叶恭子さんのトラブルはこれだけでなく、実の父親から「お金を貸して欲しい」と頼まれて、それを断ったことから逆上されてしまい、自宅の駐車場で暴力を振るわれたとも明かされています。

その際は妹役の叶美香さんも巻き込まれてしまい、父親は逮捕されたのです。

2人は軽傷で済んだとのことですが、叶恭子さんは家族間でのトラブルが多く、内容もかなり深刻なものです。

その後は特にトラブルもなく芸能活動を続行しており、晴栄さんが抜けたことで「叶三姉妹」から「叶姉妹」へと改名して活動を再開したのでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。