カラオケに高校生・中学生・小学生は何時までいれる?同伴する保護者の範囲とは

みんなでいくカラオケって楽しいですよね。

学校帰りや休日に友達や彼女・彼氏とカラオケにいく人も多いと思います。

昼間から歌い始めてあっという間に夜ってこともありますよね。

また、昼間に比べて夜の時間帯は空いているので割と穴場ですが、未成年は何時までカラオケ店にいられるのでしょうか。

今回はカラオケ店に高校生、中学生、小学生は何時までいられるのかを解説します。

カラオケ店に高校生、中学生、小学生は何時までいられる?

青少年育成条例により、カラオケ店にいられるのは基本的に18歳未満の人は22時まで、18歳以上でも高校生は22時までとなっています。

また16歳未満の人は18時までとなっているお店が多いです。

ですがお店によっては、小学生だけの利用は出来なかったりすることもあります。

この場合は保護者が同伴であれば入店出来ます。

中学生の場合は18時までなら保護者同伴でなくともいいのですが、私服で入店し小学生と間違われる事もあるので、学生証等を持参する必要があるでしょう。

また、都道府県や店舗によっても時間が変わり、16歳未満の人は17時30分、18歳未満は22時30分まで、あるいは23時までという所もあります。

事前に、行くカラオケ店の決まりを確認しておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

カラオケ店によっては保護者同伴で遅くまで入られるケースもある

カラオケ店にいられるのは18歳未満なら22時まで、16歳未満なら18時までという決まりがありますが、保護者が同伴であればそういった制限がかからないことがあります。

例えば16歳未満であっても、保護者が同伴なら22時や23時までお店にいることが出来たりします。

とは言え、いくら保護者同伴でも23時以降までお店にいる事は出来ません。

青少年育成条例で、23時以降に未成年の人を外出させてはいけないという条例があるからです。

保護者って父・母まで?どこまでの範囲を指すのか

保護者というのは、未成年者に対し法律に基づいた保護をする義務のある人の事です。

親権者(父や母、養親)、未成年後見人、親権代行者、児童福祉施設の施設長などがそれに当たります。

ですから保護者は、必ずしも父や母でなくてもいいのです。

その未成年の子を責任をもって保護してくれる大人であれば、保護者という事になります。

ですから保護責任を負える成人した兄弟、又は祖父母でも保護者になれるという事になります。

スポンサーリンク

カラオケ店によっては年齢確認されることも。持参すべきものとは

青少年育成条例により、カラオケ店には基本的に16歳未満の人は18時まで、18歳未満の人は22時までしかいられない事になっています。

そのため、来店時に年齢確認が求められる事があります。

年齢を証明するものがないと入店出来ないという場合もあります。

学生なら学生証、生徒手帳が有効ですが、通学定期券では証明とはなりません。

18歳以上の人なら運転免許証や保険証、マイナンバーカード、社員証等が有効でしょう。

カラオケ店からの帰宅途中で警察に補導されると学校に連絡がいく?

カラオケ店の帰りで23時以降など帰宅が遅くなると、警察に補導される場合もあります。

ただ、補導された場合に親への連絡はいきますが学校への連絡はいかないケースも多いです。

補導された内容などは全て記録されるため、何度も補導された場合は学校に連絡がいくと思った方がいいでしょう。

補導されそうになり逃げたり、嘘をつくと面倒なことになってしまいますので本当のことを話すほうがいいですね。

場合によっては補導されないケースもあります。

それは明確な理由があってやむおえなかった場合です。

例えば、

  • 「塾の帰り」
  • 「部活の帰り」
  • 「緊急で病院に向かっている」
  • 「災害時」

などが挙げられます。

ただ、補導されても正直に自分のあやまちを認め反省すれば、学校へ連絡がいくことは少ないはずです。

もしくは、反省しながら学校に連絡がいくか直接、警察に確認してもいいでしょう。

ガラガラ声を防ぐ!カラオケで喉に良い飲み物とは?

カラオケ店で歌っている時に喉が痛くなったり、ガラガラ声になったりすることがあります。

そういう場合、飲み物を飲んで喉を潤すという事になりますが、喉に最適な飲み物を選ぶ必要があります。

一番に挙げられるのは、冷たくない常温の水です。

次に温かいホットドリンクですが、喉に良いと言われている生姜湯やハチミツ入りのホットドリンクがいいでしょう。

常温のスポーツドリンクや温かい玄米茶も適しています。

持ち込み出来るお店もあるので、行く前に持ち込みOKか聞いてみましょう。

カラオケで飲んじゃダメ!喉に悪い飲み物とは?

カラオケで喉が痛くなったりしないためにも、飲み物選びは大切です。

まず、冷たい飲み物は喉に刺激を与えて喉の血管を収縮させてしまうのでやめた方がいいでしょう。

炭酸飲料は冷たい上に、糖分も多いので喉が渇きやすくなるので良くありません。

コーヒーや緑茶はカフェインが含まれており、それが喉の乾燥を招きます。

お酒は利尿作用があり体内の水分を排出してしまうので、喉が乾燥しやすくなります。

牛乳等の乳製品は良いように思えますが、痰が絡みやすくなるので良くないと言えます。

カラオケで昼と夜をまたいだ時の料金はどうなるの?

カラオケ店では、昼と夜の料金が異なります。

夜の料金が2倍くらいになる事もあります。

なので出来るだけ昼間にカラオケに行けばいいのですが、午後に行ってそのまま夜の時間(17時からが夜時間になる事が多い)をまたいでしまう事があります。

そういう時の料金はどうなるのかと思ってしまいますが、基本的には夜時間(例えば17時)から30分間は昼の料金が適用されます。

とは言え、カラオケ店でもシステムが色々違うので、事前に調べた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です