唐田えりかドラマ降板の違約金はいくら?過去の事例から予想【病室で念仏を唱えないでください】

韓国でも人気の高い女優の唐田えりかさんですが、今回の俳優「東出昌大さん」との不倫騒動で一気に評価が下がってしまいましたね。
東出さんの杏さんの別居報道から始まり不倫騒動もわかってきましたが、世間の目はかなり厳しいものとなりました。
「清純さ」や「優しそう」、「フレッシュさ」がある唐田えりかさんですが今回の騒動でイメージが逆転してしまいました。
不倫相手である東出さんもCMやドラマに多く出演しており、降板や打ち切りの可能性もあるのでは?と噂されています。
唐田さんも出演ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の実質的には降板になり違約金が発生すると思われます。
今回の違約金に関して予想してみました。

唐田えりかの違約金はいくら?過去の事例から予想

違約金が発生した場合、「1億円以上になる可能性は低く、1千〜5千万円になる」と予想します。

出演中の放送した出演ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の出演自粛を発表し、1月24日に放送した2話では唐田さんをカット編集して放送されました。
唐田さんはドラマで病院クラークの小山内みゆき役として出演していましたね。

実質的には出演したのは1話までにはなりますが違約金の発生はやむおえないと思われます。
4話まで撮り終わっていたらしく、代役も探していると聞きます。
降板と言えば「小出恵介さん」も有名で主演ドラマ「神様からひと言」を不祥事により放送自体が取り消され1億近くの違約金を事務所と本人が支払ったと思われます。

今回の唐田さんが演じる小山内みゆき役(医師事務作業の補助者役)ですが、正直なところすごく重要なポジションな訳ではなく違約金はある程度発生するにしてもO億円などの金額にはならないと思われます。
おそらくですが小出さんのケースを考えても「1千〜5千万円」の間になるのかなと思います。

数多くのバラエティー番組やCM等の降板によって5億円以上の違約金が発生したと思われるベッキーさんのようなケースは稀ですが、今回の唐田さんは現在出演ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」を中心に出演しているため違約金もある程度になると思われます。

スポンサーリンク

唐田えりかが活動中の専属モデル「MORE」も解約か?

今回の騒動で唐田さんが専属モデルとしてこれまで活動していた女性ファッション誌「MORE」の公式HPから名前が消されていることがわかりました。
今回の騒動で雑誌のイメージにも響くと考えて消されたのでしょうね。
ほとぼりが冷めてもイメージが先行してしまうので専属モデルとして戻るのは難しいかもしれませんね。
不倫を行った本人の責任ではありますが、元々モデル志望であった唐沢さんにとって追い打ちになってしまいました。

「MORE」といえば大学生や20代の社会人女性に人気の雑誌で透明感のあるモデルを中心に採用していますね。

ちなみに現在のモアモデルの一覧はこちら↓

MOREより引用

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です