👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

KDDIの200円返金がひどい・やばい・なめてるとの声!なぜ200円なのか算出方法も解説

KDDIは先日の大規模通信障害に対して利用者にお詫びとして一律200円を返金することを発表しましたね。

その返金額に対してかなり批判的な声が上がっています。

KDDIの200円返金がひどい・やばい・なめてる!との声

KDDIの200円返金の背景

私も被害にあったのですが、全く通話ができずテレホンカードを利用して公衆電話から通話した方もいるというほどでした。
通信障害は61時間続いたとされており、不快に感じたユーザーもかなり多いはずです。

KDDIは24時間以上連続して全ての通信サービスを利用できなかった、もしくは同等の状態のお客様271万人に対して契約プランの基本使用料金等の2日分相当を請求額から減算することを発表しました。

また、お詫び返金として全利用者3,589万人に対してご請求額から200円(税抜)の減算を行うことを発表しました。

お詫び返金200円は1日平均額×3日間から

お詫び返金200円ですが、契約している料金プランの基本使用料を日割で算出して出しているとのことです。
1日平均52円になるとのことで、61時間(3日弱)から考え52円×3日間で156円、そちらにお詫びの気持ちを込めて200円に確定したそうです。

たった200円かもしれませんが、利用者が3,589万人いることからもKDDI側の総返金額は73億円に上ります。

巷では全員に200円返金して73億円支払うよりも、更なる発展や再発防止のためにお金を使うべきとの声も上がっています。

ちなみに減算されるのは2022年9月以降を予定されています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。