紅白2021|ヒゲダンは落選ではなく辞退!全国ツアーが原因?出ない理由を調査!

ヒゲダンが2021年の紅白に出ないことが発表されましたよね。

東京リベンジャーズの「cry baby」で出演するかと思っていたのですが、かなり残念です。

どうしてヒゲダンは紅白に出ないのでしょうか。真相を調査しました。

【紅白2021】ヒゲダン(Official髭男dism) は落選ではなく辞退?

ヒゲダンが2021年の紅白歌合戦に落選した理由ですが、あまり濃厚な説はなく、辞退した可能性が高いと思われます。

実は紅白の出演アーティストですが一定の基準で選抜されているのですが、ヒゲダンはその基準を満たしていると思われるためです。

出場歌手の選考ポイントは例年どおり、(1)今年の活躍(2)世論の支持、(3)番組の企画・演出の3つの点を中心に、「データを参考資料として検討のうえ、総合的に判断」したと説明。

今年の活躍の指標は、(A)CD・DVD・Blu-rayの売り上げ (B)インターネットでのダウンロード・ストリーミング・ミュージックビデオ再生回数・SNS等についての調査 (C)有線・カラオケのリクエスト等についての調査 (D)ライブやコンサートの実績。

また、世論の支持は、(E)7歳以上の全国3553人を対象にNHKが行った「ランダムデジットダイヤリング」方式による世論調査「紅白に出場してほしい歌手男女各3組」の結果 (F)7歳以上の全国8000人を対象にNHKが行ったウェブアンケート調査「紅白に出場してほしい歌手男女各3組以上10組まで」の結果を基にしたという。

(出典:YAHOO!JAPANニュース)

簡単にまとめると紅白に出演するためにはこちらの条件が必要となるのです。

紅白出演するための条件
  • 今年の活躍
  • 世論の支持
  • 番組の企画・演出

指標に関しては毎年変わることがことがあるので一概には言えませんが、2021年はCD・DVD・Blu-rayの売り上げやライブ・コンサートの実績も重視されていることがわかりますね。

5月に発表した東京リベンジャーズのオープニング「Cry Baby」はyoutubeでも6,000万回以上再生されていてかなり人気ですし、今年8月にリリースしたアルバム「Editorial」では初登場でオリコン1位を獲得しているため去年と比較しても十分活躍しています。

スポンサーリンク

【紅白2021】ヒゲダン(Official髭男dism)が紅白を辞退した理由

先ほどもお伝えしたように落選ではなく辞退した可能性が高いと思われます。

ここからは辞退した理由について考察を紹介したいと思います。

ちなみに去年の紅白で「I LOVE…」を歌った時は緊張からかいつもと声が違う、小さいなんてこともありましたね…。

辞退理由1:全国ツアー最中から、対応できない

最も辞退理由として有力といえそうなのは、「全国ツアー中である」ということです。

どれだけ人気な歌手でも、地理的な障害は越えられないですからね。

ヒゲダンの年末年始を跨いだ全国ツアーの日程や開催場所は下にまとめました。

ちなみに紅白が行われる12月31日は直近に福岡でのライブを控えている状況のようですね。

ヒゲダンの年末年始のツアー
  • 12月17日:宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ 17時〜18時
  • 12月18日:宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ16時〜17時
  • 12月19日:宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ16時〜17時
  • 1月4日:マリンメッセ福岡 17時〜18時
  • 1月5日:マリンメッセ福岡 17時〜18時

辞退理由2:多忙なスケジュールから休みたい

彼らが紅白の前後で全国ツアーを行なっていることはすでに説明しましたが、それを含んだ辞退理由の噂として、「メンバーの休養」が挙げられます。

これ全国ツアーと結びつけるのは安直すぎるかもしれませんが、様々な場所で行われるツアーの間に休みが取れないのは少し大変すぎますよね。

既にスケジュールもご覧いただいたので分かるかと思いますが、この忙しいスケジュールの中で休みがないのは厳しすぎるので、紅白が行われる年末の前後でまとまった休みを取ったのではないでしょうか。

前述したヒゲダンの全国ツアーは、場所ごとに日程が固まっており、年末はその中間に当たります。

メンバーの休養という面で見れば、年末はちょうど良いといえばちょうど良いですね。

辞退理由3:紅白の安いギャラでは受けられない

最後の可能性として、紅白のギャラに関する噂が挙げられます。ギャラとは出演料のことですが、このギャラが紅白は低いのではないかというものです。

これは公表されていないものですが、紅白のギャラはランクというものがあり、それによりギャラが決まっているという噂があります。

このランクは出場回数により決まっていると言われており、出場を重ねるほどにギャラも上がっていくというシステムのようです。

しかし、このギャラはお世辞にも高いと言えるようなものではなく、数10回出場を重ねているアーティストですら50万円弱ほどとなっています。

必要経費はアーティスト側の負担であるという話ですので、場合によっては赤字になる程ですよね。

ただ、ギャラこそ安いものの、紅白は出場するだけで大幅に知名度のあげることができるため、目に見えない特別なメリットがあります。

この点を踏まえると、ヒゲダンが紅白辞退を決めた理由はギャラであると言い切るのは難しそうですね。

スポンサーリンク

【紅白2021】ヒゲダン(Official髭男dism)が追加発表で中継で出演する可能性も!

ここまでは辞退理由について話してきましたが、ヒゲダンファンなら嬉しいある噂があるのはご存知ですか?

その噂とは、「ヒゲダンが中継で紅白に参加する」というものです。

紅白の白組の枠に一枠空きがあったため、このような噂が流れているわけですね。

ライブ関係以外には特にこれといった辞退理由はなさそうですし、定期的に大ヒットする楽曲を発表しているアーティストですから、どのような形であれ出場してほしいですね。

【紅白2021】ヒゲダン(Official髭男dism)が出演する場合はどの曲を歌う?

もし紅白に追加で参加することとなった場合、ヒゲダンはどの楽曲を披露してくれるのでしょうか。

第一に候補に上がるのは、アニメ東京リベンジャーズの主題歌として起用された「Cry Baby」です。アニメ本編の人気も相まってか、リリースからおよそ三ヶ月で1億回の再生回数を記録するなど大変なヒットになりました。

その他にもヒゲダンの楽曲は魅力的なものが多いですが、今年の紅白で披露するとしたらやはり大ヒットした「Cry Baby」が有力ですね。

【紅白2021】ヒゲダン(Official髭男dism)の辞退を悲しむ声も多い

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です