【紅白2022】YOASOBI(ヨアソビ)生歌が下手・上手どっち?みんなの感想を紹介! 

若者から絶大な指示を得ているYOASOBI(ヨアソビ)ですが生放送での歌が下手との声が上がっています。

私も先程紅白2022に出演するYOASOBIの「群青」を聞きましたが上手に歌っているように感じました。

実際のところどうなのでしょうか。

YOASOBI(ヨアソビ)の生歌が下手と噂!理由を調査

どんな理由からYOASOBI(ヨアソビ)の生歌が微妙と感じてしまうのでしょうか。

考えられる理由について紹介します。

YOASOBI(ヨアソビ)の生歌が下手と感じる理由1:声量がない

YOASOBI(ヨアソビ)の楽曲はコンポーザー(作曲家)Ayaseさんが作成しています。

Ayaseさんは元々ボカロPですので、作曲するメロディーはボカロ調になっていることが多く、テンポの早い曲になっています。

さらに高音と低音の音域が広い曲調になっていて、難しい曲になっていることが多いためボーカルのikuraさんも歌うのが難しいと感じているようです。

曲の中でも呼吸のタイミングも難しいため、思うように声量が出せない様子からも下手だと思われているようです。

ikuraさんはボーカルとしてもスキルは高いと感じますが、曲が難しいためそう感じるのでしょう。

YOASOBI(ヨアソビ)の生歌が下手と感じる理由2:緊張しているため

誰しも緊張するといつも通りの力って出ませんよね。

特に観客や視聴率が高い番組だと特に「失敗できない…。」と感じてしまって身体がガチガチになってしまいます。

YOASOBIとしてはかなり活動の幅をきかせて頑張っていますが、ikuraさんはまだ19歳で歌手としての経験も多くはないと思われます。

現場によってはテレビでは感じ取れない緊張感やプレッシャーを感じているはずです。

緊張が影響して上手く歌えないってことも十分に考えられますね。

スポンサーリンク

【紅白2022】YOASOBI(ヨアソビ)の「群青」の評価は高い?

私も生放送見ていましたが、かなり上手だと感じました。

これまでの経験を踏まえて改良を重ねた結果ではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です