紅の豚がつまらない!面白くない4つの理由やネットの評価についても紹介

紅の豚がつまらないと一部で噂されています。

なぜ紅の豚がつまらないと感じるのでしょうか。

今回は紅の豚がつまらない理由についてご紹介いたします。

紅の豚がつまらない・面白くない理由1:大人の男目線の作品で女性・子供ウケが悪い

ジブリ作品は女性や子どもが主人公のものが多く、子どもの成長や恋愛を織り交ぜた内容で、共感したりドキドキしながら見るようなファミリー向けでファンタジー要素がある、感情移入しやすい内容のものが多いです。

また日本的なもの、自然を題材にしているものが多いのですが、「紅の豚」は1900年代初頭のイタリアを舞台とした大人向けの作品で、他のジブリ作品とは一風変わった作品となっています。

主人公はポルコ・ロッソという空賊狩りで賞金稼ぎをしているパイロットで、パイロットとしての生き様や飛行機がメインの作品です。

第一世界大戦でエースパイロットだったポルコ・ロッソは仲間が戦死していく中生き残り、賞金稼ぎとして飛行艇乗りをしていますが、自分を貫く生き様に憧れや共感を得る男性ファンが多いようです。

しかし、ポルコ・ロッソとしての男性目線の内容なので女性からも共感が得にくく、子どもにも理解しにくい内容なので女性・子どもウケはイマイチです。

スポンサーリンク

紅の豚がつまらない・面白くない理由2:世界観が難しくて理解しにくい

第一世界大戦後のイタリアの世界恐慌を舞台とした作品で、大戦後の経済不振の様子や賞金稼ぎとしてのパイロットの生き様を描いているので、共感や理解がしにくいと感じる人が多いです。

飛行艇の描写にもこだわっており、ポルコ・ロッソは「サイボアS.21」、ライバルであるドナルド・カーチスは「R3Cー2」で、どちらも実在する飛行機がモデルになっています。

設計や整備の様子、機体の音や動きは素人には分かりづらく馴染みのないものになっています。

またポルコ・ロッソがなぜ、どのようにして豚の姿になったのかは作中には描かれていません。

人間だった頃の自分に嫌気がさし、魔法の呪いで豚の姿になったといわれていて、ポルコ・ロッソはそんな豚の姿から人間の姿に戻ることは望んでいません。

設計士の少女「フィオ・ピッコロ」とのやりとりの中で人間味を少し取り戻したようにも思えますが、最終的に人間の姿に戻るのかなども謎のままなので、疑問に残るところです。

スポンサーリンク

紅の豚がつまらない・面白くない理由3:主人公が豚でビジュアルが微妙

主人公のポルコ・ロッソは豚の姿をしており、口ひげにサングラスが特徴の見た目です。

1893年、イタリアのジェノバ出身で元イタリア空軍のエースパイロットでした。

第一世界大戦の後に退役し、豚の姿になった後はアドリア海の無人島を拠点とし、空賊狩りの賞金稼ぎをしています。

なぜ豚の姿になったのかは言及されていませんが、一説では戦争を通して人間に嫌気がさし自ら魔法で豚の姿になったといわれています。

人間だった頃の自分を憎んでいるようで、作中でも第一世界大戦の空戦のシーンでは人間の姿が描かれていて、ジーナのお店にその写真が飾られていますがその顔は黒く塗りつぶされています。

幼馴染である美女の「マダム・ジーナ」や17歳で設計士の少女「フィオ・ピッコロ」など女性に対して紳士で男気があり、また「飛ばねえ豚はただの豚だ」など他にも名言も多く男性ファンは多いです。

しかし女性からはビジュアルが豚の姿のため、他のジブリ作品に出てくるイケメンには敵わないようです。

紅の豚がつまらない・面白くない理由4:主人公の口数が少ないので意図を理解しにくい

主人公であるポルコ・ロッソは口数は少ないものの名言が多く、例えば有名なのが「飛ばねえ豚はただの豚だ」です。

心配するジーナに向けて放つこの言葉は、この一言ではどういう意味かは分かりませんが、つまり飛行機に乗らなくなったらただの豚になってしまうということです。

飛行機乗りとしての覚悟や生き様がこの一言に込められています。

他にもたくさんの名言を残していますが、その言葉の意味が詳しく語られることはないので意図を理解するのが難しいのです。

「紅の豚」のキャッチコピー「カッコイイとは、こういうことさ。」から分かるように、言葉ではなくポルコ・ロッソの生き様を見て感じてほしいという思いが込められています。

子供の頃はつまらなかったが大人になって面白いと感じる人も多い!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です