👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

マギのアニメがひどい!改変でつまらなくなった、エンディング曲が合わないなどの声はなぜ?

人気アニメ「マギ」ですが賛否あるようです。

今回はそんな声を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

マギとは

 

「マギ」は2009年から2017年まで連載されていた大高忍による日本の少年漫画作品です。

2012年~2013年にかけて第一期マギと第二期マギThe kingdom of magicがアニメ化されました。

少年アラジンは、秘宝が眠るとされる謎の遺跡「迷宮(ダンジョン)」が出現する不思議な大陸を旅していました。

彼は旅の中で出会ったアリババと共に秘宝を手にするため「迷宮(ダンジョン)」攻略を目指します。

その中で2人は力をつけて成長し、仲間との絆を深めながら様々な出会いと別れを繰り返す中で、アラジンは自らの宿命を知ることになります。

アラジンとアリババという2人のキャラクターを軸に友情・冒険・魔法といった、少年漫画の魅力的な要素が随所にちりばめられているアドベンチャーファンタジーアニメです。

マギがひどいとの口コミ1:原作が改変されていて残念

 

アニメ「マギ」は原作のストーリーが改変されていて別物みたいになってしまっているという声が多くみられました。

原作の大きな改変は、思い入れの強い原作ファンからは良く思われないことが多いと言われています。

日曜の夕方が放送時間だったアニメ「マギ」は、低年齢層の視聴を可能にする為にストーリーを改変する必要があったのではないかと考えられます。

アニメ「マギ」は原作を改変し過ぎていると、原作ファンから酷評されています。

原作を省いている箇所が多く、心を打たれたセリフや好きなシーンがカットされていて残念だったという声が多くみられました。

特に後半のアニメオリジナルストーリーの部分に疑問を抱いている方が多く、何について争っているのか理解できないという方や、アリババを堕転させたのが納得いかないという意見が多くみられました。

アニメだと終わり方もキャラクターの性格も原作と違うので、原作とアニメは別物だと思って見ることにしたという方もいました。

原作ファンにとって、改変されたストーリーやアニメオリジナルストーリーは受け入れがたいようです。

マギがひどいとの口コミ2:エンディング曲がアニメ合わない

アニメ「マギ」第一期のエンディング曲がアニメに合っていなくて微妙という声が多くみられました。

壮大な魔法冒険物語でシリアスな展開や次回へ続く余韻を残して終わる「マギ」に乃木坂46の「指望遠鏡」という曲は、明るすぎてしまいアニメの作風に合っていないと感じるのではないかと考えられます。

アニメ「マギ」のエンディングがアニメのイメージに合わないという声が多くみられました。

マギの雰囲気を楽しんでいても、エンディング曲で現実に戻されてしまうという方もいました。

物語の世界観が強いアニメなのに、エンディングでその良さや余韻が消えてしまうという声もありました。

人の命や戦争になるかもしれないという終わり方の時に、曲調が明るいアイドルの曲はアニメを台無しにしているという意見もありました。

乃木坂46の曲自体に問題はないけれど、これほどストーリーや展開に合わないエンディング曲は久しぶりに聴いたという方もいました。

ストーリーに合わない曲を使用したことで、アニメ「マギ」が持っている雰囲気の良さを消してしまい視聴者をがっかりさせてしまったようです。

マギの良い口コミ:感動するアニメ

 

友情や絆の大切さ、命の尊さが描かれているアニメ「マギ」にとても感動したという声が多くみられました。

先述しましたが、夕方放送で低年齢層が見ても楽しめるようにストーリーを改変したことで、テーマがわかりやすくなり視聴者に魅力がしっかり伝わったのではないかと考えられます。

アニメ「マギ」はアラジン達の前を向いて頑張っている姿や、大切な人との別れの悲しみが描かれていて、子供にも見せたい良いアニメだったという声が多くみられました。

人の弱い心や失敗や葛藤など人間味が溢れるストーリーに共感したという方や、アラジンが人々に出会い成長していく姿に元気がもらえるという方もいました。

キャラクター1人1人の細かい設定や過去が詳しく描かれていて、キャラクターの心情が伝わってきて感動したという声もありました。

また、声優も豪華で絵がとても綺麗なので見ていて楽しいという声も多くありました。

アニメ「マギ」は人との繋がりや人と関わることで成長できるという大切なことを教えてくれる作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です