👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

新田真剣佑| 聖闘士星矢やNetflixワンピースどうなる?放映・配信中止になるのか?【ガーシー砲】

俳優の新田真剣佑さんですが2022年4月10日にガーシー砲を受けましたね。

何千万円との脱税や不倫、反社との関係など、好青年のイメージが強かっただけに新田真剣佑さんのイメージはかなり下がってしまったでしょう。

放送の中で気になったのがハリウッドで実写映画「聖闘士星矢」やNetflixドラマ実写版「ONE PIECE」がどうなるかです。

今回はそのあたりを調査しました。

実写映画「聖闘士星矢」やNetflixドラマ実写版「ONE PIECE」はどうなる?

公開日は今の所未定ですがハリウッド実写映画「聖闘士星矢」では主人公の星矢役を、Netflixドラマ実写版「ONE PIECE」では主人公ルフィーの右腕ゾロを演じる予定です。

それぞれ撮影は開始されて行っており、今回の違法・犯罪行為を関係者が知るのも時間の問題だと思われます。

アカデミー賞授賞式でウィル・スミスさんがクリス・ロックさんに暴力を振るったことで、10年間出席停止といった厳しい処分を受けましたね。
クリス・ロックさんがウィル・スミスさんの妻を侮辱したということもあって、手を出してしまった気持ちはわからなくはないですよね。

ただ、新田真剣佑さんは脱税や反社との関係など捕まるくらいの行為をしているため、今回の2作品は放映・放送中止になると思われます。

公開前なので、代役を選定して取り直しといったことになるでしょう。

そうなると公開も遅れるので巨額の賠償金が請求されると予想されます。

新田真剣佑の賠償金はいくらになる?

今回対象となるハリウッド実写映画「聖闘士星矢」、Netflixドラマ実写版「ONE PIECE」ですが、かなり高額な賠償金を請求されると思われます。

ハリウッド実写映画だけでもおそらく製作費として1億ドル以上はかかっているはずです。

代表的な映画とその費用を紹介します。

MEMO

・アベンジャーズ:2億2000ドル
・塔の上のラプンツェル:2億6000万ドル
・パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉:3億7650万ドル

また、過去の事例として「バットマン」でヒロインを務めたキム・ベイシンガーさんの例を見てみます。

キム・ベイシンガー(女優)
キム・ベイシンガーが自己破産を申し立てたのは1993年のこと。当時は仕事も私生活も好調で、540万ドルの資産があったとされる。破産したのは、映画『Boxing Helena』への出演を辞退して違約金810万ドルを請求されたから。最終的には、製作会社に380万ドルを支払うことで和解した。

(出典:NEWS PICKS)

キム・ベイシンガーさんですが映画「Boxing Helena」演じるはずだった役に満足できず途中降板したことにより製作会社から訴えられいます。

交渉により360万ドルまで減額されていますが、新田真剣佑さんも2作品合わせて1,000万ドル以上の賠償金の請求がいくのではないでしょうか。

新田真剣佑に対してのネットの声を調査

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。