👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

箕面自由学園高等学校がやばい?金持ち学校?特進コースが凄い、校則が厳しいなど声を調査

今回は箕面自由学園高等学校に対する声を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

箕面自由学園高等学校とは

豊中市桜井の丘に位置する、箕面自由学園高等学校は「教養の高い社会人の育成」を建学の精神とした、高等学校、中学校、小学校、幼稚園の一貫教育進学校です。

本学園で育てたい力は、自分で選び、決めて、チャレンするという「社会を生き抜くための主体性」であり、箕面自由学園の幼・小・中・高では、それぞれのステージ毎に、時代に流されない普遍的な力、その礎を築いていきます。

箕面自由学園は19264月に大阪府豊能群箕面村(現在の箕面市北小学校の位置)に箕面学園尋常小学校として設立されました。

設立者の岸本兼太郎さんは、阪急電鉄の開業に伴い、箕面付近の住宅開発を行なっていましたが、居住者の子弟の教育に適した学校の必要性を考え、熟練の教育者である小谷新太郎さんを校長に招いたことが始まりです。

箕面自由学園高等学校が「やばい」との声はなぜ?

1926年の設立から100周年を目前に控えている箕面自由学園高等学校ですが、ネット上では「やばい」といった声が寄せられているようです。

そこで、箕面自由学園高等学校に対するネガティブな声を紹介します。

校則が厳しい?

(引用:Yahoo!知恵袋)

箕面自由学園高等学校は校則が厳しいとの声が挙がっています。

アルバイトは禁止で髪色やローファーの色に関しても厳しい規定があるようです。

私立の学校ということもあり、化粧やピアスも原則禁止のようで、カッターシャツの下には無地の白を着る必要があるのだとか。

これらはネット上の情報であり、箕面自由学園高等学校が公表しているわけではないので信ぴょう性は不明です。

しかし、口コミの多くに「校則が厳しい」とあるので、他の高校と比べると規定が厳しいのかもしれませんね。

校則が厳しいことに窮屈さを感じる人もいますが、校則が厳しいことで身だしなみを整えられるという利点もあるので、一概に校則の厳しさがマイナスとは断定できません。

Twitter禁止?

すみません。もう一度ご回答を宜しくお願い致します。 箕面自由学園高等学校はTwitter禁止と聞いたことがありますが、本当でしょうか。

(引用:Yahoo!知恵袋)

Twitterが禁止との噂もあるようです。

Twitterが禁止の理由は不明ですが、Twitterの情報に惑わされないようにという意味があるのかもしれませんね。

しかし、この情報も信ぴょう性は不明ですので、単なる噂である可能性が高いです。

このように、ネット上には箕面自由学園高等学校に対するさまざまな声が挙がっていました。

「やばい」と言われているのは校則の厳しさのようで、校則の厳しさを指摘する声が多く寄せられていました。

しかし、これらの情報は噂である可能性もあるため参考程度にして下さい。

箕面自由学園高等学校はお金持ちがいく学校?

 

箕面自由学園高等学校はお金持ちが行く学校との噂もあるようです。

お金持ちが行く高校?

箕面自由学園高校は 金持ちがいく学校ですか?

(引用:Yahoo!知恵袋)

箕面自由学園高等学校は私立学校であるため、基本的にはある程度のお金は必要となります。

また、俳優から政治家に転身した山本太郎さんも箕面自由学園高等学校に進学したようですね。

最終的には高校を中退した山本太郎さんですが、有名人が進学した高校ということで、お金持ちが行く高校という印象が根付いたのでしょう。

箕面自由学園高等学校2022年度実績の学費・諸費は、Ⅰ類791,400円、Ⅱ類(文理進学)782,400円、Ⅱ類(クラブ選抜)770,400円となっていて、これらの他にも別途必要となります。

お金持ちという基準は不透明ですが、金銭面に余裕がある人が行く高校と考えられます。

箕面自由学園高等学校の良い口コミ1:特進コースが凄い

箕面自由学園高等学校のⅠ類特進には、SS特進コース、スーパー特進コース、特進コースがあり、充実した3年間のプログラムの中で学力を最大限に伸ばし、難関公立大学現役合格を目指しいます。

2年次より文系・理系に分かれ、希望大学合格に向けたきめ細やかな指導を実施しています。

そこで、コースの特徴を紹介します。

1.インプットとアウトプットのバランスを考えた授業

普段の授業はもとより、生徒が発表する機会を多く設けており、ただ暗記するだけの受動的な学習ではなく、暗記した知識を理解し応用性を高め、それを他者のために役立つものとして説明できるレベルまで高めていきます。

2.クラブや習い事も選択・継続可能だから高校生活が充実

「一度しかない高校生活を最大限充実させてほしい」箕面自由学園高等学校のⅠ類特進はそんな思いから放課後の活動(デザインタイム)をすべて選択性にしています。

クラブに習い事に、もちろん勉強に、自分が「これだ」と選んだものに全力を注ぐことができるのです。

3.学習目的、進学意識を育む充実した研修制度

何のために勉強し、何のために進学するのか。

「意志ある学び」をモットーにしているⅠ類はデザインタイムや学校外での自主研修を豊富に取り揃え、多様な価値観を育むとともに進路意識を高揚させています。

4.経験豊富な教師陣・キャリアセンタースタッフともに難関大学合格を目指す

東大・京大・難関公立大学合格へと生徒を導いた経験豊富な教員がサポート。

生徒一人ひとりの弱点を見極め、長所を最大限に伸ばしていきます。

生徒の姿を近くで見守り、自立を促しながら志望校への巣立ちを見届けていきます。

特進コースでは、自主研修やデザインタイム、勉強合宿や韓国研修などさまざまなカリキュラムが用意されているので、充実した学校生活を送れることに間違いありませんね。

箕面自由学園高等学校の良い口コミ2:チアリーディング部が凄い

2023年1月28日~9日に国立代々木競技場第一体育館にて、チアリーディング第33回全国高等学校選手権大会が開催され、箕面自由学園高等学校からはDivision1、Division2そしてスモールグループスの各部門に出場、見事全ての部門で優勝しました。

また、チアリーディングの甲子園といわれるジャパンカップで9連覇、合計30回以上もの全国制覇を果たしています。

箕面自由学園高等学校にはクラブ選抜コースがあり、入試学力の養成とともに、高い志を持った仲間たちと練習に打ち込み、日本一を目指します。

クラス全員が強化クラブに所属しているため、同じ目標を掲げ、互いに切磋琢磨しながら学べるのが特徴です。

チアリーディングを通じて多くのことを学ぶことができ、「元気・勇気・笑顔」を届け、日本一を目指す経験は一生の宝物になることでしょう。

コメントを残す