👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

三島スカイウォークがつまらない・面白くない4つの理由と楽しむコツを解説

2015年12月14日に開業した静岡県の三島市にできた日本最長の大吊橋「三島スカイウォーク」ですが長さ400mもあり、実際に歩いてみると風で揺れたりと結構怖いスポットでもあります。

ただ、天気が良ければ吊り橋から富士山が見えたり、紅葉の時期は木々の色合いがかなり綺麗です。

私も一度行ったことがありますが連休はかなり人が人が多く、かなりの人が同時に橋を渡っていて落ちないか不安になったことを思い出しました。

そんな三島スカイウォークですがつまらないとの声が上がっています。どんなところがつまらないのか調査してみました。

三島スカイウォークがつまらない理由1:料金が高い割に混むので楽しめない

料金が高い割に面白くないと感じる人も一定数いるようです。

吊り橋を渡った先にはお土産やカフェ、フクロウや小動物を触れ合えるお店(ふろっく)などしかないため、意外とすぐにまた橋を渡って戻ってしまうって人も少なくないです。

それに休日は時期にもよりますが混んでいるので、吊り橋を渡った先でゆっくり休憩することも難しいケースもあるでしょう。

大人の入場料1,100円は高い。橋はコンクリートと鉄でできた無機質なものです。
渡り終えた先には、ありきたりなキッチンカーと土産屋にカフェです。
500円がいいとこでしょう。
なかなかの残念スポット。

(出典:じゃらん)

三島スカイウォークがつまらない理由2:高所恐怖症の人にはキツイし、揺れる

三島スカイウォークは高所恐怖症の方には絶対おすすめできない場所です。

橋は全長400mで行きと帰りの人が1人ずつ一列になってゆっくりと歩いて行きます。

景色は綺麗ですが、下は谷のようになっており最高地上70.6mの高さがあります。

私が行った日はかなり風が強く、橋の渡り始めはまだ良かったのですが中間くらいでかなり揺れを感じて本当に怖かったですね。

高さも含め想像以上に怖いので、高所恐怖症の人は控えた方がいいかもしれないです。

三島スカイウォークがつまらない理由3:雨や曇りの日は景色が見えない

晴れていれば綺麗に富士山や綺麗な自然が見えるため、絶景スポットになります。

ただ曇っていたり、雨ですと視界が悪く富士山や自然を見たり、綺麗に撮影することは難しいです。

特に山の天気は変わりやすいので事前に天気予報を確認しておきましょう。

橋を渡るのに大人1000円、高い。どれだけすごい橋なのかと期待しましたがただ揺れる橋で、景色もよく見えず特に見どころもないです。雨のなかひたすら歩く。橋の先には何もない。また吊橋を渡って帰ってきてトイレを使って終わりました。帰りに駐車場内での異常なまでの渋滞。二度と行きません。観光地でこんなに嫌な思いをしたのは初めてです。

(出典:じゃらん)

三島スカイウォークがつまらない理由4:食べ物が割高な割に普通

これはどの観光スポットにもあることですが、私自身も2〜3割は高いかな?といった印象でした。

当時は入場チケットに「そらソフトクリーム」の50円引きの割引チケットが付いていたので470円→420円で購入した覚えがありますが、観光地にありがちな普通の味でした。

私は食べなかったのですが富士山の天然氷を使用したかき氷についてコメントされている方も多いです。

先日家族で訪れました。
夏休みだったのでとても混雑していましたが、自然を感じられてとても楽しかったです。一つ残念だったのは息子が食べていた屋台のかき氷が、富士山の天然氷を仕様と書いてあったので楽しみにしていたのですが、普通のものと違いがありませんでした。かき氷にしては非常に高い値段設定でした。
裏の坂を登る際、屋台の裏が見えたのですが
富士山の氷でもなんでもなく、よくある業務用の氷を使っていて驚きました。非常に残念でした。

(出典:じゃらん)

こちらのような意見もありました。

先日行ってきました。カキ氷大好きな私は三島スカイウォークで大人気??と噂の富士山の天然カキ氷を楽しみにしていました。
屋台が色々と出店していて縁日みたいで楽しかったです。
とても暑い日だったので行列ができていましたが並んで購入。味は桃にしました。味も見た目も至って普通でした。
坂の上から見えてしまったのですが、残念だったのは氷屋さんの裏手に、知っている愛知県の氷のダンボールがあったことです。
せっかく静岡県へ来て富士山の天然氷と大きくかかげてあるのに大人気のカキ氷が、今時まさかただの氷だったとはガッカリでした。

(出典:じゃらん)

三島スカイウォークを楽しむためのコツ!

ここまで三島スカイウォークがつまらないと言われる理由について話しましたが、景色や空気も良くて普通に楽しめる観光スポットです。

ただ、より楽しむためのコツについて簡単に紹介します。

三島スカイウォークを楽しむためのコツ
  • なるべく快晴の日に行く(富士山の山頂まで綺麗に見える)
  • 休日はかなり混むので平日もしくは休日の午前中に行く

晴れている日に行くと本当に景色が綺麗で感動するかと思います。

また、夜に行っても夜景が綺麗なのでデートにもかなりおすすめのスポットと言えますね!

十津川村がやばい3つの理由とは?バイク事故や酷道すぎる国道、空中散歩など噂を調査十津川村がやばい3つの理由とは?バイク事故や酷道すぎる国道、空中散歩など噂を調査 三島スカイウォークの評判は?揺れる?渋滞が迷惑との声も…。三島スカイウォークの評判は?揺れる?渋滞が迷惑との声も…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です