👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

宮古冷麺がまずい・美味しくない口コミは嘘?芸能人ロバート馬場さんのお店を調査

今回は宮古冷麺の評判について調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

宮古冷麺とは

スポンサーリンク

宮古冷麺は、沖縄県宮古島市にある「宮古冷麺」というお店で提供されている冷麺です。

2022年に開業したばかりのお店ですが、ロバート馬場さんがプロデュースしたことで話題となり、人気を集めています。

麺はグルテンフリーの米粉で作られており、スープは、宮古島産の海ぶどう、なまり節、昆布、アロエで取った、あっさりとした味わいです。

海ブドウ、ゴマ、生姜が乗っていて、さらに海ブドウの下にはなまり節も入っていて、麺やスープとよく合い絶品です。

スポンサーリンク

宮古冷麺がまずい?微妙との声はなぜ?

人気上昇中の宮古冷麵ですが、その一般的な冷麺とは違った味わいや、見た目にいい印象を持たない方も一定数いらっしゃいました。

冷麺感がない

冷麺を想像して行ったのでちょっとびっくりしました!!

海ぶどうのプチプチ感が沖縄っぽくてよかったです。
ただ、冷麺かと言われると。。。
シーチキンが入っていたりで、不思議な感じでした。

(引用:食べログ

 

冷麺感はそこまでなくて、太めの素麺みたいな感じ

(引用:食べログ

宮古冷麺の特徴の一つとして、麺がグルテンフリーの米粉で作られています。

その見た目が、よく知られている冷麺と違ってそうめんのように感じる方が一定数いらっしゃいます。

冷麺と聞いてぱっとイメージするものとは違っていて、麺は白い見た目をしているので、冷麺感を感じづらかったり、そうめんみたいで好ましくないと感じる方も多いのではないでしょうか。

ただ、一般的な冷麺として食べると物足りなさを感じると思いますが、他では食べられない冷麺として食べるとまた違った感想になるのでしょうか。

宮古島ならではの工夫やトッピングなども楽しみながら食べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

値段が高い

別にまずくはないですが、至って普通です。
強いて言うなら海ぶどうがふんだんに使ってるなぁという印象。
宮古島にしては価格が高いし、ごめんなさい再訪はないです。

(引用:食べログ

宮古冷麺の値段は1,200円(2023年9月現在)で、一般的な冷麺と比べると少し高めに感じる方も少なくないはずです。

宮古冷麺は、宮古島産の食材をふんだんに使った、新しいタイプの冷麺です。

そのため、食材のコストや人件費などが高くなっている可能性があるのではないでしょうか。

また、宮古島は観光地であることも、値段が高くなる要因の一つと考えられます

「高い」と感じるかどうかは、個人の価値観によって異なります。

検索ワードには「まずい」「美味しくない」なども見られますが、普通と感じる人はいても実際にそのように感じる方は見られないため、噂に過ぎないこともわかります。

宮古島の食材にこだわった新しいタイプの冷麺を味わう価値があるかどうか、検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

宮古冷麺の良い口コミ1:味だけじゃない!

一般的な冷麺とは違った点について、厳しい声はあったものの、それ以上に美味しいとの声がたくさん上がっていました。

美味しさを感じるのは、味だけではないということがよくわかりました。

景色がいい

宮古冷麺は海沿いに店を構えていて、パイナガマビーチが目の前にあります。

食事をするテーブルの近くにたくさんの窓があり、パイナガマビーチが一望できるので、素敵な景色を眺めながら食事を楽しめるなんて最高ですよね。

同じ食事でも、壁を見ながら食べるのと海を見ながら食べるのでは味の感じ方が違うはずです。

雨の日だと少し残念ではありますが、晴れていれば最高のロケーションになるのではないでしょうか。

ビジュアルがいい

先ずはそのビジュアル。

真っ白な麺に透き通ったスープ。

器もセンスの良い物を使用している。

そして高く積み上げられた海ぶどうと酢橘のグリーンが、窓越しに広がる宮古ブルーの海と空に溶け合い美しい。

(引用:食べログ

冷麺に海ブドウという発想は沖縄ならではですよね。

透き通ったスープに、白い麺と海ブドウが浮かんでいると沖縄の海岸を思い浮かべる方も少なくないのではないでしょうか。

また、盛り付ける器も綺麗だと、より料理を引き立ててくれますよね。

食事をする際に一番最初に入ってくるのは目からの情報です。

だからこそ、料理の見た目や盛り付けは、味付けと同じくらい大事なものなはずです。

宮古冷麺は見た目も大切にしているので、そこに関しても好評の声が多くありました。

スポンサーリンク

宮古冷麺の良い口コミ2:シンプルで美味しい!

シンプルな見た目以上の美味しさに驚く方も多い印象でした。

一般的な冷麺と違った見た目は、シンプルではありますが、海ブドウが印象的です。

出汁がうまい

見た目は透明な綺麗なスープですが、出汁がしっかりきいてて美味しいとの声が多くありました。

宮古冷麺のスープは、鰹節と雪塩、アロエに昆布と秘伝のタレで作っています。

鰹節ベースのスープで、しっかりと出汁と旨みが感じられます。

最初に口にするのはスープの人が多いのではないでしょうか。

美味しいスープだと箸がすすみますよね。

さっぱりしていて食べやすい

さっぱりしていて美味しいと感じる方が多くいらっしゃいました。

カツオがしっかり効いたスープは、さっぱりとしていて食べやすいみたいですね。

スープがあっさり目なのもありますが、付け合わせのライムや生姜が良いアクセントになるのではないでしょうか。

お酢や特製ドレッシングにコーレーグースもあるので、味変も楽しめるのも嬉しいポイントですね。

なまり節がポイント

一見たくさんの海ブドウが乗っている冷麺に見えますが、実はその下にあるなまり節が大切なポイントなのです。

麺には塩を塗りこんでおらず、スープもあっさりめなので、少し薄めに感じる方もいらっしゃると思いますが、このなまり節と海ブドウと一緒に食べることによって、一気に美味しさが増します。

実際美味しいと感じている方は、このなまり節を混ぜたり、麺と一緒に食べている方が多かったです。

宮古冷麺のメニューを紹介

宮古冷麺はメニューが2つしかないので、常駐されているメニューを紹介したいと思います。

宮古冷麺

伊良部島の鰹節と雪塩、宮古島産アロエ、北海道産昆布、馬場秘伝のタレで作られたスープに、米粉99%のグルテンフリーで、蕎麦粉不使用の麺が浮かんでいます。

綺麗なスープに浮かぶ白い麺とたくさんの海ブドウの間には、ポイントであるなまり節が挟まっています。

一般的な冷麺とは違った宮古冷麺は、シンプルな見た目以上の美味しさを感じます。

カオマンガイ

カオマンガイとはタイ風鶏めしです。

鶏スープで炊いたご飯に、特製ソースがかかった鶏ハムが乗っています。

冷麺があっさりしているので、もう少し食べたい方やご飯ものも食べたい方におすすめです。

宮古冷麺はどんな人に向いている?

宮古島産の米粉麺とスープを使った、新しいタイプの冷麺を作り出した宮古冷麺。

綺麗なスープに浮かんだ白い麺とたくさんの海ブドウは、他では見られない冷麺なのではないでしょうか。

シンプルな見た目に、少し不安を感じる方もいらっしゃいましたが、口にした途端、その美味しさに驚く方も多いはずです。

一般的な冷麺と比べると、冷麺感が感じられなかったり、値段が高く感じる方もいらっしゃると思います。

「冷麺」というより、「宮古冷麺」という新しいジャンルの食べものとして食べると、また違った感想になるはずです。

宮古島の食材を使った冷麺は他では決して食べられません。

近くを訪れた際は、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。