👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

モンテッソーリが怖い・危ない3つの理由とは?やばい噂や後悔しないためのポイント

お子さんの教育としてモンテッソーリ教育を検討される親御さんも多いのではないでしょうか。

ただ、一部でモンテッソーリ教育に対して怖い・危ないといった噂もあるようです。

今回はそんな噂について調査しました。

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育とは「子どもには自分で自分を教育する、育てる力がある」という自己教育力の考えを根底に考えられた教育法であり、医師であり教育家であるマリア・モンテッソーリ博士が考案しました。

子どもは教えなくても自ら歩こうとしたり、自立に向かって積極的に成長・発達していこうとし、モンテッソーリ教育の自己教育力によって能動的な行動や積極性が身につくと言われています。

また、将棋の藤井聡太棋士やアマゾンの創設者であるジェフ・ベゾスさん、さらにはマイクロソフト創設者のビル・ゲイツさんなどがモンテッソーリ教育を受けており、今最も気になる教育法として話題となっています。

モンテッソーリ教育が怖い・危ない理由1:禁止・制限が多くてかわいそう…。

モンテッソーリ教育とは、子どもを観察することによって見出された事実に基づく科学的な教育方法であり、近年ではモンテッソーリ教育への関心が高まり、教育方法を取り入れている学校も少なくありません。

しかし、モンテッソーリ教育と検索すると「怖い」「危ない」「独特すぎる」などといった低評価の口コミが多く、モンテッソーリ教育に不安を抱いている人が多く存在しました。

その理由の一つが「禁止や制限が多くてかわいそう」というものです。

モンテッソーリ教育は、日常生活の練習、感覚教育、言語教育、算数教育、文化教育の5つの教育分野に分けられており、その教育方法には数々の制限があります。

例えば、日常生活の練習では積み木や味覚瓶といった教具が用いられるのですが、その際に使用するものは陶器やガラスなどの本物を使用し、コピー品なども一切使用しません。

そして、この時期の子どもたちは外で遊ぶことを好む傾向がありますが、モンテッソーリ教育は屋内での活動が多くなっているので、外で遊びたい子どもにとっては少し苦痛に感じることでしょう。

さらに、モンテッソーリ教育では「実物を与える」という原則があるため、キャラクターの物を持つことは禁止されており、子どもからキャラクターを排除する必要があるのです。

このように、モンテッソーリ教育にはさまざまな禁止や制限があり、実際に取り入れてみようと思っても「かわいそう」と感じてしまい、断念する家庭が多いのです。

モンテッソーリ教育が怖い・危ない理由2:独特な教育でやばい・気持ち悪い…。

モンテッソーリ教育は、カトリック系の保育園や幼稚園を中心として行われている教育カリキュラムの一つであり、その教育方法は一般的な教育とはかけ離れた独特な教育方法であることでも有名です。

なぜモンテッソーリ教育が「独特な教育でやばい」と言われているかと言うと、①縦割りクラス、②おしごとの時間、③年間行事という特徴にあります。

①縦割りクラス
一般的な保育園や幼稚園では0歳児や3歳児、5歳児のように年齢ごとにクラスを分けますが、モンテッソーリ教育では異年齢混合の縦割りクラスで編成され、基本的には2歳半から6歳までの年齢の違う子どもたちがひとつのクラスで活動を行い、子どもたちがお互いから学び、社会性や協調性を自然に身につけられる環境を整えています。

②お仕事の時間
モンテッソーリ教育では「おしごと」と呼ばれる独特な体系の教具を使った活動の時間が設けられ、それぞれの発達段階に合わせて感覚や言語、算数や文化を学び、自己形成を身につけていくのです。

③年間行事
モンテッソーリ教育は、年間行事に割く時間が他の保育園と比べて少なく、運動会やクリスマス会などは行っているのですが、それらに割く時間が控えめに調整されており、運動会やお遊戯会の練習はほとんど行わず、子どもたちには日常生活から得る学びを重視しています。

このように、モンテッソーリ教育は一般的な保育園や幼稚園とは違い独自の教育方法が取り入れられているため「モンテッソーリ教育は独特すぎて気持ち悪い」と感じる人が多く、一般的な保育園や幼稚園に通わせたいと思う人が続出しているのでした。

モンテッソーリ教育が怖い・危ない理由3:集団生活に馴染めなくなる?

モンテッソーリ教育は、①自立が出来る、②積極性が身につく、③集中力が身につく、④情緒が安定するといったメリットが得られると言われていますが、その反面「集団生活に馴染めなくなる」といったデメリットもあります。

個人個人のやりたいことを尊重するモンテッソーリ教育に慣れてしまうことで、一般の学校に進学した際に集団行動に馴染むことが出来ず、自分のやりたいことを優先する協調性のない子どもに育ってしまう可能性が非常に高いと言われており、実際に進学した際に「周囲から浮いてしまった」という声は少なくありません。

実際にモンテッソーリ教育を受けた子どもは、幼いころから自立している子が多く、同世代の子どもと比べてもどこか大人っぽい雰囲気であり、しっかりした子と言われる反面「変わった子」とも言われがちです。

そのため、我が子が集団で浮いた存在となってしまうことを心配する人は多く「協調性が無く周囲に溶け込めなくなるのでは」「いじめられたらどうしよう」などと不安を抱えてしまうようになり、結果として普通の教育を受けさせてあげたいと思うのでした。

モンテッソーリ教育が向いている子供や家庭とは

モンテッソーリ教育は「全ての子どもに向いている」と謳っていますが、実は向き不向きはあり、全ての人におすすめできる教育法ではありません。

モンテッソーリ教育が向いている子どもは下記の通りです。

①屋内での活動が好き
②おとなしい子

上記のような子どもであれば、屋内の活動が多く座って行うことが多いモンテッソーリ教育に苦痛に感じることなく順応していくことが出来るでしょう。

また、子どもだけでなく家庭にも向き不向きがあり、家庭とモンテッソーリ教育とのギャップに疲れて挫折してしまう家庭も多く存在します。

①子どもに〇〇して欲しいという願望を持たない
②子どもに自主性を身につけて欲しいと考える
③絶対に家庭でも取り入れなくてはいけないと考えない

モンテッソーリ教育は、子どもの自主性を育む教育法であるため、親が子どもに願望ばかりを抱いていたら自主性が育つことは難しくなります。

そのため、子どもの自主性を育むためにも、子どもへの願望は控え自主性を身につける生活環境を整える必要があります。

また、保育園や幼稚園でモンテッソーリ教育を取り入れている場合、同じように家庭でも取り入れようと努力する家庭は多いのですが、多くの家庭が挫折をしているため、家族内で家庭ごとの限度を決めるようにし、神経質になりすぎないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です