👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

風雲!たけし城がつまらない?やらせっぽい?Amazon版の評価が低い?評判を調査

風雲!たけし城ですが賛否あるようです。

今回はそんな声を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

風雲!たけし城とは

 

風雲!たけし城とは、1986年5月2日~1989年4月14日までTBS系列で放送された視聴者参加型のアトラクションバラエティ番組です。

ビートたけしさんが城主を務める難攻不落の「たけし城」を落とすため、毎回約100人ほどの一般応募者からなる攻撃軍を谷隼人隊長が率い、緑山スタジオに作られたたけし軍が仕掛けたさまざまな難関ゲームを攻略します。

難関を攻め行くうちに攻撃軍は次々と脱落していき、最終的に勝ち残り城主たけしを撃ち落とした人が賞金100万円を獲得するというルールですが、最後まで勝ち残る人は少数でした。

風雲!たけし城が「つまらない」との声はなぜ?

 

世界中にブームを巻き起こした伝説の番組「風雲!たけし城」ですが、ネット上では「つまらない」といった声が挙がっているようですね。

ビートたけしさんがつまらない?

ビートたけしがつまらないということは、風雲たけし城とひょうきん族もおもしろくないということですね?

(引用:Yahoo!知恵袋)

番組自体がつまらないのではなく、ビートたけしさんがつまらないとの声が挙がっているようです。

しかし、「風雲!たけし城」や「俺たちひょうきん族」の評価なかなり高く、どちらの番組も近年の番組よりも規制も緩く「面白い」といった声が多く挙がっています。

また、風雲!たけし城は、当時の番組は面白くても、Amazon Prime Video版に対してつまらないといった声がTwitterに挙がっているようです。

Amazon Prime Video版は当時の番組よりもさらにパワーアップしており、さらに規模が大きくなっていることも発表されています。

そのため、新たなるルールやゲームが変更になったりといった違いは少なからずあるでしょう。

ですが、そういった違いを楽しむことで、番組を新鮮な気持ちで飽きずに観ることができるのではないでしょうか。

風雲!たけし城の良い口コミ1:破天荒すぎる

 

80年代にブームを巻き起こしたTBS系・視聴者参加型アトラクション系バラエティ番組「風雲!たけし城」は、毎回約100名の一般人からなる挑戦者たちが、ビートたけしさんが城主を務める難攻不落の「たけし城」を目指してさまざまな仕掛けに挑戦する番組です。

泥だらけ、水浸しになりながらたけし城を目指す挑戦者たちの姿に、日本のみならず海外でも熱狂的なファンを生み、その破天荒さが話題となりました。

そんなバラエティ番組が「復活!風雲!たけし城」として34年ぶりにAmazon Prime Videoでよみがえることが決定となり、当時の熱狂を映し出した特別映像が解禁されました。

「行けー!」という谷隼人隊長の馴染みの礼号とともに始まる映像には、当時の挑戦者たちの奮闘が映し出され、水に浮かんだ偽石を見分けながら対岸まで渡る竜神池や、回転しながら進む大きなキノコにしがみ付いてゴールを目指すキノコでポンなど、ユニークで破天荒なバラエティ溢れる難関ゲームに挑戦者たちは果敢に挑みます。

また、注目して欲しいのが映像の中で映し出される「史上最大の規模のパワーアップ」という文字です。

Amazon Prime Video版のたけし城では、新たな挑戦者たちを待ち受けるさまざまな難関ゲームが精鋭たちの行く手を阻み、スケールもさらにパワーアップしたたけし城を舞台にして、どんな熱い戦いが繰り広げられるのかが見どころとなるでしょう。

近年ではほとんど目にすることがなくなったバラエティ番組の「破天荒さ」をもう一度見ることができるのは、嬉しいですね。

風雲!たけし城の良い口コミ2:スケールがすごい

Amazon Prime Video版で復活することとなった「風雲!たけし城」は、全部のゲームが当時よりもさらにスケールアップしています。

80年代に空前のブームを巻き起こし、日本のみならず海外でも熱狂的なファンを生んだ「風雲!たけし城」は、放送当時の最高視聴率24.7%を記録、全国のお茶の間はもちろんですが、150カ国以上で放送され世界中を魅了しました。

たけし城の家老家臣を務めるお笑い芸人・バナナマン設楽さんは、ゲームの見どころについて「全部のゲームがスケールアップしている、実際に現場に行ったときの全体像がスゴイから、こんな規模でバラエティが作れるんだと、今でもスゴイなと思っています」と語りました。

さらに、日村さんも「キノコでポンや竜神池とか他のゲームも全部生で見ました。まあスゴイです、こんな規模は他にはないです。この番組みたいなのはどこ探してもないと思います。最高です」と改めて本作の壮大なスケールに感動していたのです。

SNSでは当時の「風雲!たけし城」のスケールの大きさも高く評価されていて、「お金かかってる」「お金もかかって豪華で面白い」といった声も挙がっており、お金を惜しみなくかけてスケールの規模を大きくしているところには高評価な声が相次いでいました。

当時のたけし城の番組セットには総工費1億円がかけられたとの情報があり、番組内では「20世紀最大の工事だった」と喧伝されたとのこと。

Amazon Prime Video版で復活する「風雲!たけし城」は、ゲームの面白さはもちろんですが、スケールの大きさにも注目してみて下さいね。

風雲!たけし城はどんな人に向いている?

今回は、風雲!たけし城に対する声を調査しました。

風雲!たけし城は、1986年5月2日~1989年4月14日までTBS系列で放送された視聴者参加型のアトラクションバラエティであり、たけし軍が仕掛けた数々の難関ゲームを一般応募者からなる約100人の攻撃軍が攻略していく番組です。

難関ゲームを攻め行く攻撃軍は次々と脱落していくほどの難しさであり、ゲームの面白さやバラエティ番組という枠を超えたスケールの大きさも魅力の一つです。

挑戦者たちが果敢に無理ゲーの体当たりで挑む姿は見どころであり、近年ではあまり見ることができない「破天荒なバラエティ」を楽しむことができるでしょう。

コメントを残す