👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

南極物語がひどい!犬を鎖に繋いで置き去りにした理由やかわいそうとの声も

実話を元にしている映画「南極物語」ですが樺太犬タロ・ジロについて、気になる話題をお届けしたいと思います。

第一次越冬隊が昭和基地に樺太犬のタロとジロなど15頭を首輪に繋いだまま置き去りにしたシーンがひどいと話題になっています。

動物愛護法に引っかかるような内容でどんな理由からあんな行動に出たのか気になります。

今回はなぜ15頭の樺太犬を南極に置き去りにしたのか理由について解説します。

南極物語がひどい!観測を協力した15頭の樺太犬を置き去りにした理由とは?

第二次世界大戦後の日本、敗戦した日本はアメリカの圧力で南極観測を行うことになります。

ただ当時、膨大なエネルギーを得られる原子力開発に予算を割いて注力していた日本にとって南極観測への予算はほとんどなく、国民からの多くの募金、企業からの協力によって開始することができた国家プロジェクトでした。

南極観測隊第一次越冬隊の1年以上にわたる南極生活は想像以上に大変で、過酷な環境の中で南極の気象や磁気、オーロラなどの現象を観測しデータを残すためにも寒さに強い樺太犬の協力が欠かせませんでした。

第二次越冬隊員へ業務を引き継ぐ中で悪天候に見舞われて、海氷などの状況からも隊第一次越冬隊員を一旦船に引き上げさせる命令が下りました。

第二次越冬隊員の隊長「村山雅美」が樺太犬をすぐに使いたいと言っていたため、無人にするのは数時間と考えていた隊第一次越冬隊は昭和基地に樺太犬を鎖で繋いだままにしました。

ただ、天候は悪化していくばかりで第二次越冬隊員が上陸し、任務を遂行することは難しいと判断されたこともあり、船は離岸してタロ・ジロをはじめとする15頭の樺太犬は南極に残されることになりました。

故意に残したわけではなく、そうするしかなかったことがわかりますね。

1年後、なぜタロ・ジロの2頭は生き延びることができたのか?

鎖に繋がれて放置された15頭のうち、7頭は鎖に繋がれたままやせ細った状態で遺体が見つかり、6頭の姿は見つかりませんでした。

15頭の樺太犬を残したまま南極を離れた翌年、タロ・ジロの生存を確認できたわけだが第3の犬が2頭を助けたのでは?と言われています。

それは親のようにタロ・ジロの面倒を見ていた「リキ」だと考えられています。

タロ・ジロの発見の9年後に、昭和基地の近くで雪の中から一頭の樺太犬の死骸が見つかりました。

その死骸は灰色で短毛で「リキ」の特徴にも当てはまりました。

リキは15頭の中で最年長で若かったタロ・ジロの面倒を見ていたことから、南極で残ったあとも2頭の食糧を持ってきたと推測されました。

ただ、リキは年老いており体力的にも生き残れなかったと思われます。

南極物語がひどい!樺太犬がかわいそう!との声を調査

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。