👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

能開センターがひどい?ついていけない子も多い?宗教っぽいなど噂を調査

能開センターですが賛否あるようです。

今回はそんな声を調査しました。

能開センターとは

能開センターとは、ワオ・コーポレーションが経営する学習塾であり、受験専門の集合指導にとどまらず、個別指導やオンライン学習により、45000人以上の会員がいます。(※2022年11月24日時点)

1976年に設立された能開センターは、大阪で48名の子どもたちとともに教室をスタートさせ、設立以来、「厳しさ・熱気・大笑い」の授業からあふれ出る情熱が子どもたちに届いたことで輪が広がりました。

そして、保護者や地域の人々に支えられ幅広い地域に展開し、120校以上もの教室を構えています。

「志を高く持ち、自ら学び、自ら考え、自らの判断で行動できる人物の育成」を教育理念とし、能開の指導者は学ぶ面白さが伝わる授業で、できる感動を子どもたちに実感させ、自ら学ぶ姿勢と学力を伸ばす教育方法が特徴です。

能開センターがひどいとの口コミ1:宗教っぽい?

中学受験・高校受験・大学受験の勉強を対象とした学習塾の能開センターですが、ネット上では「宗教っぽい」との口コミが寄せられています。

実際に能開センターに通っている人の体験談では、「開講式に先生の高校の体験談を聞かされた」、「叫ばされた」、「先生の話でいかに盛り上がれるかが大切」などと、いかにも宗教と思わされる内容が寄せられていました。

能開センターは「学ぶおもしろさが伝わる授業」を追求しており、厳しさや熱気、大笑いのある授業を提供しています。

その理由は、「学ぶことはおもしろいものだ」と実感できると新しいテーマや難問にチャレンジする気持ちが芽生え、「こんな考え方もあるのか」という気づきで、発想の幅を広げることができるからです。

「厳しく、緊張感があるけど楽しい」と思えるのが能開センターの授業の魅力と謳っています。

そのため、能開センターではフロント指導という玄関で子どもたちを出迎え、あいさつを交わすときの声の調子や表情を確認したり、授業の前後にホームルームを設け、先生の得意の子どもたちが興味をひく話で子どもたちのやる気と集中力を引き出したりと、他の学習塾では行っていない独自の教育方法を取り入れいています。

学力を伸ばすという目的に「学ぶおもしろさが伝わる授業」を追及していることから、受講者は「宗教っぽさ」を感じてしまい、徹底された指導方法に危険さを感じてしまったのでした。

能開センターがひどいとの口コミ2:ついていけない子も多い?

 

1976年に大阪で設立された集団学習塾の能開センターは、20都道府県に展開し120校以上の教室を展開する人気学習塾ですが、中には「ついていけない子もいる」との情報が浮上しています。

実際に能開センターに寄せられている評判を確認すると、「配布されたテキストやテストでは難解な問題もあってついていけなかった」との声が寄せられていましたが、大多数が「分かりやすい」、「自分に合ったレベルで学べる」と高評価としていました。

しかし、塾の体制に不満を抱いている人は少なくなく、予習重視ということから子どもが全く習っていない参考書を読み、課題をこなし、授業を受け、テストを受けるというスタイルから、親が参考書を読み、問題の解き方を教えている状況に陥っている、授業中に騒いでいる子がいる、自習室が少ないとの口コミも寄せられていました。

能開センターは、一人ひとりの志望校や学習目的に応じたコース設定で実力アップを図っており、それぞれの実力に合ったクラスで仲間と切磋琢磨しながら学力を伸ばしていく仕組みがあります。

塾に入会する際には、本当に自身がついていけるかを見極めるためにも、入会説明会に行くことが重要です。

さらに、能開センターの場所によっては「無料授業」を体験することができるので、実際の授業を体験して見極めることをおすすめします。

能開センターの良い口コミ:授業が分かりやすくて面白い

 

大阪でスタートし、現在は他府県にも教育拠点を構えている能開センターは、授業が分かりやすくて面白いとの評価が相次いでいます。

能開センターの良い口コミは以下の通りです。

・能開センターで体験授業したけど、なかなか良いね

・能開センター!先生面白いからおすすめ

・能開センターの磯先生が宇都宮校に移動したから、さっき会ってきた!全く変わってなかった(笑)相変わらず面白い

このように、ネット上には能開センターの良い口コミが数多く寄せられており、多くの人が面白さを評価していました。

能開センターの指導方法は、先生一人に対して複数の生徒が一緒に学ぶ少人数の集団形式の指導方法がとられており、生徒の心をつかむ先生の話術と指導力、さらに一緒に学ぶ仲間がいることで、緊張感も感じつつも楽しい授業が行われています。

また、子どもたちの表情が一番分かりやすい出迎え時の「フロント指導」や、クラス担当者が授業前に行う「ホームルーム」など、限られた時間のなかで学習効果を高める工夫がされています。

廊下には成績順位が張り出されたり、集団の中で学ぶことでやる気になるきっかけを生み出し、「友達と良い意味で競合し合って高め合うことができ、自分の成長に繋げることができた」、「塾内のテストで成績が悪ければクラスが下がることを子どもが面白い、次は頑張ろうとやる気がでていた」などと、集団で学ぶことの良さが実感できるのです。

さらに、授業の面白さだけでなく、分からない所は個別で丁寧に教えてくれるサポート体制も整っており、能開センターは、集団学習の良さと個別サポートの良さの両方を兼ね揃えているのでした。

河合塾マナビスが最悪?ひどい?実際に体験された口コミ・評判を調査河合塾マナビスが最悪?ひどい?実際に体験された口コミ・評判を調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です