👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

NTTインボイスのひどい・めんどくさい声はなぜ?4つの意見や背景について調査

NTTのインボイスですが、検索結果にひどい・めんどくさいなどのワードが見られます。

今回はなぜそういった声が上がってしまうのか調査しました。

(出典:Google)

※当サイトはプロモーションが含まれています。

NTTのインボイスがひどい・めんどくさいと噂される理由

調査すると次の理由からそういった声が上がっているようですね。

理由1:インボイス番号の不記載や連絡先が不明なケースがあった

NTTの請求書でインボイス番号が見当たらなかったり、連絡先が記載されていないことがあったようですね。

問い合わせをしようとしても、電話が繌がりにくいことがあり、対応を待つ間に不安が増します。

請求書には、問い合わせをしやすいように、インボイス番号や連絡先を明記することが重要です。

これにより、必要な時に迅速に対応を求めることができます。

請求書を受け取ったら、まずはこれらの情報が記載されているかを確認しましょう。

何か問題があれば、早めに問い合わせをするとよいですね。

理由2:問い合わせ対応の遅延している

NTTからの請求書
インボイス番号が記載されていません。
電話で確認しようにも電話番号も載っておらず、調べてかけても込み合いアナウンスでまったくもって繋がりません。いくつか調べた番号すべてそうです。
HPからWEB問い合わせをしても、5営業日くらいで回答しますとの返信が来てから2週間以上たち、それをコピペしてどうなっていますか?の問い合わせをしても、5営業日くらいで回答しますとの返信が来てさらに1週間が経過します。

電話会社がそれでいいんでしょうか?

(出典:Yahoo!知恵袋)

NTTへの問い合わせ対応の遅れは、利用者にとって大きなストレス源となっているようですね。

特に電話でのサポートを求める際、30分以上も待たされることがあり、さらには待っている間にちょっとした用事で席を離れた隙につながり、戻ってきたら通話が切れてしまっているなんてこともあるようです。

これでは、再び長い待ち時間に耐えなければならなくなります。本当に、ただ待っているだけでこんなに時間がかかるなんて、非常にもどかしいですよね。

また、WEBでの問い合わせもスムーズにはいかないようです。

問い合わせをしてから「5営業日以内に返答します」との自動返信はあるものの、実際には2週間以上経っても何の音沙汰もないことがあるようです。

その間、利用者は不安や不便を感じ続けることになります。さらに、その後もう一度問い合わせてみても、同じように「5営業日以内に返答します」との返信のみで、具体的な解決には至らないことが多いようです。

理由3:おまとめ請求だと特に混乱する

関連会社が多いNTTでは、一つの請求書に複数のサービス料金がまとめられていることがあります。(おまとめ請求利用時)

NTT東日本からの固定電話料金、NTTドコモからの携帯電話料金、さらにはNTTコミュニケーションズからのインターネット料金が一緒に記載されているのです。

その後、WebビリングでパスワードとIDを設定し、電子帳簿保存法に沿って保存しておかなければならないので一苦労ですよね。

長い目でみるとおまとめ請求を解約したほうが効率は上がると思います。

理由4:複数のアカウントIDとパスワードが必要

NTTグループのサービスを利用するにあたり、複数のアカウントIDとパスワードが必要になることは、利用者にとって大きな負担となっています。

特に、各サービスへのログインプロセスが複雑になると、最終的に必要なインボイスにたどり着くまでの道のりが一層困難になります。

例えば、東京に住む田中さんがNTTコミュニケーションズのOCNを使ってインターネット接続をしている場合、まずOCNのホームページでアカウントIDとパスワードを入力してログインする必要があります。

さらに、田中さんがウェブサイトの運営のためにNTTPCコミュニケーションズのホスティングサービスを利用しているなら、このサービスにもまた別のアカウントIDとパスワードが必要です。

このように複数のサービスを利用している場合、それぞれのサービスごとに異なるログイン情報を管理し、それぞれにアクセスする手間がかかり、「インボイスまでたどり着けません。」という状況に陥りやすくなります。

そもそも「インボイス」とは

インボイスとは、商品やサービスの提供に伴い発行される請求書のことを指します。

正確な取引記録を保持するために必要な文書であり、取引の明細、金額、支払い条件などが記載されています。

インボイス制度の導入は、透明性の高い取引を促進し、適正な税務処理を支援する目的があります。

なぜNTTのインボイスは煩雑なのか

NTTのインボイスがなぜこんなにも煩雑に感じられるのか、先ほどの理由と被る部分もありますが、その背景にはいくつかの理由があります。

まず、NTTグループは多岐にわたるサービスを提供している大きなグループです。

これには、NTT西日本、NTT東日本、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、NTTファイナンスなどが含まれます。

各社が異なるサービスを提供しており、それぞれ別の請求システムを持っているため、利用者はこれら全てのシステムに対応するために多数のアカウントIDとパスワードを管理しなければなりません。

さらに、請求書を電子的に管理しようとすると、それぞれのサービスからダウンロードしたインボイスを一つ一つ電子帳簿に保存しなければならないという作業が待っています。

これらのインボイスは、NTT西日本やNTTコミュニケーションズといった異なる会社名で分かれており、それぞれに合計額を確認しながら管理しなければなりません。これは、大きな負担ですよね。

また、何か問い合わせをしたい場合にも、どのカスタマーサポートに連絡すればいいのか迷ってしまうことがあります。

たとえば、インターネット接続に関する問題があった場合、それがNTTコミュニケーションズの管轄なのか、それとも別の会社なのかを知るのは簡単ではありません。

そして、ようやく正しいサポートセンターにたどり着いても、長い待ち時間に直面することがあるのです。