👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

岡山観光がつまらない理由は観光地の少なさ&小規模?行くべき3スポットや旅行が向いている人も紹介!

岡山観光ですがつまらないとの声があがっています。

今回はそんな声や楽しいスポットについて調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

岡山観光がつまらないと言われる理由

withコロナが浸透しているなかで、観光業も以前より活気を取り戻してきています。

どの県も観光地を整備したり、PRの戦術を考えたりと観光客を獲得するために努力をしています。

そんな中注目したのが、晴れの国『岡山県』。

観光地がいくつかありますが、がっかりしたという意見が見られました。

「倉敷!小京都!などと特集を組まれて魅力に感じてライブ遠征のついでに一日そこで過ごそうということになったが、実際行ってみるとたかだか数キロの道をそういう風に残しているだけで車通りから近いし、ご飯もそんなに美味しいわけでもないし、お土産もどこでも買えるようなものが多かった。」

「岡山駅周辺に1泊2日で宿泊を予約したのですが、岡山駅を中心にした観光スポットが、「後楽園」と「倉敷美観地区」以外にあまり目立った観光地がなく、1日目でほぼすべてを観光してしまい、2日連続で倉敷観光をすることになったり、仕方なく駅前の大きなショッピングモールで過ごすことになりました。」

個人的な意見になりますが、主に駅周辺の観光地が少なく、観光地自体もすぐに周れてしまい物足りなさを感じるという印象を受けました。賛否分かれそうです。

岡山観光のおすすめスポット1:岡山城(鳥城)

2022年11月3日に令和の大改修を終えリニューアルオープンしたお城です。

珍しい不等辺五角形をした三層六階建ての天守閣は威厳ある佇まいで、黒い下見板張りの外観から、別名「鳥城」と呼ばれています。

夏、秋には岡山城天守閣とその周辺がライトアップされるそうです。

「リニューアルを待っていた。6階の天守閣まで、各階に城主の生きてきた歴などの様々な解説や展示物があり、満足の出来栄え。天守閣から一望できる岡山の町並み、外から見上げる黒塗りの烏城、圧巻です。足を運ぶ価値あり。」

「外の石垣や前の城の様子を知れてよかった。歴史を知るのにぴったり。」

このように、最近リニューアルされ、岡山駅周辺の観光地として注目されているようです。

岡山観光のおすすめスポット2:岡山後楽園

 

岡山城から徒歩5分ほどのところにある、日本三名園の一つです。

岡山藩2代目藩主が自らの憩いの場として築いたとされています。

1952年には、歴史的文化遺産として「特別名勝」に指定され、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは三ツ星の評価を得ています。

四季を通じて様々な行事が催されているほか、期間限定で昼間とは趣をかえて園内をライトアップする夜間特別開園「幻想庭園」も楽しむことができます。

無料で利用できるボランティアガイドも観光客に人気です。

「日本三大庭園の一つである岡山県を代表する観光スポットです。四季折々に変わる景色は荘厳です。」

「季節によって景色が変わります。ゆとりのある庭園は、いつ訪れても落ち着き癒されます。」

このように、季節や時間帯によって庭園の変化を楽しめる、魅力的な観光地といえます。

岡山観光のおすすめスポット3:倉敷美観地区

白壁の蔵屋敷や、なまこ壁、柳並木の風景、情緒豊かな町並みが楽しめます。

伝統的な建物が作り出す町並みや、倉敷川沿いのレトロモダンな風景が、世界中の人を魅了しています。

夜間にはライトアップもされ、昼間とはまた違う美しい風景が楽しめるそうです。

「街並みがとっても素敵な観光地。桃パフェやきびだんご等、岡山名物も楽しめます。季節によって景色が表情を変えます。」

「駅から歩ける範囲内に見どころがたくさんあるので観光しやすいです。小さなかわいらしい雑貨屋さんも多く楽しめました。」

「めっちゃ夜は綺麗だった。昼に行っても食べ物は美味しいものが多くてすごいよかったです。また行きたいです。」

このように、昼間は風情のある街並み散策をしながら、岡山県名物も楽しめて、夜はライトアップが楽しめるようです。

街の真ん中を川が通っており、船での観光もできるそうなので、歩いて散策を経験した人でも、違う観光方法があり何度でも楽しめそうな観光地なようです。

岡山観光はどんな人に向いている?

ここまでの情報を踏まえて、岡山観光には観光地に季節や変化を感じたい人に向いていると思います。

確かに、岡山県内の観光地が少ないかと思われますが、その観光地一つ一つに対して、季節ごとの風景や行事が違います。

日本は季節のある美しい国です。その季節の変化を最大限に使い、岡山県は観光地をアピールしていると思います。

また、今回ご紹介した観光地は期間限定ではありますが、どこも夜のライトアップが実施されています。

昼と夜との風景や雰囲気に変化を付けることで、より観光地は魅力的になります。

観光地が駅周辺に集中し、すぐに周れてしまうと思われがちですが、一日に二度昼と夜に楽しめて、さらには一年に四回の四季に合わせて風景や行事を楽しめるということは、何度も訪れたい観光地となりうる可能性を秘めているのではないでしょうか。

萩観光がつまらない?遊ぶところがない?歴史に興味がないときついなど口コミを調査萩観光がつまらない?遊ぶところがない?歴史に興味がないときついなど口コミを調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です