👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

オモウマい店が不快・つまらない3つの理由とは?批判の声やわざとらしい展開に対する口コミも調査

大人気番組「オモウマい店」ですが一部でつまらない・不快との声があるようです。

個人的には好きな番組なのですが、今回はそんな噂の理由を調査しました。

オモウマい店とは

ヒューマンドキュメンタリー番組オモウマい店は、2021年4月13日から中京テレビ制作により日本テレビ系列で放送されている、グルメバラエティ番組です。

この番組の特徴は、値段の安さやサービスが独特で安くてウマくておもしろい飲食店を紹介しており、東海3県で親しまれていた「PS純金」のフォーマットを中京圏から日本全域に広げたものです。

また、以前は「ウマい!安い!おもしろい!全日本仰店グランプリ」という特別番組として放送されていましたが、第47回放送文化基金賞のテレビエンターテイメント番組の最優秀賞を受賞するという快挙を成し遂げています。

オモウマい店がつまらない・不快と言われる理由1:ヒロミがうざい

オモウマい店は2021年4月から全国で放送されているグルメバラエティ番組であり、皿から溢れんばかりのサービス精神と店主の思いや生き様が見どころとなっており、名古屋のローカル番組から全国ゴールデンへと進出した、人気の番組です。

しかし、一方では「面白くない」「つまらない」「見ていて不快」などといった低評価な口コミが相次いでおり、オモウマい店が存続の危機となっていることが明らかになりました。

中でも、最も多かった口コミがMCである「ヒロミがうざい」というものです。

番組内でのヒロミさんはMCを務めており、重要な役割を担っているはずなのですが、ネット上では「番組自体は面白くてもヒロミのせいで台無し」「ヒロミが面白くないことを言ってゲストが機嫌取ってる」「ヒロミのコメントが適当すぎる」などとヒロミの態度に対する不評コメントが数多く寄せられています。

ヒロミさんのMCとしてのコメントが鼻につくと感じている人は多く、ヒロミさんの適当でしょうもないと言われているコメントや、それらに対して気を遣っているゲスト達に同情してしまい、視聴者側も見ていて疲れてしまうのです。

このように、ヒロミさんの適当すぎる態度は視聴者に痛いほど伝わってしまい、結果、オモウマい店は「つまらない、不快」などと言われてしまうのでした。

オモウマい店がつまらない・不快と言われる理由2:わざとらしい展開など飽きた

オモウマい店は2021年4月の放送開始から約1年が経過したのですが、視聴者からは「飽きた」という声が多く挙がっています。

「オモウマい店」と検索すると「飽きた」「打ち切り」「早期終了」などといった結果が表示されるほどであり、視聴者は早くも飽き飽きしていることが明らかになりました。

実際に毎週番組を観ていた人の口コミを確認すると「ワンパターン化している」「オモウマい店を探し続けるのは不可能なので数年後には取材する店がなくなる」「取材に応じる店はほんの一部だと思うので、同じ飲食店を何度も特番のような形で取材してばかり」などと、番組の構成は面白く感じていてもパターンが一定化していて飽きてきたと感じている人が多数存在しました。

確かにオモウマい店は無限に存在するわけでは無く、数にも限りがあります。

また、オモウマい店を見つけても全てのお店を取材することは難しく、飲食店のお店紹介だけでなく、私生活や金銭面、さらには趣味や交遊関係なども明るみになるため、よほど目立ちたがり屋の店主か、タレント性がある店主でないと番組出演は難しいでしょう。

そのため、オモウマい店が何年も放送されるのは無理があると感じている人が多く、放送2年目に突入したにも関わらず放送パターンが一定化してしまったことで「つまらない」と感じてしまい、毎週同じような構成に飽き飽きしてしまうこととなったのでした。

更には長く見ている視聴者からは展開がわざとらしいと感じられているようです。

オモウマい店がつまらない・不快と言われる理由3:スタッフが失礼

オモウい店が「つまらない、不快」と言われる理由にはヒロミさんの態度が気に食わなかったり、パターン化してしまった構成に飽きてしまっただけでなく、スタッフの態度に不快に感じてしまった人も少なくありません。

問題となったのは2021年5月4日に放送されたもので、スタッフと店側のバチバチのやりとりが話題となりました。

女性スタッフが飛び込みで茨城の喫茶店を訪問し、カメラを回しながら取材を交渉した際に「おなかいっぱい、美味しいものを食べられるお店を探してまして」と伝えると、店側は「それほど多くない、多い量のお店って一言も宣伝してない」と言い、それでもスタッフは「何年ぐらいこのお店を続けているんですか?」と聞くなど食い下がりました。

それに対し「44年」と答えるもお店を紹介するWebメディアを見るよう伝えたのですが、スタッフは続けて「このお店を始めたきっかけは?」と聞いたことで、店側の女性は「だからそれを見ろっつってんの」と叱ったのです。

この一連のやりとりを観ていた視聴者はズカズカと取材を申し込んだスタッフの態度が気に食わないと感じた人が多く、ネット上では「疲れているのも分かるが覇気がなくて言葉使いが悪いスタッフに老夫婦がピシャリと指摘していて、とてもお良い番組に思えた」「ADが取材対象者に敬意を払っていなくてイライラした」などと店側の対応に称賛の声が多く挙がっていました。

問題の放送後には「スタッフの態度が気に食わない」「スタッフが失礼すぎて不快」などとオモウマい店のスタッフの態度に批判が集中し、問題の回を観た人は「二度とこの番組を観たくない」と感じてしまったのでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。