👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

鬼連チャンのやらせがひどいと炎上?つまらない?口コミや評判を調査

今回は人気番組「鬼連チャン」に関する口コミを調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

鬼連チャン(千鳥の鬼レンチャン)とは

千鳥の鬼連チャンは、千鳥とかまいたちが選出した歌が上手な芸能人や、歌手の方が、千鳥軍、かまいたち軍に属し、10曲音を外さず歌いきれたら100万円を持ち帰る事ができる番組です。

多彩な芸能人や、演歌歌手、若手ミュージシャン、ベテラン女優、モノマネ芸人、元アイドルなどが出演します。

そして、チャレンジャーが歌っている際に、千鳥とかまいたちがチャレンジャーへツッコミ入れるところや、チャレンジャーの歌う前の行動や癖がとても個性的で面白みがあります。

鬼連チャンの打ち切り疑惑も?ひどい・つまらないとの声はなぜ

鬼連チャンは、チャレンジャーが10曲連続、音を外さず歌い切り、100万円獲得できるのかが見どころの番組なのですが、千鳥やかまいたちのツッコミが、視聴者によっては「いじりすぎ」であったり、本業の歌手の方が音程を外すと「ひどい」「炎上」「つまらない」、反対に順調に成功すると「やらせ」という言葉がSNSやネットで溢れかえります。

まず「いじりすぎ」に対して、千鳥やかまいたちがツッコミをすることで、視聴者が思っている以上に芸人ならではのツッコミやいじりをワイプからしてくるため、チャレンジャー本人が聞こえていないところで、チャレンジャーに対してキツイ言葉がでてきたり、皮肉や嫌味のような言葉がでてくると、視聴者は不快に思ってしまいます。

本人達は芸人という場を盛り上げなければならないという状況から出てきてしまうのでしょうが、視聴者からすると、余りにもきつい言葉の印象を受けることが強く、「いじりすぎ」というワードが出てきてしまいます。

次に、「ひどい」「炎上」「つまらない」「やらせ」というワードですが、本業の歌手ではない芸能人には、なかなか炎上までとはいかないはずですが、どうしても歌を主として生計を立てている歌手としてはプロ意識を視聴者から求められてしまい、音程を外すとひどいが発展し炎上となってしまいます。

やらせという言葉に関しては、歌い手さんによって裏声で音程があってしまう場合と地声で通ってしまう場合があり、その二つの状況が一緒として捉えられることなどが上げられています。

他にも本当に歌い手さんが上手く、ポンポンと曲を達成してしまうと視聴者側からしたらつまらないとなってしまうので、そのような状況がピックアップされ、打ち切り疑惑のような声がでています。

鬼連チャンの良い口コミ1:本人の曲以外の曲を聞ける

鬼連チャンの見どころは本人が歌っている以外の曲を聞くことができるところです。

歌唱力の高いミュージシャンや演歌歌手が、今流行りのJ-POPや洋楽にチャレンジします。

演歌歌手の徳永ゆうきさんが演歌以外を選曲すると、またガラッと雰囲気が変わりJ-POPを聞いているはずが違うジャンルに聞こえます。

高音の歌声がだせるNovelbrightの竹中雄大さんも、同じ高音域で歌っているofficial髭男dismさんやDa-ICEさんの曲に挑戦しています。

竹中さんは、裏声ではなく地声で勝負しているため、自信あふれる歌声で、完璧に歌い上げています。

普段聞けない本人以外の曲を、流行りのアイドルやミュージシャン、ベテラン歌手の歌声でヒヤヒヤしながら聞くことができるのも、楽しめる一つです。

鬼連チャンの良い口コミ2:モノマネ芸人の歌も聞ける

歌手の方や、歌唱力の高い芸能人が出演しているのはもちろんですが、その他にも注目したいのがモノマネ芸人が歌い上げるクオリティの高い歌声です。

Mr.シャチホコさんがモノマネをするMr.childrenのTomorow Never Knowsは本人の桜井和寿さんが歌っていると錯覚してしまいます。

すごくそっくりに歌い上げていて、しかも番組の趣旨である音程を外さず歌い上げているのは流石です。

他にも、平井堅さんや米津玄師さんのモノマネで有名な松浦航大さんも、本人にそっくりな声と歌唱力で視聴者を楽しませています。

特に米津玄師さんのモノマネをする芸人さんが居なかっただけに、松浦航大さんが登場し、視聴者のインパクトは衝撃的でした。

鬼連チャンはどんな人に向いている?

鬼連チャンは、千鳥とかまいたちのツッコミの掛け合いが多く、チャレンジャーも多方面に渡ってジャンル問わず挑戦しています。

モノマネ芸人のクオリティの高い演出を見たい方や、歌唱力に特徴があり、癖のある歌手が自分の曲以外を歌っていることに興味がある人にはお勧めの番組です。