👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

ペイペイがやばい?やめたほうがいい8つの理由?無駄遣いが増えるなど声を調査

日常的に使うことの多いペイペイですが、使用をやめた方が良いとの意見もあるようです。

今回はそんな意見について調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

ペイペイ(PayPay)ってどんなサービス?

「PayPay(ペイペイ)」は、スマホひとつで代金の支払いが可能なスマホ決済サービスです。

支払いの際に現金を使うことがない“キャッシュレス決済”であるため、ペイペイに対応している店舗であればどこでもスマートに支払いをすることができます。ペイペイはスマホに表示されたQRコードやバーコードを用いた決済によって支払いを完了させるシステムなので、おサイフケータイ機能に対応していないスマホ端末でも気軽に利用することが可能です。

ペイペイの利用者数は年々増加しており、現在までに登録者数が4,500万人を突破するほど人気を博しているサービスです。

お得なキャンペーンを定期的に実施していたり、ポイント還元率が高いことが主な人気の理由となっています。

お店側との現金のやり取りがなく衛生的であることも相まって、コロナ禍のこのご時世にピッタリなサービスであるといえるでしょう。

ペイペイをやめたほうがいい理由1:ポイント還元率が改悪!

スマホ決済サービスを選定するうえで重視するのは還元率ですよね。

ペイペイは還元率が大きく改悪した過去があります。

定期的に還元キャンペーンを行なっているペイペイですが、2022年11月現在ペイペイの基本還元率0.5%です。(最大1.5%※残高、ヤフーカード利用、上限額あり)

2019年9月30日までは、店舗での支払いで3%の還元を受けられていましたが、2019年10月1日からは1.5%に半減。

その後、現在の0.5%で大きく改悪されているのです。

ペイペイの還元率の変化
  • 初期:3%(〜2019年9月30日)
  • 中期:1.5%(2019年10月1日〜2020年4月1日)
  • 現在:0.5%(2020年4月1日〜)

paypay

(出典:PayPay

定期的なキャンペーン等もありますが、2022年11月現在の基本還元率0.5%は初期の約1/6の還元率です。

極端なことを言うと同額商品を6つ買って、やっと初期と同じ還元を受けられるのです。

初期から利用しているユーザーにとって還元率の改悪は面白くないので、他のスマホ決済サービスに移行する方もいるのです。

また、ペイペイの売上状況によっては今後も還元率が下がる可能性があります。

他社の事例ですと、楽天ポイントは2021年6月からポイント還元率が「100円につき1ポイント」から「500円につき1ポイント」へと大きく改悪しています。

ご自身の利用条件によってはペイペイ以外の電子決済サービスの方がお得に利用できるケースもあるので、確認してみましょう。

塵も積もれば山となるように年間等で考えると還元金額の差も大きくなります。

(出典:キャッシュレス×DXマガジン)

ペイペイ銀行口座が危険な3つの理由とは?不正利用や低金利など噂も調査 ペイペイ銀行口座が危険な3つの理由とは?不正利用や低金利など噂も調査 ペイペイで後悔する3つのケース、もう使わないなど止めた人の口コミも調査 ペイペイで後悔する3つのケース、もう使わないなど止めた人の口コミも調査

ペイペイをやめたほうがいい理由2:お金をチャージする必要がある

ペイペイは、登録したアプリにお金をあらかじめチャージしておくことで、支払いの際にアプリ内のチャージ残高から引き落とされる仕組みになっています。

ペイペイのアプリにお金をチャージするにはクレジットカードや口座と連動させる方法もありますが、万が一スマホを紛失した場合に悪用されてしまう可能性を考えると、コンビニATMで直接お金を入金するのが一番安心できる方法であるといえるでしょう。

しかしながら入金するためにわざわざコンビニに出向くのは時間も手間もかなりかかるため、面倒だと感じる人が多いのではないでしょうか。

「安全性を重視したいけど、いちいち入金しに行かないといけないのはちょっと面倒…」と感じてしまう人にはあまりおすすめできないサービスだといえそうです。

また、ペイペイで支払いをまとめて普段は現金を持たない方もいますが、携帯の充電が切れてしまった時に支払いができなくなる可能性があります。

ある程度の現金は持っておきたいところです。

ペイペイをやめたほうがいい理由3:他の支払い方法と併用できない

キャッスレス決済でスマートに支払いを完了することができるペイペイ。非常に便利なサービスであるといえますが、実は大きな落とし穴があります。

ペイペイは原則として他の支払い方法と併用することができません。支払いの際にペイペイのチャージ残高が不足していた場合、一部だけペイペイで支払うということができないため、クレジットカードや現金での支払いをする必要が出てきます

SuicaやWAONなどの電子マネーとは違って、チャージ残高不足の場合に現金との併用ができないことはペイペイを利用する上で大きなデメリットであるといえます。

しかし、お店によっては一部現金やポイントで支払うことができるところもあるようですので、心配な場合には利用する店舗に前もって確認しておくとよいでしょう。

ペイペイをやめたほうがいい理由4:無駄遣いが増える

ペイペイは現金を使わない“キャッシュレス決済”であることから、お金を支払っている感覚が鈍くなってしまう傾向にあります

それに加えて、ペイペイではドラッグストアやコンビニなど幅広いお店を対象としたキャッシュバックキャンペーンが充実しているため、普段のお買い物のついでに不必要なものまで買ってしまう状況を知らず知らずのうちに作ってしまいがちです。そのため「ペイペイを利用してみたら無駄遣いが増えてしまった」と感じる利用者が多くいるようです。

ペイペイはポイント還元率が高く、キャッシュバックキャンペーンなどを定期的に実施しているためお得にお買い物を楽しむことができますが、それによって無駄遣いが増えてしまうようでは意味がありません。ペイペイをお得に利用するためにも、浪費に繋がることがないように心がけて上手に利用するようにしましょう。

PayPay後払いで審査落ちする3つのケースとは?無職など収入が少ない、過去の金融事故など噂を調査 PayPay後払いで審査落ちする3つのケースとは?無職など収入が少ない、過去の金融事故など噂を調査

ペイペイをやめたほうがいい理由5:災害時に使えない可能性がある

ペイペイでは支払いの際にスマホを使用するため、万が一災害などによって停電や通信障害が発生した場合には支払いをすることができなくなる可能性があります。

実際に山間部などの電波が繋がりにくい場所ではWi-Fiの通信障害が原因でキャッスレス決済ができなくなるトラブルが多く発生しているようです。

また、災害によって避難を余儀なくされてしまった場合、スマホの充電が難しい状況が続くことでペイペイが利用しづらくなってしまうこともあり得るでしょう。このような事態に備えるために、少しでも現金を手元に持っておいた方が安心です。

しかしながら現金による決済に依存しすぎることも災害時には大きなリスクとなり得るため、ペイペイなどのキャッシュレス決済の手段も併せて確保しておくと良いでしょう。災害時でもキャッシュレス決済がしやすくなるような環境が将来的に整えられれば、ペイペイをもっと利用しやすくなる可能性も大いにあるといえるのではないでしょうか。

ペイペイをやめたほうがいい理由6:お店側のメリットが減った?

急成長を遂げているQR・バーコード決済サービスですが、一部の加盟店ではペイペイを脱退するという動きがあります。

国内最大手のペイペイは、2018年12月に始めた「100億円還元キャンペーン」から、各社が大型キャッシュバックキャンペーンを実施して利用者が急増し、2019年10月に消費税率を従来の8%から10%に引き上げたのに合わせ、消費喚起策として最大5%のポイント還元でキャッシュバックする政府の「キャッシュレス・ポイント関連事業」も追い風になりました。

ペイペイとしては国内シェアを上げるための作戦であり、加入者が一定数に増えたため、決済システム利用料無料期間は2021年9月30日をもって終了しました。

現在の決済手数料は1.6%と1.98%の2種類となっており、ペイペイの提供する「ペイペイマイストア ライトプラン」の契約有無によって手数料が設置されています。

これまで無料だったところが、最低1.6%の手数料を取られるようになるので、お店にとっては痛手です。

ただ、ペイペイの導入は新規ユーザーの獲得、防犯面での対策など多くのメリットがありますので、賛否が分かれるところです。

PayPayをやめるお店も多い?使えない店や導入しない理由についても調査 PayPayをやめるお店も多い?使えない店や導入しない理由についても調査

ペイペイをやめたほうがいい理由7:残高があるのに使用できないケースも…。

ペイペイですが残高があるのに使用できないケースがあるようです。

それではお店で使用する際に困ってしまいますよね。

具体的には下記のような理由が上げられます。

  1. 利用が制限されている
  2. 1日・1ヶ月のご利用上限金額を超えた
  3. 残高支払いになっていない
  4. 回線障害
  5. PayPay利用対象外のサービス
  6. スマホ側の不具合
  7. お店側の問題
  8. システム障害

自分のせいであれば、まだ納得もできますが、ペイペイ側やお店側の問題だと不満に感じますよね。

気になる方は下記の記事もチェックしてみてください。

PayPay残高あるのに使えない8つの理由!コンビニで使えない理由はOOだった? PayPay残高あるのに使えない8つの理由!コンビニで使えない理由はOOだった?

ペイペイをやめたほうがいい理由8:決済音が消せない

2022年11月19日現在、ペイペイの決済音を消すことはできません。

消せない理由としては下記のような理由があります。

  • 決済確認のため(本人・お客さん両方)
  • 認知効果を高めるため

音が鳴ってしまうため、恥ずかしいと感じる方も一定数いるようです。

音量を下げる方法など、こちらの記事に対策をまとめていますのでぜひ参考にしてください。

PayPayの音が恥ずかしい!うるさい!5つの対処法と消せない理由を紹介! PayPayの音が恥ずかしい!うるさい!5つの対処法と消せない理由を紹介!

ペイペイの良い口コミ1:ユーザー同士の送金や割り勘が便利

やめたほうがいい理由を挙げてペイペイががですが、中には「ユーザー同士の送金や割り勘が便利」という高評価な口コミも寄せられています。

ペイペイの送金機能は、アプリを利用するユーザー間でペイペイ残高にチャージした金額を1円から最大10万円まで、1円単位で家族や友人に簡単に送ることができます。

また、送金時の手数料もかからないだけでなく、一定の条件を満たしていれば送金されたお金を現金として銀行口座に出金することもできるのです。

友達と出かけた際に、立て替えてもらったお金を友達に渡すときや代金をみんなで割り勘するときなど、細かいお金のやりとりは誰もが「面倒」に感じていますが、ペイペイを利用することで簡単に送金・割り勘をすることができるため、ペイペイユーザーの多くが便利に感じているのです。

ご自身の状況にあわせてペイペイを使いと良いでしょう。

ペイペイは使いにくい?機能や覚えるべき言葉が多い、支払い時に混乱するなどユーザーの声を調査 ペイペイは使いにくい?機能や覚えるべき言葉が多い、支払い時に混乱するなどユーザーの声を調査

ペイペイの良い口コミ2:導入店舗数が多く、非常に便利

ペイペイはスマホ決済アプリ「ペイペイ」の2021年下期の取り組みをまとめた、最新動向を発表しました。

なんと、4月時点での登録者数は4700万人を超え、加盟店の数は366万か所を超えたのです。(※2022年12月時点では374万か所)

ペイペイ対応の加盟数は順次拡大しており、「ICT総研調べ」2020年1月QRコード決済の利用可能店舗数に関する調査によると、全国100地点(都道府県ごとの徐降客数の多い駅を中心とする半径500m以内)の利用可能店舗数をカウントしたところ、調査した全ての地点においてペイペイがトップだということが明らかになりました。

調査した加盟店の合計数はペイペイは3万2,044店で、d払いが5,839店、LINEペイが4,936店、楽天ペイが4,155店となっており、ペイペイがダントツの利用率を誇っていることが分かります。

ペイペイの導入店舗数が多いことでペイペイを利用できるケースが多くなり、現金を持ち歩く必要がなくなるため、さらにペイペイの利用率は上がっていくことでしょう。

ペイペイの良い口コミ3:ポイント還元でお得

ペイペイのポイント還元率は現金よりも断然お得であり、ペイペイでお買い物をすると、購入額の最大1.5%がペイペイ残高として還元されます。

ペイペイ支払い特典の基本付与分は0.5%です。

ペイペイで決済した金額の0.5%がペイペイポイントとして、決済日の30日後に付与され、たとてば8月1日に1000円分の商品をペイペイで決済して購入すると、8月31日に5円相当のペイペイポイントを貰えます。

店頭での支払い(バーコードを提示、QRコードを読み取り)やインターネットでの支払いなど、いずれも原則として付与率は0.5%となります。

また、ペイペイでは一定の条件をクリアすると、ペイペイ支払い特典の付与率は最大1.5%までアップし、さらにお得になるのです。

この仕組みは「ペイペイステップ」というポイントアップサービスによるものであり、毎月決められた利用頻度や利用金額を達成すると、翌月の付与率がアップし、獲得できるペイペイポイントも増えるというわけです。

ペイペイステップの条件は、月内での支払い金額や支払い回数、対象サービスの利用などがあり、条件は月毎に変更することがあります。

毎月同じ条件をクリアしていれば付与率が上がるわけではないので、注意して下さい。

ペイペイステップの条件は以下の通りです。

①以下2つの条件を両方達成する

・ペイペイで300円以上の支払いを30回

・ペイペイで5万円以上支払う

②以下対象サービスのうち3つを利用する

・Yahoo!ショッピング

・ペイペイフリマまたはヤフオク!

・Yahoo!トラベル

・ebookjapan

・LOHACO by ASKUL

このように、ペイペイを利用すると、還元率でさらにお得に買い物をすることができるので、かしこくポイントを貯めていきましょう。

PayPayメリットなくなった?還元率が激減?後払い遅延でローン審査に影響するケースも…。 PayPayメリットなくなった?還元率が激減?後払い遅延でローン審査に影響するケースも…。

ペイペイはどんな人に向いている?

ペイペイはQRコード決済利用率No1であり、導入店舗数も2022年12月時点では374万か所を超えています。

多くの店舗が導入を進めていることから、今後さらに導入店舗数は増えていき、ペイペイの利用率も挙がっていくことが予測されます。

そのため、ペイペイは以下の人に向いています。

・現金を持ち歩きたくない人

・ポイントを貯めたい人

・レジでの混雑を避けたい人

・友人に送金をしたり、割り勘をする機会がある人

ペイペイはこれまでの現金支払いやクレジットカード払いにはないメリットがたくさんあります。

スマホ決済を取り入れ、ペイペイを利用することで生活はより豊かになっていき、さまざまな恩恵を受けることができるのです。

ペイペイの問い合わせ先

ペイペイでお困りごとの際は下記電話番号へお問い合わせましょう。

・サポート窓口の電話番号:0120-990-634
※24時間受付/土日祝日を含む365日

また、ペイペイをインストールしたスマホの紛失・盗難など緊急時の問い合わせ先は下記になります。

・携帯電話紛失・盗難専用窓口:0120-990-633
※24時間受付/土日祝日を含む365日

ペイペイフリマがやばい3つの声とは?悪質な購入者、動画が気持ち悪いなど声はなぜ? ペイペイフリマがやばい3つの声とは?悪質な購入者、動画が気持ち悪いなど声はなぜ?

3 COMMENTS

名無し

無駄遣いが増えた人はそもそもお金の管理ができない人。ヤフオクやフリマで売ったお金を管理してスマホだけで買い物に行けるのは非常に便利。割り勘は買い出しでむしろペイペイ使ってないやつはだるすぎる。

コメントを残す