👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

マリン首相は辞任する?不適切画像、薬物事件の真相についても調査

フィンランドのサンナ・マリン首相ですが薬物疑惑が上がりましたね。

実際のところ陰性で安心したのですが、パーティー騒動からもオンとオフの過ごし方の違いが海外って感じがします。

今回はマリン首相の進退や騒動について調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

マリン首相は辞任する?進退は?

マリン首相ですが今回の騒動で辞任はしないのではないでしょうか。

やはりニュースを見ると批判の声ばかり目立ちますが、34歳と世界最年少での首相に就任し、NATO加盟まで漕ぎ着けた彼女の業績は多くの人から称賛され、支持されているからです。

ただ、曖昧な発言で申し訳ないですが、イギリスのジョンソン首相がコロナ禍でのパーティーがきっかけで辞任しているので可能性はゼロではないと思います。

今回のパーティー騒動はNATO加入が正式に決まって5日後付近に行われています。
これまでロシアのウクライナ侵攻を直近で見て、NATO加入を決意していますが、ストレスやプレッシャーは尋常じゃないと考えられます。

今回のパーティーは不適切な行為でしたが、それくらいストレスが溜まっていたのではないでしょうか。

マリン首相は特に若い女性から支持されており、野党やメディアからのマリン首相への批判に対して、「サンナとの連帯」を意味するハッシュタグ「#solidaritywithsanna」と自身のダンス動画をツイートする女性が多くいました。

また、 スウェーデンの大学教授やスペインの政治家など著名人からも「なぜ若い女性がプライベートを楽しむのがいけないのか」とマリン首相を擁護する声も多くありました。

首相ではなく”一女性”としての立場を優先する声が多く上がるのは、すごく海外らしく良い文化だと思います。

マリン首相の薬物疑惑

ロシア・ウクライナの戦争でNATO加入を決意し、2022年7月5日にスウェーデンと共に正式に加盟が承認されたフィンランドですが、首相のマリンさんのオフの様子が不適切と問題になりました。

7月8〜10日に首相公邸で行われた友人とのパーティーで踊り騒ぐ様子が公開されており、同席者が違法薬物の隠語を口にしていたことから薬物疑惑まで浮上しました。

マリン首相はすぐさま薬物検査を自己負担で行い、8月23日には陰性は出たものの「首相にふさわしくない」との声は挙がったままです。

今回の騒動についてマリン首相は「私には家庭や仕事もあるが、友人と過ごす自由な時間もある。多くの同年代の人々と同じだ」と話しており、リラックスする時間の重要性を述べています。

首相としての公務、夫や娘と過ごす母としての一面、隣国ロシアのウクライナ侵攻などストレスが溜まってしまうのもわかります。

実は2021年12月にコロナ感染者との接触後にクラブに未明まで出かけていたことで謝罪した過去があります。
そういった背景からも野党からの目は厳しくなっているのでしょう。

問題となった不適切画像とは

マリン首相に追い討ちをかけるようにメディアに取り上げられたのは不適切画像です。

2人の若い女性が上着をまくり上げ、「フィンランド」と書かれた看板で胸を隠しながらキスをしている画像です。

その片方の女性は元ミス・フィンランド出場者であり、自身のTikTokに投稿したことで発覚しました。

同席者の不適切な行為に対して「不適切だった」と記者団を前に謝罪しています。

マリン首相の進退に関する口コミ

今回の騒動を見て気になるのはやはりマリン首相の今後でした。

やはり多くの口コミが上がっていて、「辞任するのでは?」との声もありました。

マリン首相の水着姿がすごい?美人で夫は元サッカー選手!生い立ち、NATO加盟後についても調査 マリン首相の水着姿がすごい?美人で夫は元サッカー選手!生い立ち、NATO加盟後についても調査

コメントを残す