👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

青春18きっぷはやめとけ?より安い切符や5つの懸念点についても調査

便利な「青春18きっぷ」ですが、やめとけとの声も上がっているようです。

今回はそんな声や他の安い切符について調査しました。

「青春18きっぷ」とは

青春18きっぷとは、旅客鉄道会社全線(JR線)の普通列車、快速列車が12050円(大人・小児同額)で1日乗り放題を5回利用可能となる、販売および試用期間限定の特別企画乗車券(トクトクきっぷ)であり、主に学生などの春季・夏季・冬季休暇期間を利用期間として発売されました。

障がい者・福祉割引、ジバング倶楽部、大人の休日倶楽部、株主割引は適用外となります。

愛称は「青春きっぷ」、「18きっぷ」、「青春18」もしくは単に「青春」や「18」とも呼ばれています。

青春18きっぷはやめとけとの声

 

お得に電車旅ができると言われている青春18きっぷですが、ネット上では「やめとけ」という声が絶えず寄せられています。

青春18きっぷが「やめとけ」と言われる理由は以下の通りです。

①再発行ができない

青春18きっぷはなくしてしまうと再発行も払い戻しもできないため、取り扱いには十分注意する必要があります。

実際、青春18きっぷで旅をすると切符をなくしてしまわないかという不安が常に頭をよぎり、「不安に感じる」という声は多いのです。

そのため、青春18きっぷで旅をする際は、チャックの付いた鞄にしまうなどのなくさないための工夫をすることをおすすめします。

②移動時間が長い

青春18きっぷは意外にも「元を取ることが大変」という声も少なくありません。

JRおでかけネットに記載されている「本州3社内の普通運賃表」によると、141~160㎞の片道運賃の基準は2022年10月24日時点では、2590円となっています。

そのため青春18きっぷ(1日あたり2370円)で元を取る場合は、1日で141~160㎞ほど移動する必要があるということになるのです。

また、金券ショップを利用することで、安く切符が手に入るということもあります。

これらを考慮すると少なくとも1日4時間以上は電車に乗る計算を立てて、利用する必要があるのです。

③乗り換えが大変

青春18きっぷを利用すると必然的に乗り換え回数は多くなり、1日で遠くに行けば行こうとするほどタイトスケジュールとなる可能性が高く、乗り換えの間隔が1分ということも起こり得ます。

そのため、事前に乗り換えのホームは何番線発なのかなどを調べておく必要があります。

④予定が狂いやすい

乗り換え回数が多く、タイトスケジュールになりがちな青春18きっぷは、電車の遅延などでトラブルが発生すると、予定が狂うことが多々あります。

そのため、トラブルを予測して予定を組むことが重要なのです。

⑤利用期間が短い

青春18きっぷは利用期間に期限があるきっぷであり、期間が過ぎたら使用することができません。

利用期間が長い夏季でも約50日ほどなので、使い忘れには十分に注意する必要があります。

このように、青春18きっぷにはさまざまなデメリットがあるため、青春18きっぷで旅を計画している人は十分に注意をしてください。

【最新】青春18きっぷがやばい3つの理由!片道6,500円もお得な「東京→大阪」など、使い方を徹底解説!

青春18きっぷより安い切符とは

 

お得に旅ができる青春18きっぷですが、青春18きっぷよりも安い切符も存在します。

青春18きっぷよりも安いと言われている切符は「地域限定のフリーきっぷ」です。

青春18きっぷは大人や子どもともに同額となっていますが、地域限定のフリーきっぷの多くは子どもが半額や大人用よりも安い金額で子ども用が販売されています。

そのため家族連れで旅行をする場合には地域限定のフリーきっぷを利用する方がお得に利用することができるのです。

また、青春18きっぷは完全に普通列車専用のきっぷであり、特急列車は特急券だけでなく乗車券も購入する必要がありますが、「休日おでかけパス」などは特急券を追加で購入すれば特急列車にも乗ることができるのです。

ほかにも、JR線だけでなく私鉄や第三セクター鉄道なども利用できたり、青春18きっぷよりも少々高くても有効期間が長かったりというメリットもあります。

JR各社はさまざまなフリーきっぷを発売しており、2022年10月24日時点では「鉄道開業150年記念JR東日本パス」、「ぷらっとこだま」、「サイコロきっぷ」、「バリ得」、西日本グリーンきっぷ」、「みんなの吸収きっぷ」などといったフリーきっぷがあります。

これらのきっぷは新幹線や特急列車にも乗車ができるので、旅に新幹線や特急列車を利用したい人は、青春18きっぷよりも安く楽に旅を楽しむことができるのでしょう。

青春18きっぷはどんな人に向いている?

青春18きっぷは1日あたり2370円でJRの普通列車を乗り継いで全国どこにでも旅をすることができるきっぷであり、JRを利用して旅をしたい人や、途中下車をしてローカルな駅や街を散策したい人にはたいへんおすすめのきっぷです。

青春18きっぷはJR普通・快速列車という制限はありますが、JRを利用して旅を考えている人には最適であり、有効期間内であれば何度途中下車をしても良いため、普段は通り過ぎてしまうようなローカル駅で降りてみたりと、いつもとは違う旅を経験することができます。

また、連続して使う必要がなく、青春18きっぷは5日分となっていますが、3日分使用して、残りの2日はまた数日後、というプランを立てることも可能です。

数日分使用して、残り分を使う予定がなくなってしまった場合には、金券ショップで買い取ってもらうことも可能であり、余っても無駄にすることがありません。

さらに、毎回きっぷを購入するという手間も省くことができ、青春18きっぷを店員さんに見せるだけで改札を通ることができます。

しかし、切符を購入する手間が省ける一方で、なくしてしまうと再発行ができないので注意が必要です。

trip-womanブクマ推奨|損してる?青春18きっぷの裏技9つを紹介!旅行のホテル代も激安に?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です