👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

四万温泉がつまらない3つの理由とは?周囲に何もない、お土産屋がやっていないのが原因?

映画でも有名な四万温泉がつまらないと一部で噂されていることをご存知でしょうか?

今回は、四万温泉がつまらないと言われる理由について調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

四万温泉とは

四万温泉とは、群馬県吾妻郡にある温泉です。

四万川の上流に位置し、宿から美しい川の流れを眺めることができます。

四万温泉の名前の由来として「ヨンマンの病をいやす霊泉」からきているとされているそうです。特に胃腸病に効くとして「日本三大胃腸病の名湯」と呼ばれています。

また、一部の建物が「千と千尋の神隠し」のモデルになったのではないかとファンの間で噂になっています。

そんな四万温泉ですが、一部の観光客からつまらないと口コミがあることをご存知でしょうか。そんな気になる口コミをまとめました。

四万温泉がつまらない理由1:宿の周りに何もない?

歴史ある四万温泉ですが、宿の周りに何もなくてつまらないという口コミが多くありました。

ある口コミでは、周辺にコンビニもなく宿から出ても何もないため、「宿で時間つぶしをするしかなかった。」という残念なものがありました。

たしかに、温泉宿での楽しみは周辺散策ですよね。

その散策も特に見るものがなく、ただ温泉に入っただけで旅行が終わったと残念がる声があがっていました。

中には、良くも悪くも温泉しかないとう辛口の口コミもあり、周辺に何もないことがうかがえます。

歴史ある名湯に来たのだから、目一杯楽しみたいという気持ちなのに周辺散策ができないとなると残念に思うのも仕方ないかもしれません……。

また、温泉街が縦長で歩いて行くには遠すぎるため、温泉巡りができなくてつまらないという意見もありました。このため、ひとつの宿でしか温泉に入ることができないというのです。宿の周りに何もないというより、ひとつひとつの宿の間隔が遠くて宿から動けないという見方もできるかもしれません。

四万温泉がつまらない理由2:お土産屋さんがほとんど閉まっている?

旅行の楽しみのひとつとして、お土産屋さんめぐりがありますよね。

しかし、四万温泉ではお土産屋さんのほとんどが閉まっていて楽しめないという口コミもたくさん投稿されていました。

15時頃からお土産屋さんをめぐろうと考えていた人の口コミでは、なんと全てのお土産屋さんが閉まっていたというのです。

15時という比較的早い時間帯なのにお店が閉まっていたため、そのあとのスケジュールが狂ってしまったそうです。

次の日の朝に再び行ってみると、それでも数件しか開いていなかったとのことです。

これでは、旅行の楽しみがひとつ減ってしまったように思ってしまいそうですよね……。

さらに辛辣な口コミでは、お土産屋さんめぐりがしたい人は来るなという強い口調のものがありました。

そう口コミしたくなるほど、期待外れだったのかもしれません。温泉街は温泉だけを楽しむものではないので、周辺のお店もにぎわっていてほしいところです……。

四万温泉がつまらない理由3:温泉街の建物が古すぎて廃れている?

歴史ある温泉街といえば素敵な響きですが、実際に訪れた人はそう感じなかったようです。

建物が古すぎて廃れた印象だったという口コミがありました。

ある口コミでは、温泉に入ったあと部屋に戻る際に、すきま風がひどくて湯冷めしてしまったと怒りの声があったのです。

温泉に入って温まるどころか、逆に冷えてしまっては何のために来たのかわからなくなってしまいますよね……。

さらには、お風呂場が古い木で出来ているため、ぬめりが取れきれておらず転んでしまったという口コミがありました。こればかりは仕方ないことですが、きちんと管理はしてほしいところです。

また、建物から虫がたくさん出てきたという恐怖の口コミもありました。木製の廊下にたくさんの虫がうごめいていたり、死んでいたりしていたそうです。考えるだけでも恐ろしい出来事ですね……。建物が古いためすきまが多いのかもしれませんが、対策をしていないのにはがっかりしてしまいます。

群馬で温泉なら伊香保温泉や草津温泉もおすすめ!

群馬と言ったら伊香保温泉と草津温泉もおすすめの温泉です。

石段や湯畑などそれぞれ温泉街としても雰囲気があり、家族旅行やデートにもぴったりです。

悩んでいる場合は四万温泉以外の旅行も検討してはいかがでしょうか。

四万温泉の良い口コミ1:千と千尋の神隠しの舞台

四万川の温泉街にかかる赤い橋の先に佇む、四万温泉「積善館」は、本館は1691年に建てられた日本最古の木造湯宿建築であり、群馬県の重要指定文化財にも登録されている由緒正しい温泉宿です。

そして、なんと積善館はジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなったのです。

宮崎駿監督が千と千尋の神隠しの制作前に積善館を訪れていたことや、類似点が数多くあることから、千と千尋の神隠しの舞台として名が広まり、たくさんのジブリファンが訪れました。

本館は現代の湯治場として旅館とは全く異なるスタイルを提供しており、布団の下げ下ろしを宿泊客自身が行うなど最低限のサービスとなっていて、昔ながらの体験をすることができるのも魅力の一つです。

さらに、積善館の名物である「元禄の湯」は温泉ファンにはたまらない場所であり、大正ロマンが感じられるホール風の造りや大きな湯船が一般的ではなかった時代に作られた5つの浴槽などが特徴的です。

そのため、四万温泉はジブリファンはもちろんですが、温泉ファンにもたまらない温泉地であり、たくさんの人を魅了し続けているのでした。

四万温泉の良い口コミ2:効能がすごい

群馬県の北西部、上信越高原国立公園内の標高700mに位置する、四万温泉は「効能がすごい」との声が多数寄せられています。

四万温泉の「四万」という名前は、この温泉が「四万の病を癒す霊泉」という伝説から名付けられ、たくさんの観光客が湯治場を目的として訪れました。

さらに、1954年には湧出量や効能など9つの条件を満たした「国民保養温泉地」の第一号として環境省が認定されたのです。

四万温泉のお湯は、神経痛や疲労回復などに効果があるとされる「ナトリウムーカルシウム塩化物硫酸塩泉」であり、四万温泉の泉質は柔らかく肌に優しいため、「草津の上がり湯」とも称されています。

そして、四万温泉は飲むことにも適しており、中には料理に使用する人も少なくありません。

「飲めば胃腸によく、入れば肌によい」という風習から、温泉街にはたくさんの飲泉所があります。

四万温泉の効能は肌にも胃腸にも良いため、疲れを癒したい人はぜひ行ってみて下さい。

四万温泉はどんな人に向いている?

四万温泉は、環境省より「国民保有温泉地」として指定され、すぐれた温泉地としてたくさんの観光客で賑わっています。

また、酸性泉で刺激を受け乾燥しがちな肌を柔らかく包み込み、しっとりとつややかな美肌にしてくれると人気です。

そのため、四万温泉は以下の人におすすめです。

・落ち着いた雰囲気が好きな人

・ジブリファンの人

・温泉ファンの人

・きれいな景色を眺めたい人

・人気の温泉地に興味がある人

・レトロな街並みが好きな人

・海外からの観光客

四万温泉は温泉好きな人にもそうでない人にも楽しめるポイントがたくさんあり、都会の喧騒を離れた素朴でレトロな街並みは、日本らしさを感じられること間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です