👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

路上教習が怖い・やばい理由とは?4つのコツやうまくいかない時に事故を起こさないためのポイント

自動車免許を取る際に必ず通る路上教習ですが怖いと感じる人も多いでしょう。

今回は怖いと感じてしまう理由や怖い・うまくいかないときのコツについて紹介します。

路上教習が怖い人は多い

「路上教習が怖い」と感じる人の一番心配なところは、やはり教習中の事故のようです。

路上教習中の事故はやはり起こるようでした。

ですので、路上教習中の事故発生率を調べてみましたが、そのような具体的な数値は見当たりませんでした。

一方で、事故内容についてはいくつかわかりました。路上教習中に起こる事故は、軽い衝突事故がほとんどだそうです。

例えば、教習所内では黄色信号は止まれと習います。

ですが、実際の意味は注意ですので進む車もあります。そこで後ろから衝突されてしまうといったケースです。

大きな事故でなければ、教習所側も報告をしないことがほとんどということなので、通う予定又は通っている教習所に聞くのが事故発生率を知る最も有効な手段のようです。

路上教習で必ず守るべきポイント

路上教習で必ず抑えておくべきポイントは下記ポイントです。

運転する上で絶対に心がけるべきなので絶対に守るようにしましょう

  • 周囲の歩行者の行動をしっかり見て、危険な行動をしない
  • しっかり幅寄せをする
  • 制限速度を超えない
  • 道に迷ったら無理な判断せず、どこかに駐車して確認する

ここからは路上教習をうまくいかせるためのコツについて紹介します。

路上教習が怖い・うまくいかない時のコツ1:運転席の視界になれるためにもひたすら練習

普段車に乗ることになれていない人は、対向車とすれ違う景色やスピード感に恐怖心を覚えてしまうようです。

そこで、家族や友人が運転する車にできるだけ助手席に乗るようにする、という作戦です。

今まで車に乗る機会が少なかった人はドライブなどの予定を増やしたり、後部座席ではなく助手席に乗ることで運転席の広い窓から見える景色にだんだんと慣らすことが効果的です。

その時なるべく、運転手のガイドをするようにするとより効果が挙がります。

ガイドをすることで、カーナビと道路で目線を頻繁に移動したり、標識を確認したりとひとりで運転する時と同じように視線や頭を使うことができます。

路上教習が怖い・うまくいかない時のコツ2:バスの運転手を観察する

次の対策は、バスの運転手さんの運転を観察するという方法です。

物事を覚える時、特に身体を使うものの時は、上手な人の真似事から入るといいと言います。

そこで、運転を職業としている人の運転の様子を観察することも方法のひとつとして挙げられます。また、バスであれば身近で、手軽に運転席を眺めることができます。

バスの運転手さんを観察していると、運転中の肩の力の抜け方や操作のタイミングなど勉強になることは様々あります。都心でもそうでなくてもバスに触れることは多くの人ができる方法だと思いますので、ぜひ試してみてください。

路上教習が怖い・うまくいかない時のコツ3:路上教習で使う道をあらかじめ確認する

3つ目の対策は、路上教習で使うであろう教習所周辺の地図や道路情報をあらかじめ確認する方法です。

どんなに運転になれている人でもはじめて訪れる場所や道路は戸惑います。

ですので、車を発進させる前にマップを開き道路状態を確認したりナビで大まかな道を確認する人も多いです。何事もぶっつけ本番でやってしまうと緊張するものです。

教習所へ向かう前に携帯などで簡単に周辺地図を調べることで、どの道を通ると大通りに出るのか、人通りが少ない比較的落ち着いた道はどこなのか確認することで、心の準備ができ恐怖心を和らげることができるのではないでしょうか。

路上教習が怖い・うまくいかない時のコツ4:指導員を信頼する

最後の対策は、助手席に座る指導員の方を信頼するということです。

少し今までと違った対策ですが最も大切なことかも知れません。教習車は、指導員側で車の操作ができるようになっています

免許取得を目指す人へ正しく安全な運転を指導するために指導員は乗車しています。

ですので、事故が起こらないように的確な指示を出してくれますし、いざという時は、補助ブレーキで補助もしてくれます。

ですので、よっぽどのことがない限り路上教習中に事故は起こりません。

恐怖心を取り払う最も大切な心構えは、隣にいる指導員を信頼して運転することに限るかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。