👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

夏がいらない・嫌いな3つの理由を紹介!夏好きは頭がおかしい?

夏が暑すぎて個人的にはいらないと感じているのですが、同じように感じている人は多いようです。

今回は夏がいらない・嫌いな理由について調査しました。

夏がいらない・嫌いな理由1:暑すぎる

夏がいらない・嫌いと言われる理由の1番目は、やはり「暑すぎる」ことです。

今年は1951年(昭和26年)の統計開始以来もっとも早い梅雨明けで、6月27日に関東甲信地方で梅雨明けが発表され、梅雨はわずか3週間で統計史上最短でした。

今後も、太平洋高気圧の勢力が強まり、夏の日差しが降り注ぐ日が続き、35℃以上の猛暑日を観測する地点が多くなる可能性があります。

もうすでに、35℃超え、40℃のところもでていて、毎日危険な暑さと報道されていていますね。

マイナビの社会人500人対象アンケートでは、早く終わってほしい季節の1位は冬(60.4%)、次いで2位が夏で28.8%となっています。(3位春9.8%、4位秋1.0%)

・1位/冬……… 60.4%(302人)
・2位/夏……… 28.8%(144人)
・3位/春……… 9.8%(49人)
・4位/秋……… 1.0%(5人)

(出典:マイナビ学生の窓口 フレッシャーズ

また、夏が嫌いな理由をniftyニュースが調査した結果を1位から順番にあげてみます。

  1. 気温が高い(=暑い)
  2. 湿度が高い
  3. 寝苦しい
  4. 熱中症
  5. 疲れやすい・だるい
  6. 日焼け
  7. 他人の汗の匂い
  8. 電気代が上がる

このように、夏が嫌いな理由の1番目には気温が高い(=暑い)ことがランキングされています。

(出典:@niftyニュース

それでは、ランキングの1番目である暑いから嫌いという理由の、具体的な口コミをみてみましょう。

  • 暑くてやる気がない
  • 外に出たり動いたりする気も起きなくなったりする
  • 寒いときは服を着て調節ができるけれど、暑くても服を脱ぐのにも限界がある
  • クーラーをつけないと熱中症になってしまうからクーラーを点けるけれど、電気代が心配になってしまう
  • 暑いときは食事作りも、暑さで料理をしたくなくなってしまう

このように、暑さには多くの方が困っています。そこで、暑さ対策の具体的な方法をあげていきますね。

暑さ対策5選

1.こまめな水分補給
喉が渇く前に、最も吸収しやすい温度5℃〜15℃の温度の水分を適切に補給しましょう。
2.体温を下げる
体表近くを通る静脈を冷やしましょう。
首や足の付け根、脇の下にありますが、首が一番効果的です。
ネッククーラーや水をかけて冷やしましょう。
3.衣類を工夫する
薄着になりやすいですが、実は重ね着が効果的です。
肌着は、吸湿性、速乾性のあるものを着ましょう。
4.ポータブル扇風機を使用する
5.できるだけ直射日光を避ける
風通しの良い場所や日陰にいるようにしましょう。
帽子や日傘、サングラスを使用して頭部に熱がこもらないようにしましょう。

このように暑さ対策をして、厳しい夏を元気で乗り切っていきたいですね。

夏がいらない・嫌いな理由2:寝苦しくてだるい

夏がいらない・嫌いな理由の2番目は、「寝苦しくてだるい」ということが挙げられます。

暑さで布団を掛けて眠れない結果、身体が冷えて風邪をひいてしまいます。

あまり眠れないから、体力も回復しにくくなります。

猛暑で、体力消耗が激しく、疲労感も強いですね。

また、夏には冷たい飲み物や食べ物は美味しく感じますが、冷たい飲み物や食べ物を摂取しすぎると胃腸に負担がかかって、逆に食欲がなくなる場合も多いです。

夏場は冷房は必須ですが、冷え過ぎから身体がだるくなったり、関節などに痛みがでたり、体調を崩したりもしますので、健康を維持するのは大変なことになります。

寝苦しさや疲れやすさの解消など、体調を維持する方法をあげていきます。

  • バランスのよい食事
  • あえて身体を動かす(屋内)
  • 温度調節ができる服を着る
  • 接触冷感の寝具など安眠グッズを使う
  • あまり冷たいものだけを摂らない

食事は、夏野菜や旬の果物がおいしくて身体にもいいので、積極的に食べるようにしましょう。

猛暑は身体に大きな負担がかかるので、いつもより控えめに動いたり、休養を十分にとったり、体力に合わせて行動することが大切ですね。

夏がいらない・嫌いな理由3:汗や日焼け

夏がいらない・嫌いと言われる理由の3番目に、「汗や日焼け」が挙げられます。

それでは、具体的な口コミをみていきましょう。

  • 汗かきで冷たい目で見られる
  • 汗をかきたくない
  • 汗の匂いがいや
  • 化粧が崩れる
  • 日に焼けるのがいや

汗をかくとあせもができてかゆいし、からだもベタベタして気持ち悪いですよね。

日焼けは、健康的な肌色になる面はあるけれど、焼きすぎるとシャワーでもヒリヒリするし、皮は剥けるし、シワにはなるしで大変なことも多々あります。

最近では、汗拭きシートや制汗剤などを使用している方は多いでしょうが、やはり、サンケイリビングのアンケートでも、においケアしている方36%、肌ケアしている方31%と、3割ぐらいの方は対策しています。

(出典:サンケイリビング新聞社

日焼け止めを塗ったり、防虫スプレーを使用したりと忙しいですが、自分に合った対策をして快適に夏を過ごしていきたいものです。

夏が嫌いな理由をみてきましたが、日本には四季があって、それぞれの季節を感じることができるメリットがあります。

四季それぞれの特色を楽しんでいきたいですね。

夏が好きな人は頭がおかしい?

色々と検索していると「夏が好き 頭おかしい」とのKWでも検索されているようです。

どんな意見があるのか調査してみました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。