👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

スーパーバリューがやばい?潰れるとの声はなぜ?赤字経営、安すぎるなど声を調査

スーパーバリューですが賛否あるようです。

今回はそんな声を調査しました。

スーパーバリューとは

 

スーパーバリューとは、埼玉、東京、千葉で展開する食品スーパーとホームセンターを併設した複合型小売店舗とスーパー単独の小売店舗です。

暮らしに欠かせない食品を取り扱う食品スーパーと、ホームセンターを融合した幅広い品揃えを誇る都市型スーパーセンターとして確実な需要の見込める首都圏に店舗展開し、毎日の暮らしの中で「いつもお客様に選んでいただける」スーパーを目指しています。

食品スーパーでは「品質の高さ」と「価格の安さ」を両立する商品の提供、都市型スーパーセンターでは、生活必需品をワンストップで手に入れられる豊富な品揃えにより、お客さんの毎日のニーズに応え続けます。

スーパーバリューがやばいとの口コミ:潰れる?赤字経営?

 

埼玉、東京、千葉などの首都圏を中心に展開するスーパーバリューですが、ネット上では「潰れそう」「赤字」などといった情報が飛び交っています。

スーパーバリューの経営に関する口コミは以下の通りです。

・上尾のスーパーバリューの目の前のデカい敷地にイオンモールができるとは、完璧スーパーバリュー潰れるじゃないか

・スーパーバリューって赤字続いてたけど大丈夫なのかな

このように、ネット上にはスーパーバリューの経営を心配する声が多く寄せられていて、多くの人が「潰れるのでは」と予測しています。

株式会社スーパーバリューは2022年2月期第3四半期は、売上高が544億9700万円(前年同期比9.5%減)、営業損失3億5500万円(前年同期は営業利益10億7900万円)、経常損失2億7800万円(前年同期は経常利益11億4600万円)、四半期純損失3億5500万円(前年同期は四半期純利益9億6900億円)の赤字となったことを公表しました。

また、巣ごもり消費の減少、消費者の節約志向、競合他社などとの競合、販売価格のコントロール不足、記録的豪雨や酷暑などの気候変動の影響から既存店売上高は前年同期比の91.0%と落ち込みとなりました。

さらに、安さを前面に打ち出した販売施策、一方で原材料不足、原材料価格の高騰、円安や異常気象などによる仕入れ原価の上昇から、売上純利益率は21.4%と、前年同期比で1.8ポイント下がり、精肉・鮮魚の小型加工センターの稼働率を高めて生産性の向上に努め、また経費節減の取り組みもあり販売費及び一般管理費は前年同期比93.5%となったのです。

食品スーパー及び食品スーパーとホームセンターを融合した「都市型スーパーセンター」のスーパーバリューですが、大幅な赤字となったことで経営危機が噂されています。

しかし、2022年7月15日にロピア・ホールディングスと資本業務提携契約を締結したことを発表し、今回の資本業務提携により、ロピアのPBや生鮮PC商品の導入、同社PCを介した生鮮商品の導入による商品のラインアップの充実化と店舗オペレーションの効率化、シナジー発揮に向けた新しい店舗フォーマットの共同開発、PB・PC商品、モデル店の店舗オペレーション内容をスーパーバリュー既存店に拡大・導入することなどにより、売り上げや利益改善を目指す考えとしています。

ロピアといえば社長がカトパンこと加藤綾子さんと結婚されたことで有名ですよね。

加藤綾子の結婚相手がやばい3つの理由とは?合コン好き、年商2000億円の社長など調査加藤綾子の結婚相手がやばい3つの理由とは?合コン好き、年商2000億円の社長など調査

スーパーバリューがやばいとの口コミ2:安すぎて鮮度がやばい?

ホームセンターとスーパーマーケットが融合しているスーパーバリューですが、ネット上では「安さ」や「鮮度」に関する口コミが多く寄せられていて、「価格が安いことで鮮度も悪い」といった情報が浮上しています。

スーパーバリューの価格や鮮度に関する口コミは以下の通りです。

・スーパーバリュー、野菜や魚の鮮度と価格がそこらの大手より数段とかったのよね。そんな一消費者としての実感から、応援の意も込めてホールドしてた

・スーパーバリューは養殖多いし、うちの近くはお肉も鮮度良くない、AEON系統だよね

・スーパーバリューの鮮度の悪さと価格を見て、近くに住んでたらここで買う。と思った

このように、ネット上にはスーパーバリューの価格や鮮度に関する口コミが数多く寄せられていましたが、価格や鮮度に不満を抱いている意見もある一方で、大多数の人が価格・鮮度の評価が高めであることが分かりました。

スーパーバリューは、毎日のニーズに応える商品展開をしており、食品スーパーでは「品質の高さ」と「価格の安さ」を両立しており、食品スーパーでは、「地域の皆様の毎日の食卓をサポートする」ことをモットーに生鮮市場を屋号に掲げ、活気と賑わいのある店舗を実現しています。

「品質の高さ」は、いつでもできたて、おいしい商品を提供するために各部門においてヒト・手間を惜しまない努力により実現し、「価格の安さ」は、多種多様な商品を大量に取り揃え、来店される多数のお客さんに、1つでも多くの商品を買ってもらうことで実現しています。

このことから、スーパーバリューは価格を抑えながらも新鮮なものを提供していることが分かり、低価格で高品質の商品を手に入れることができる唯一無二のスーパーなのです。

スーパーバリューの良い口コミ:便利

 

スーパーバリューは都市型スーパーセンターとして、生活必需品の「ワンストップショッピング」を実現しており、食品スーパーとホームセンターを独自のノウハウで複合させた店舗が特徴です。

ワンストップショッピングが展開されたことで、平日は毎日の生活に必要な商品を取り揃えた食品スーパーに来店したお客さんが、ホームセンターの消耗頻度の高い商品を購入し、反対に休日は、ホームセンターの専門性の高い商品を目的に来店したお客さんが、食品スーパーの商品をまとめ買いするという高い相乗効果が実現されています。

さらに、食品スーパーとホームセンターの複合展開を活かしたスーパーバリューならではの品揃えも、他社との差別化となっています。

このように、都市型スーパーセンターの生活必需品をワンストップで購入できる利便性により、地域の人々から高い支持を得ることとなり、年齢、性別、家族構成、世帯収入、ライフスタイルなど、世帯属性の異なる多様なお客さんに愛される、地域密着型のスーパーへと成長したのでした。

スーパー玉出がやばい3つの声とは?1円商品など安すぎる、独特な商品など噂を調査スーパー玉出がやばい3つの声とは?1円商品など安すぎる、独特な商品など噂を調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です