👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

すたみな太郎の弁当がひどい・やばい3つの理由とは?まずい?激安で脂っこくて質より量!

食べ放題のお店として有名な「すたみな太郎」ですが、テイクアウト用のお弁当がひどいと一部で言われています。

どんな理由からそういった声が上がっているのか調査しました。

すたみな太郎の弁当とは

「すたみな太郎」は焼き肉やお寿司、デザートなどの食べ放題全国チェーン店として幅広い世代に知られています。

ここ数年のコロナ禍の影響もあり、最近「すたみな太郎」ではお弁当をはじめとしたテイクアウトサービスに力をいれているようです。

数あるメニューの中でも、ワンコインで購入できる“超盛弁当”は食べ盛りの中高生や男性を中心に人気となっています。ご飯を大盛などにサイズアップしても価格が上乗せされないことも魅力のようです。

すたみな太郎の弁当がひどいと言われる理由1:安かろう悪かろう

「すたみな太郎」のお弁当はお肉がたくさん入っていてボリューム満点であるにも関わらず、非常にお手頃な価格で購入することができます。そのため「このボリュームにしては異常な安さだけど、このお弁当に使っている食材の安全性は大丈夫なの?」と不安になる人が多いようです。

お弁当のボリュームに対する値段に注目してみると確かに信じがたい価格設定ではありますが、「すたみな太郎」のお弁当は食材の安全性が確保されていることはもちろん、お弁当の味もとてもおいしく仕上がっています。

「すたみな太郎」は全国チェーンで店舗を展開しているため、食材を大量に仕入れることが可能です。まとめて仕入れることにより品質の高い食材を低価格で取引することができるため、お弁当を安く提供することができているようです。

したがって安すぎるという理由だけで「すたみな太郎」のお弁当を敬遠してしまうのは、非常にもったいないことであるといえます。ぜひみなさんも「すたみな太郎」のお弁当を一度食べてみてはいかがでしょうか。

すたみな太郎の弁当がひどいと言われる理由2:質より量

「すたみな太郎」のお弁当は、どちらかというと食材の質よりも量を重視しているように見受けられます。

ジャンキーな食べ物を無性に食べたくなる時が誰しもあると思いますが、「すたみな太郎」のお弁当はそのようなときにピッタリのお弁当です。

特に“超盛弁当”は大盛などにサイズアップしても価格が上乗せされることがなく、価格もワンコインと非常に安い値段で購入することができるため、食べ盛りの中高生や男性を中心に非常に人気のあるお弁当です。

「すたみな太郎」のお弁当は質よりも量を重視しているため、お弁当に対しておいしさを一番に求める客層にはあまりオススメできないかもしれません。しかしながら、最近のコロナ禍の影響で食費の節約をしている人もたくさんいることでしょう。

低価格でおいしく、さらにお腹を十分に満たすことのできる「すたみな太郎」のお弁当は非常にコストパフォーマンスに優れたお弁当であるといえるのではないでしょうか。

すたみな太郎の弁当がひどい言われる理由3:脂っこい

「すたみな太郎」ではお店の名前に“スタミナ”という言葉が使用されているだけあって、スタミナがつくようなお弁当に力をいれているようです。

そのため「すたみな太郎」のお弁当には脂っこいメニューが多く、ヘルシー志向の人にはあまりオススメできないお弁当といえるでしょう。

例えば“超盛牛カルビ焼肉弁当”は、焼肉がご飯の上にのっているだけのシンプルな焼肉弁当です。お漬け物を除くとサラダなどのおかずは一切のっておらず、栄養バランスの整ったお弁当を求める人には敬遠されやすいお弁当です。

ヘルシー志向の人には、野菜が比較的多く使用されている“塩もつ鍋弁当”が挑戦しやすいお弁当であるかもしれません。

「すたみな太郎」のお弁当は、コストパフォーマンスの観点だけでみると非常に優れたお弁当であることは確かです。脂っこいものが好きな人やとりあえずお腹を満たしたい人にはもってこいのお弁当であるといえるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。