👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

高尾山ビアガーデンがまずい?混雑しすぎ?高さ488mの景色と料理が最高と好評

今回は高尾山ビアガーデンに対する声を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

高尾山ビアガーデン(高尾山ビアマウント)とは

 

高尾山ビアガーデン(高尾山ビアマウント)とは、標高488mの見晴らしが良い場所で最高に美味しいビールとバイキング形式の料理を楽しむことができるお店です。

東京都八王子市高尾山に位置しているため、都心から約1時間という好アクセスにも関わらず、都会の喧騒を忘れさせてくれる贅沢な空間となっています。

高尾山を満喫できるのはもちろん、キンキンに冷えたビールと出来立ての美味しい料理は、最高のひと時を演出してくれます。

開催期間:2023年6月15日(木)~10月15日(日)

高尾山ビアガーデンがまずい?微妙との声はなぜ?

 

標高488mで楽しむ絶景のビアガーデン「高尾山ビアガーデン」ですが、検索結果に「まずい」「微妙」といった声もあるようです。

調査すると、次のような声もあるようです。

値段が高い割に美味しくない?

高尾山ビアガーデンに対して「値段が高い」という声が挙がっていました。

高尾山ビアガーデンの料金は以下の通りです。(※2023年時点の料金)

大人:4,300円(65歳以上4,000円)
中学生:2,800円
小学生:1,800円
幼児(3歳以上~小学生未満):500円

(出典:高尾山ビアガーデン)

高尾山ビアガーデンは、120分飲み放題・食べ放題のプランとなっており、会場は広々としたスペースが確保されています。

また、バイキング形式となっていて、和食・洋食・中華料理が常時30種類以上あり、オーソドックスなバイキングメニューの他、八王子ならではの「八王子ラーメン」など、地元メニューも豊富に取り揃えています。

内容を確認すると申し分ないようですが、価格だけに注目すると安くはありませんよね。

しかし、高尾山ビアガーデンは絶景の景色を眺めながらお酒や料理を楽しむことができる、最高の癒しスポットです。

価格が高いと感じる人もいるようですが、都心から約1時間というアクセスの良さで、最高の景色を眺めながら飲むビールは至福の時間となることでしょう。

人が多すぎる?

高尾山ビアガーデンは、都心からわずか1時間ほどで解放感を味わえるビアガーデンであるため、毎年多くの人が訪れる人気のスポットです。

6月~10月の期間限定開催であるため、8、9月の週末には満席になり整理券が出るほどの混雑ぶりなのだとか。

ビアガーデンが開催されていない期間は展望台として開放されている場所であるため、最高の景色を眺めながら美味しい料理とドリンクを堪能できます。

座席数が多いとの声も多いのですが、土日やお盆は大混雑するようですね。

混雑時は整理券が配布され、放送で呼び出しとなるのですが、呼び出された際に会場にいないとキャンセル扱いとなるようなので、注意してください。

「まずい」「微妙」といった噂がある高尾山ビアガーデンですが、実際はそういったネガティブな声は見当たりませんでした。

高尾山ビアガーデンは高尾山の標高488mに位置しているため、昼、夕方、夜とでは違った景色を楽しむことができます。

メニューも豊富に取り揃えているので、ぜひ都心の喧騒を忘れたい人は利用してみてくださいね。(※2023年10月時点は終了しています)

高尾山ビアガーデンの良い口コミ1:景色が最高

 

高尾山ビアガーデンは、標高488mの景色を眺めながら食べ放題と飲み放題を楽しめる最高のスポットです。

東京からほど近い高尾山は、ハイキングやトレッキングが楽しめる自然豊かな場所であり、毎年多くの観光客で賑わっています。

そんな高尾山の中腹にできたのが「高尾山ビアガーデン」なのです。

会場のメインエリアにはテーブルがたくさん並んでいて、このスペースでも十分楽しめるのですが、座席一番人気は、階段を上がったところの「スラブ」という屋根付きの展望スペースです。

高尾山ビアガーデンがあるのは、高尾山の標高488m付近であり、昼間は奥秩父の山々や都心のビルを一望することができ、夕方には山に沈んでいく夕日を眺め、夜は市街地の夜景を見下ろすことができます。

スラブ席は人気の席となっており席に限りはありますが、メインエリアでも絶景を楽しむことができるので安心してくださいね。

また、階段を登らない木々に囲まれたテラス席もあるので、こちらもおすすめです。

雨の日でも屋根付きの席が300席以上あるようなので、雨天でも決行できるのは嬉しいポイントですね。

2時間制となっているため、昼間と夜の景色の両方を堪能することは難しいですが、どちらの景色もかなりの絶景です。

飲んで、食べて、景色良しの高尾山ビアガーデンは大満足間違いなしなので、まだ行ったことがない人は、ぜひ来年はチャレンジしてみてくださいね。

高尾山ビアガーデンの良い口コミ2:料理やお酒が美味しい

 

高尾山ビアガーデンはバイキング形式となっていて、和食・洋食・中華料理から好きなメニューを選ぶことができます。

常時30種類以上の料理が並んでおり、焼きそばやから揚げといったオーソドックスなバイキングメニューから、八王子ならではの「八王子ラーメン」「八王子ナポリタン」や女性に人気のチーズフォンデュ、子どもにも嬉しいチーズケーキやチョコレートフォンデュなど、大人から子どもまで楽しめる豊富なメニューとなっています。

時期によっては寒くなる高尾山ビアガーデンですが、おでんなどの温かいメニューもあるので、冷えた身体に染みわたりますね。

また、料理だけでなくドリンクも豊富に取り揃えており、ビールはアサヒスーパードライやキリン一番搾りなど4大ビールメーカーを提供。

ビール以外にも、ハイボールやサワー、ワインや焼酎などのアルコールメニューやソフトドリンクも取り揃えており、飽きることなく楽しむことができるのです。

標高488mの見晴らしの良い場所で食べ飲み放題ができるのは、高尾山ビアガーデンならではの魅力ですね。

高尾山ビアガーデンはどんな人に向いている?

 

今回は高尾山ビアガーデンに対する声を調査しました。

高尾山ビアガーデンは、東京都八王子市にある高尾山のケーブルカー高尾山駅を降りてすぐの場所にある期間限定のビアガーデンです。

標高488メートルの展望台で、都会を一望しながら、飲み放題・食べ放題を楽しむことができます。

高尾山ビアガーデンが向いている人は、次の通りです。

・景色を眺めながらご飯を楽しみたい人
・都会の喧騒を忘れたい人
・自然の中でビアガーデンを楽しみたい人
・都心から近く、気軽に立ち寄りたい人

メニューは、生ビールやハイボールなどのアルコール類に加え、焼き鳥やステーキなどの肉料理、サラダやパスタなどの定番料理、さらには女性や子どもに大人気のスイーツなど、バラエティ豊かです。

そのため、大人も子どもも飽きることなく、贅沢で楽しいひと時を過ごすことができます。

高尾山ビアガーデンの行き方

【高尾山へのアクセス】

最寄りの鉄道駅は京王線高尾山口駅(新宿から53分)

高尾山口駅より徒歩5分でケーブルカー清滝駅に到着します。

【会場へのアクセス】

清滝駅からケーブルカーに乗り6分。

ケーブルカー高尾山駅から歩いてすぐの階段が高尾山展望レストランの入り口となっています。

住所:東京都八王子市高尾町2205 高尾山海抜488m地点

営業時間:2023年6月15日(木)~10月15日(日) 13時~21時(ラストオーダー20時45分)

定休日:無休(※台風などの荒天候時のみ休業)

コメントを残す