👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

華麗なるギャツビーがひどい3つの理由とは?デイジーがクズ、かわいそうな葬式など噂を調査

2013年に上映された華麗なるギャツビーですがレオナルド・ディカプリオ主演で話題になった映画の一つでした。

そんな華麗なるギャツビーがひどいと噂されているようで、そんな声を調査しました。

華麗なるギャツビーとは

華麗なるギャツビーとは、アメリカ合衆国の小説家F.スコット・フィッツジェラルドの小説「偉大なギャツビー」の映画化です。

アメリカ中西部、ノースダコタの貧農の家に生まれながら立身出世を夢見る純朴な努力家ジェイ・ギャツビーが、貧しさゆえに失った恋人デイジーを取り戻すためにいかがわしい手段によって巨万の富を得た後、デイジーに近づくも誤解されて射殺されるという物語となっています。

華麗なるギャツビーがひどい理由1:デイジーがクズで嫌い

華麗なるギャツビーはフランシス・スコット・フィッツジェラルドの小説「偉大なギャッツビー」の再編映画であり、出演はレオナルド・ディカプリオなど豪華キャストが起用され、第47回米国アカデミー賞衣装デザイン賞、歌曲・編曲賞を受賞するなど、世界的に話題となった映画なのですが、実際に観た人の口コミには「ひどい」「観ていて感じが悪い」などといった低評価な口コミが相次いでいます。

中でも特に多かった口コミが「デイジーがクズで嫌い」というものです。

「かわいいおバカさんになるのが女の一番の幸福」というデイジーは、自動車事故の後悩んだ末にトムと一緒にいることを選び、ギャツビーの前から消えます。

デイジーは彼女自身の危機に陥った時、総合的に判断をしてトムを選んだのです。

また、衝撃の結末では全ての罪がギャツビーになすりつけられても沈黙をして、葬式にも出ず、トムと一緒に旅行へ出かけてしまいます。

この結末には「デイジーひどすぎる」「クズ」などとデイジーのとった薄情な行動に非難が集中し、気分を悪くしてしまった人が少なからず存在しました。

確かに、愛してもらったにもかかわらず、ギャツビーに罪を着せ、葬式にも行かないのは、信じがたいほどに薄情です。

しかし、デイジーは「薄情でクズな女」という反面、「意志の弱い人間」という見方も出来、クズな女に見えて実際には「自分の罪と向き合えず、自分の立場が悪くなったら強い人間に頼る」意志の弱い人間とも捉えることが出来るのです。

華麗なるギャツビーがひどい理由2:誰もお葬式に出席しなくてかわいそう

華麗なるギャツビーは製作費は1.04億US$と、日本円で114.9億円となり、世界興行収入は約389億円におよぶほどの超大作となりました。

しかし、ネット上では「華麗なるギャツビーひどい」「気分が悪い」などと、華麗なるギャツビーへの批判の声が多く寄せられています。

特に注目されたのが「結末」部分であり、多くの人が「誰もお葬式に出席しなくてかわいそう」と感じているのです。

華麗なるギャツビーの結末は、ギャツビーが浮気相手だと信じたジョージは憎しみが抑えきれず拳銃を持ってギャツビー邸に乗り込みます。

そして、ニックと電話をしていたギャツビーを背後から撃ち「デイジー」と呟きギャツビーは息絶えてしまい、その後、ニックがギャツビーの葬式について伝えようとデイジーに連絡をするも繋がらず、結局ギャツビーの葬式にはニックだけが参列しただけでした。

この結末に多くの人が「かわいそう」と感じ、孤独な最期に堂上の声が多く寄せられ「後味が悪い映画」と評価されることとなったのでした。

華麗なるギャツビーがひどい理由3:次元が離れていて共感できない

「アメリカ文学界最高峰」とも言われている華麗なるギャツビーですが、実際に観た人の口コミには低評価が相次いでいます。

「デイジーがクズすぎる」「ギャツビーがかわいそう」などが原因でひどい映画と評価されていますが、中には「次元が離れすぎていて共感できない」という理由も多く存在します。

快楽的な生活を送る謎の富豪ギャツビーの意外な正体を、ある女性との恋を絡めながら映しており、貧乏人がお金持ちに恋をし、どうしようもない身分の差と燃えるような情熱を儚く描いた非恋物語なのですが、その構成になかなか共感出来ず「つまらない」と感じてしまう人が多発しているのです。

実際に華麗なるギャツビーを観た人の口コミは下記の通りです。
・演出が過激すぎる
・恋愛色強いけど誰にも共感してもらえない
・ギャッビーの思いが重すぎる
・世界観に共感できない
・どの登場人物にも共感できない

このように、構成に共感できないと感じている人は多く、次元が離れすぎた設定に感情移入出来ない人が多発し、誰もが「異世界感」が抜けず楽しめない状況であることが分かりました。

そして、誰もがギャツビーに同情はするものの、観る人によっては共感しづらく、結果として「華麗なるギャツビーはひどい」と言われてしまったのでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。