👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

東京ドイツ村がやばい?つまらない?50人の意見を調査!イルミネーションが綺麗、子供から大人まで楽しめると定評

デートスポットとしても人気な東京ドイツ村ですが一部でやばい・つまらないといった声が上がっているようです。

今回はそんな噂の真相について調査しました!

※当サイトはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

東京ドイツ村とは

東京ドイツ村は千葉県にある花と緑のテーマパークです。

ドイツ村という名前の通りドイツの田園風景を再現し、東京ドーム19個分の広大な敷地に造られました。

広大な園内には四季折々のお花や収穫体験、東京ドイツ村ならではのアトラクションが数多くあり、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめるテーマパークと言われています。

また、冬の間のみ開催されるウインターイルミネーションは想像を超えるクオリティであり、300万級の光を使ったイルミネーションは多くの人を魅了しています。

光と音楽のショーや光のアーチ、観覧車から見える3Dイルミネーションは一度見たらまた見たいと思い、毎年変わるテーマを楽しみに多くの人が訪れているのです。

スポンサーリンク

東京ドイツ村の満足度調査

50人にアンケートを取り、満足度や感想を調査しました。

結果はこちらです。満足されている方が多いことがわかりますね。

MEMO
  • 調査対象者:東京ドイツ村に行った経験がある方
  • 調査人数:50名
  • 調査元:Webアンケート

満足度ごとにそれぞれ感想を一例ですが紹介します。

非常に満足

ジュラジャーマン・ライドやイルミネーションが良かった

恐竜を見るトロッコに乗車したのですが、小さい乗り物ながらに迫力のある乗り物で、ガタガタと揺れるのがとても楽しかったです。また、イルミネーションの時期でもあったため、山を利用して大きなイルミネーション画になっているのもとても綺麗で満足しました

季節ごとに楽しめ、何度行っても飽きない

袖ヶ浦市に住んでいます。ドイツ村まで車で15分ほどなので、毎月1回はドイツ村に行っています。初めて行った時、丘一面のネモフィラに感動して年間パスポートを購入しました。毎回見頃のお花や植物が変わるので、何度行っても楽しめます。子供が生まれて一緒に行けるようになったので、この夏はせせらぎで水遊びも楽しみました。季節のお花と写真を撮るのも楽しみの1つです。子供が歩けるようになってきたので、広い遊び場やたくさんの遊具があることも魅力です。赤ちゃんでも乗れるブランコがあるので、とても気に入って遊んでいます。これからイルミネーションの季節なので楽しみです。

スポンサーリンク

満足

都心からやや近く、広々としている

都心からアクセスがそれなりによくて広々としているので、人が多くてもそれほど混雑を気にしなくてもいいことと、パークのイルミネーションが思ったよりも綺麗だったことがよかったです。

冬場のイルミネーションは圧巻

冬場のイルミネーションを見るためだけに行きました。かなり歩くのでスニーカーの方がいいです。山のような小高い丘に登ってイルミネーションを見たりするのでヒールで行くと死にます。シャボン玉の中に煙の入ったものが出てきたり音楽が流れていたりと幻想的で素敵です。

普通

施設が充実していて子供も大人も一緒に楽しめる

とにかく敷地の面積が広く、所々に咲いている花が綺麗です。また、カントリーエリアでは広い公園もあり、パターゴルフが出来るところがあり、子供も大人も一緒に楽しめます。敷地は広いですが、トイレも多くあり不便はしませんでした。

かなり混雑していたがイルミネーションに感動

クリスマスシーズンに行きイルミネーションを見ました。人が多く駐車場がかなり混雑していた記憶がありますが、イルミネーション自体はすごく綺麗で感動しました。一度しか行ったことがないので機会があればまた行ってみたいです。

やや不満

大人だと広大な土地に対してできることが少なかった

母と二人で、季節のお花とわんちゃんランドを目当てに一度だけ車で訪れました。広々としておりお花は楽しめたけれども、ふれあい体験は既に予約でいっぱいで利用できませんでした。小さいお子さんがいる場合はアトラクションなど他に楽しめるエリアがありますが、大人だと広大な土地に対してできることが少なかったです。駐車料金も少し高いかなと感じました。

特に面白みのないスポット

山梨から日帰りでバスで行きました。行った時期が悪かったのかとても寒く、またお客さんもほぼいませんでした。ただのちょっとカラー豊富な建物がいくつかあるだけで特に面白いと言うこともなく。ソーセージは安くもなく。北海道に行った方がマシでした。でもそれも思い出かなと思ってます。

ここからは、ドイツ村がつまらないとの噂が本当かネットやSNSの口コミ情報をご紹介します。

スポンサーリンク

東京ドイツ村がつまらないと言われる理由1:クオリティが低い?

東京ドイツ村は2001年3月に開業し、東京ドーム19個分の広さがあると話題になりました。

ドイツの田園風景を再現した自然体験型のテーマパークであり、5年連続で100万人突破という快挙も成し遂げたことがあります。

しかし、多くの人が来場しているにも関わらず、口コミを確認すると「東京ドイツ村はひどい、つまらない」などといった口コミが多く、特に「東京ドイツ村は何もなくクオリティが低い」との口コミが目立っていました。

東京ドイツ村は広大な芝生が広がっていて、子ども連れやピクニック感覚で来た人にとっては十分楽しむことが出来ますが、お土産屋さんにはスーパーで扱っていそうな商品が並んでいたり、レストランのドイツらしいメニューも少なく、せっかく来ても何も買ったり食べたりせずに帰る人も一定数いるようです。

スポンサーリンク

東京ドイツ村がつまらないと言われる理由2:ドイツらしさがない?

東京ドイツ村は、ドイツの田園風景を再現した広大なテーマパークです。

そのため、子ども連れはもちろん、ドイツ好きな人もドイツをあまり知らない人でも楽しめる造りとなっています。

しかし、実際に東京ドイツ村に行った人は「ドイツらしさが全くない」と言う人が多く、「ドイツ村という名前はおかしい」という人が続出しているのでした。

実際に行った人の口コミを確認すると「ドイツという割には建物が少ない」「売店はドイツに関する商品がほとんどなく、ソーセージとビールとバウムクーヘンとパンのみで金額が高すぎる」「アトラクションも他のテーマパークとは何ら変わりない」とドイツらしさがほとんど感じられず、ただ敷地が広いだけと感じる人が多く存在しました。

東京ドイツ村に行く人のお目当てはイルミネーションであり、イルミネーションのクオリティは非常に高いと言われています。

そのため、イルミネーション期間に訪れるのはおすすめですが、それ以外の時期に訪れると楽しめないだけでなく、ドイツ感を感じることも出来ないので、時期を見直すようにしましょう。

東京ドイツ村の良い口コミ1:子どもから大人まで楽しめる

やばい・つまらないといった口コミがみられる東京ドイツ村ですが、「子どもから大人まで楽しめる」という高評価な口コミも多く寄せられています。

東京ドイツ村には子どもたち向けの遊び場が充実しており、遊具がたくさん揃う遊び場から、冒険気分を味わえるキャンプ場と森の広場、そしてかわいい動物を間近で見られる動物園など、大人から子どもまで存分に楽しむことができます。

そこで、東京ドイツ村のおすすめの遊び場スポットをご紹介いたします。

①こども動物園

芝生広場のせせらぎ前に位置する「こども動物園」には、馬やウサギ、モルモットや羊、豚やマーラなど、さまざまな動物が暮らしています。

特にエサやり体験は子どもだけでなく大人にも人気です。

②わんぱく広場

芝生広場の西側に広がる一面芝生の「わんぱく広場」は、ブランコや滑り台、鉄棒、うんてい、ターザンロープやスプリング遊具など、子どもが大喜びしそうな遊具がたくさんあります。

③ジージの森

アミューズメントエリアの奥にある「ジージの森」はおじいちゃんが昔トム・ソーヤだった頃をテーマに自然を満喫しながら冒険の楽しさぇお体験できるスポットです。

このように、東京ドイツ村には数々のおすすめスポットがありますが、この他にもアミューズメントエリアには小さな子どもでも楽しめるアトラクションが多く揃っており、1日中飽きることなく東京ドイツ村を満喫することができます。

東京ドイツ村の良い口コミ2:イルミネーションが綺麗

ドイツの雰囲気を堪能できる東京ドイツ村は、バラエティのロケ地としても有名で、老若男女が楽しめるテーマパークとして多くの人に愛されています。

そんな東京ドイツ村の代名詞は「イルミネーション」であり、実は東京ドイツ村のイルミネーションは関東三大イルミネーションにも選出されたことがある大規模な一大イベントです。

2022年で17年目を迎える東京ドイツ村のイルミネーションは、恋人や家族と忘れられない日を過ごすのにぴったりです。

東京ドイツ村のイルミネーションはとにかく大規模であり、イルミネーションエリアの広さは東京ドーム約1個分で、そこに約300万個の電球が輝きます。

毎年テーマが変わっており、1度訪れたことのある人でも違う電飾やオブジェが見られるため、新鮮な感覚で楽しむことができるのです。

また、2022年~2023年のテーマは「Fun!光る笑顔に福来る」であり、光と音のショー、虹のトンネル、3Dイルミネーション、移動遊園地をイメージした光の地上絵など、カラフルな色使いを特徴とし、思わず笑顔になってしまうイルミネーションが繰り広げられます。

さらに、2018年より開催され大人気となっている「ランタン」はイルミネーションとコラボし、輝くイルミネーションの中に圧倒的な存在感を示すノアの箱舟が登場します。

東京ドイツ村のおすすめのお土産とは?

東京ドイツ村でおすすめのお土産5選をご紹介いたします。

①アンジーのバームクーヘン

東京ドイツ村のバームクーヘン専門店Angie(アンジー)は、2021年2月19日放送のヒルナンデスで紹介されたこともある、人気商品です。

プディングバームクーヘンや落花生キャラメリゼバウムがおすすめです。

②アンジーの黒ビール

見た目重視のお土産であれば、アンジーの黒ビールがおすすめです。

ビールジョッキの形をしたバウムクーヘンで、ビールなどの液体も入っておらずアルコールは一切使用されていません。

③みかんビール

鋸南麦酒とのコラボレーション商品であり、ドイツ村で栽培しているみかんの皮を使用し、地産地消にこだわったここでしか買えない限定クラフトビールです。

※人気商品のため、入荷してもすぐに売り切れてしまう可能性があります。

④樽入り塩クリームロール

かわいい樽の中にロールクッキーが入ったおしゃれな商品です。

食べた後は小物入れやインテリアとして飾ったり、使い方は色々あります。

⑤ハンカチーフ

東京ドイツ村にある観覧車や季節の花々などがデザインされたオリジナルのハンカチです。

抗菌防臭加工もされているので、安心して使うことができます。

このように、東京ドイツ村にはさまざまなお土産が売られていて、美味しいだけでなく見た目もかわいい商品がたくさんあります。

お土産選びも楽しみの一つなので、おすすめのお土産をチェックしてみて下さい。

東京ドイツ村はどの時期がおすすめ?

 

東京ドイツ村は季節ごとに違った楽しみ方があります。

春はローズガーデンやフラワーガーデンに咲く可憐な花々を鑑賞、夏ならキャンプ、秋には収穫体験、冬はイルミネーションと、春夏秋冬いつでも魅力が詰まっているスポットです。

そこで、季節ごとの東京ドイツ村の楽しみ方をご紹介いたします。

①春

花と緑のテーマパークというだけあって、園内にはフラワースポットもたくさんあります。

入園ゲートの正面に広がる「フラワーガーデン」は4月上旬に赤や黄色のチューリップ5万株がカラフルに咲き誇り、春の陽気に包まれながら散歩を楽しむことができます。

②夏

東京ドイツ村はキャンプを楽しむことができるので、夏のシーズンはキャンプがおすすめです。

「ジージの森」の一角はキャンプエリアになっていて、ファミリー飲みテントを張って宿泊することができます。

広々とした原っぱには冒険心をくすぐる遊びがたくさんあり、充実したアウトドアキャンプを楽しめます。

③秋

東京ドイツ村には畑があり、ここで育った野菜や果物の収穫体験をすることができます。

初夏はじゃがいも、秋は落花生とさつまいも、冬はみかんなどと、季節によって収穫できる作物はさまざまです。

④冬

過去に何度も関東三大イルミネーションに認定された東京ドイツ村ウインターイルミネーションは、2022年で17回目を迎えました。

音楽に合わせてイルミネーションが変化する「光と音のショー」や、チャイナランタン、全長70mの七色に輝く「虹のトンネル」など、カップルで歩けばロマンチックな気分も盛り上がること間違いありません。

このように、東京ドイツ村は春夏秋冬どの季節も楽しめるイベントが盛りだくさんであり、どの時期も楽しめることができます。

季節によって楽しみ方も異なるため、ぜひ春夏秋冬全ての季節を制覇してみてはいかがでしょうか。

東京ドイツ村はどんな人におすすめ?

東京ドイツ村はイルミネーションのクオリティが非常に高く、一度訪れた人は「毎年見たい」「日本三大イルミネーション」などと高評価の口コミが多くなっています。

「東京ドイツ村はドイツ感がない」「何もかも高い」などといった口コミは多く存在しますが、イルミネーションに関する悪い口コミはなく、訪れた人のほとんどの人が満足しているため、イルミネーションが好きな人やイルミネーション目的で観光に来ている人におすすめです。

イルミネーションの時期にはイルミネーションツアーも行っていて、多くの観光客で賑わうので、東京ドイツ村に行く際は込み合っていたとしてもイルミネーション期間に行くようにしましょう。

コメントを残す